アウターエデン

アウターエデン―――それは、外側の楽園。

楽園であるとはまだ言えない世界。



大切な人が還ってこれるように、それを待ち焦がれた人たちが作った、不完全で未完成な世界。


もう一度あなたに会うために。その声を聞き、その笑顔を見るために。



この物語の今は、"最初の論文"が届いて8年後。

8年前、その論文によって"ジャーム化治療法"が発見されてから、世界は、人々は在り方を変えた。

それは今から3年前、実用的なジャーム化治療薬"AtoAアトア"が開発された事による。

それはジャーム化を治療するだけでなく、一般人をジャーム化させる事なくオーヴァードにする事を可能とした。


そして今から1年前、その真実が公に公表され、人々の多くがオーヴァードとなる。


それにより、"人を越えた者オーヴァード"という呼称は次第に使われなくなり、"プライマリ"、"ビハインド"、"セカンダリ"と区別されるようになる。


プライマリ―――アトアによりジャーム化のリスクを伴わずオーヴァード化した者たち。アトアの開発前からオーヴァードであった者たちも、多くがこのプライマリに属する。

この世界の人々の多くがこのプライマリとなり、自身がプライマリだという事を意識しない程のマジョリティとなっている。もはやアトアは予防接種のような位置付けとなり、ジャーム化のリスクを避けるべく、レネゲイドに罹患している事が判明したものは原則接種、オーヴァード化する事が当たり前となっていた。


一方で、ビハインド―――未だレネゲイドウィルスに罹患しておらず、プライマリになれない者たちも少なからず存在している。オーヴァードとして覚醒できず、一方的に世界から取り残されてしまった者たち。けれど、こんな力に関わらずに済む幸せが、彼らにはあるようにも思う。


何故なら、セカンダリ―――過去に1度ジャーム化し、戻ってきた者たち。彼らには後がない。誰かに望まれ、この世界へ戻された者たち。その多くがプライマリとは違う変異を抱えながら生きなおす。


アトアは決して万能薬ではない。ジャーム化を治せるのは一度きりだ。

そのため、プライマリと違うのは、彼らに"次"はないということ。


だからこそ、その灯火を絶やさぬように、そしてその炎がこの世界を壊さぬように、―――共に生きるものが必要となる。


それが、カウンター―――セカンダリと共に在るもの。その管理者。

カウンターはセカンダリと常に行動を共にし、"もしも"の時にはブレスを使用、彼らを"処理"するために在る。文字通りセカンダリの命を握る存在だ。

彼らセカンダリは例外なく、再度ジャーム化した場合の凶暴性が増す。アトアによりレネゲイドを強制的に抑制した影響なのか、その力が再び解放されれば猛威を振るう。

そして二度目のそれは許されない。その兆候が見られたら、速やかに"処理"を行う事をカウンターは義務付けられる。


だが彼らもセカンダリを憎み、殺すために存在している訳ではない。

その多くはセカンダリの元々の縁者が志願し、家族や恋人を治す為にカウンターとなる。担当セカンダリに拘らず、職業としてカウンターに志願するものも存在するが、彼らはセカンダリの元々の縁者ではない為、セカンダリを日常に繋ぎ止められる能力を持つかどうかが厳格に問われる。その為、職業カウンターは常に不足している。

あくまでもカウンターは、「セカンダリを2度とジャーム化させない」為に寄り添う存在でなくてはならないためだ。


セカンダリは例外なくUGNに登録され、原則的に一人のセカンダリには一人のカウンターがつく。そしてセカンダリには"キャンドル"と呼ばれる特殊なレネゲイドチェッカ―を埋め込まれ、カウンターの持つ"ブレス"によって管理される。

そのキャンドルを通じ、"もしも"の時にはブレスを通じてカウンターはセカンダリの生命活動を停止させることができる。いや、そうしなければならない。


それぞれのブレスに紐付けられたキャンドルは対象セカンダリのレネゲイドウィルスに直接干渉し、その活動を止める事ができる。

しかしそれは一時的な静止であり、ブレスが行えるのはそこまでである。


セカンダリに最期をもたらす―――その役割を担うのはあくまでもカウンターだ。



誰よりも彼らを想えばこそ、その役割を果たす事ができなければならない。

それがセカンダリを、この世界を守る為に必要な事。

全ては、大切な人と彼らが生きる世界を守るために。



―――ある職業カウンターから見えた、この世界について。





アウターエデン―――それは、誰かの為の楽園エデン

楽園であるようにと願い作られた、儚い灯火のような世界。




「この世界が正しく楽園で在ったなら、私たちは出会わなかっただろう―――」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る