S級パーティから追放された俺は覚醒スキル【すたみな太郎】で送別会を無双する。飽きたからって帰ろうとしてももう遅い。まだ110分残ってる。

お望月さん

第1話 覚醒スキル

 大森林のヌシ、パイソン・ヒドラがその身をもたげ強烈な毒液スピットを吐き出した。標準的なヒドラより遥かに太い胴体で圧縮されたスピットは狙い過たず俺を目掛けて殺到する。


 俺は二本角ヘルムを竦ませながら、ロングソードとウッドシールドを構えて被弾に備える。だが、スピットは着弾前に突風によって散らされ、俺に届くことはなかった。


「タミーナ、平気?」


 【七曜の魔女】レインの呼びかけに俺は「問題ない!」と答え、パイソン・ヒドラへ向けて間合いを詰めていく。


 森林迷彩めいた鱗を備える極太のヒドラはニの首、三の首で俺に噛みつき攻撃を仕掛けてくる。だが、双頭を二本の刀で迎え撃つ巨影が俺の目の前に立ち塞がった。


「ガルルル、いまだ!いけ!」


 【獣剣士】ビースト、狼人特有の眼光を赤く光らせた狼頭の二刀剣士はパイソン・ヒドラの双頭と切り結び俺に道を示す。


 ヒドラは毒液を吐き出した直後の第一頭部が急所だ。俺はヒドラの顎下へ到達し、頭上へ向けて剣を突き出す。だが、届かない。


 身の丈4メートルのモンスターを仕留めるには「飛び飯綱」か「大跳躍」のスキルが必要だろう。だが、俺の技量では、それらを習得することはできなかった。なんの変哲もない町人には、ここが限界だったか。


「小僧、諦めるな!」


 そのとき、地脈が躍動し俺の身体を持ち上げる。大地と一体化した【始源の泥濘】ウーズによる「地形操作マインクラフト」だ。


「もう一丁」


 大森林にウーズの掛け声が響き、瞬間の地響き。パイソン・ヒドラの足元の地面が陥没した。


 地盤上昇によるカチ上げ+地盤沈下による急降下=破壊力!


 俺のロングソードはヒドラの頭部を顎下から貫き、脳幹を破壊した。


 俺は、精根尽き果たし、ほっと息をつく。その油断が命取りだった。ビーストから逃れた第二、第三頭が俺に殺到したのだ。


(やられる!)


 死より確実な「死の予感」に晒されること数秒。パイソン・ヒドラはその動きを停止していた。


「ヒュオオオッ」


 【拳凍士】ケルビンが両拳を突き出したまま残心姿勢を決めていた。ケルビンが、大森林のぬかるみをものともしないフットワークで得意技の「絶対零度アブソリュートゼロ」をヒドラに叩き込んだのである。


 凍結した第二、第三頭部が崩落していく。


「これでただのゼロだな」


 いつもの決め台詞を吐き出し、ターコイズブルーの頭髪をかき上げたケルビンは俺にウィンクをして見せる。


 大森林のヌシ、パイソン・ヒドラの討伐に成功。今回のMVPはトドメを刺した俺だった。そうなるように仲間たちがお膳立てをしたのだ。


 MVP報酬によって俺に力がみなぎっていく。ついにレベル40。俺のようなNR冒険者にとっては最高到達点である。そして、それはこのクエストが俺のS級パーティとしての最後の戦いとなることを意味していた。


「おつかれさま、タミーナ!」

「今日で最後になるけど、これまで助かったぜ」

「グルル、寂しくなるな」

「小僧、お前は筋がいいぞ」


「みんな、ありがとう」


 俺のような特徴のない町民を仲間に入れてくれてありがとう。これまで楽しかった。


 だが、レベル上限に達したのでこれで育成は終了だ。最後にレベル40で獲得する覚醒スキルを確認して、彼らとはお別れになるのだ。


 俺は石板タブレットをタップして解放されたパラメータを確認する。


[町人タミーナ]

 クラス:剣士

 レベル 40/40

 HP 100/120

 MP 0/0

 E:ロングソード

 E:ウッドシールド

 E:ブルヘルム


 ユニークスキル

【パーティ経験値アップ】


 覚醒スキル

【????】(解放可能)

【ーーーー】

【ーーーー】


 俺は仲間達の前で、点滅する【????】をタップする。ここで獲得した覚醒スキルは絆MAXの仲間たちに「継承」することができる。


「大丈夫よ、タミーナ」

「お前が抜けてもお前の魂は一緒だ」

「ウォン!」

「いけっ!」


【????】→【すたみな太郎】




「【すたみな太郎】って?」

「【すたみな太郎】ってなんだ?」

「クゥーン、爺さまは知っているか?」

「流石のわしにもなんのことだか……」


 パーティ全員の視線が俺に集まる。


 俺に何をしろって言うんだ。

 【すたみな太郎】

 なんのスキルなんだこれ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る