おっさんとホットドッグカーによる異世界征服記

作者 @manat2

最終話 レクリオン王国」への応援コメント

このエピソードを読む

  • お疲れ様でした。

    次回作も期待して待っております。

    作者からの返信

    最後までお読みいただき、ありがとうございました。
    次はもうちょっと主人公が活躍するものになる予定(多分)です。
    その時はまたよろしくお願いします。

    2021年6月25日 18:13

  • 完走お疲れ様でした。
    バルカン宰相かよ!(笑)
    メガメーデは大食の関羽みたいな感じになっちゃいましたね。
    人気的にはご不満があったかもしれませんが、個人的にホットドックカーという視点は、
    斬新かつ興味をそそられる内容でした。
    戦力や戦略的に絡ませるには、流石にパワーが足りなかったか。

    余談ですが、私が寄る書店は、30~50代の男性が結構な頻度で大判のラノベを買う姿を見る事が出来ます。
    昔と違ってお金を持った現役おっさんまでがターゲットになってきています。
    なので、そういった層の琴線に触れるワードが含まれていると、一定の需要があると思います。
    また、次の作品をお待ちしております。有難うございました。

    作者からの返信

    最後までお付き合いいただき、ほんとうにありがとうございました。
    実際、三国志の劉備みたいに本人の能力はそこそこでも周りのサポートで出世していく話にしたかったんですが、やはりweb小説は主人公が活躍しないと人気出ませんね。
    おっさん向けと言えば、最近アニメ化が決まった異世界おじさんがそんな感じですね。セガの昔のゲームの経験で異世界での危機を乗り切ったりするとことか、すごい参考になります。
    次の作品ですが、今回のいろんな反省を生かしながら今書いてるところですが、書けましたら、またよろしくお願いします。

    2021年6月23日 22:50

  • 完結お疲れさまでした。

    車の精亡き後だいぶ苦しい戦いが続いていて、この戦力で今後帝国とかもっと巨大な勢力と戦えるのか…?と思ってたらそうだったのかあ。
    物語が終わる事の寂しさはあれど納得できる終わり方でした。

    割と流されがちながらその場その場で自分の出来る事を成し遂げ最終的にささやか(?)な幸せを掴んだ主人公と、物語を書き切った作者さんに拍手を。

    作者からの返信

    最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
    実は投稿するより以前に完結まで書いてたんですが、自分が書きたいものを書きたいように書いたので満足しています。(特に敗北からの再スタートを書きたかったんです)
    次の作品を今執筆中ですが、出せましたらまたお付き合いいただけると嬉しいです。

    2021年6月23日 22:20