002 風邪薬とは

「ここは……? 貴方はスタッフさん?」


 意識が覚醒するなり、彼女は意味不明なことを言い出した。

 格好といい、コスプレのイベントにでも出ていたのだろう。


「俺はスタッフじゃない。そして君は何らかの事故によって海に流され、この島に漂着した。ここは日本の本土からそれほど遠くない無人島だ」


「無人島って、貴方がいるから有人島じゃないの?」


「俺も普段はいないんだよ。たまたま夏休みでいただけだ。それより俺の小屋へ行って体を温めたほうがいい。そのままだとまずい」


「あ、うん、分かった、ありがとう」


 と言った次の瞬間、彼女はクシャミした。

 実に可愛らしい「クチュン」というクシャミだ。

 ウチの親父なんて「ヘーグッションオラァボケェ!」と言うぞ。


「寒い……」


「服がずぶ濡れだからな。裸になったほうがいい」


「は、裸って!」


 彼女の顔が真っ赤に染まっていく。


「男の前じゃ嫌だよな。気持ちは分かるよ。だから、とりあえず俺の服を着ればいい。幸いにも夏だし、こちらは裸でも平気だ」


 サクッと脱いでパンツ一丁になる。


「え、その、知らない男子の服を着るのは……」


「気にしている場合かよ。このままだと風邪だけじゃ済まなくなるぞ。苦しみながら死にたくないだろ? 背中を向けておくから着替えたら言ってくれ」


「う、うん、ごめん、ありがとう……」


 彼女は恥ずかしそうに俺の服を受け取った。

 着替え終わった旨の報告をしてきたので振り返る。


「これでいい?」


「おう。 ……あ、靴は履いておいたほうがいい。裸足だと小石を踏んだだけで怪我をしかねないから」


「分かった」


 彼女は白のオーバーニーソックスを脱いだままローファーを履く。


「靴の中がぐじゅぐじゅする……」


「我慢することだな。さぁ行こう」


 小屋へ戻るべく、森に向かって歩き始めた。


 ◇


 道中で簡単な自己紹介をした。

 彼女の名は高峯雪穂たかみねゆきほというらしい。

 雪のような肌と白銀の髪に相応しい名前だ。

 彼女も高2で、歳も同じだった。


「ここが俺の小屋だ」


 雪穂を家にあげて、囲炉裏の傍で休ませる。

 薪を燃料にしている為、時折バチバチと小気味よい音が響く。

 俺は予備の服を着た。


「大吉君、本当に私のことを知らないの?」


 一息つくと、雪穂が尋ねてきた。


「何度も言っているが知らないぞ」


 どうやら雪穂は有名人らしい。

 本人曰くテレビにも出ているアイドルとのこと。

 容姿が容姿なのでそのことを疑いはしない。

 ただ――。


「悪いが俺はテレビを観ないんだ」


「そっかぁ……クチュン!」


「こりゃ明日は覚悟しておいたほうがいいな、酷くなるぜ」


 囲炉裏に吊っている鉄瓶の熱湯を湯飲みに入れて渡す。

 雪穂はそれを両手で包み込むように持ち、チビチビと飲んだ。


「大吉君、この家には電話とかないの?」


「スマホはあるが電波は届いていないよ。でも安心してくれ。明日には爺ちゃんが来る。それで帰れるよ」


「じゃ、じゃあ、今日はここで大吉君と過ごすことになるんだ……」


 雪穂の顔に不安の色が浮かぶ。


「一つ屋根の下で過ごすどころか布団も同じだぞ。一つしかないし」


「うぅぅ……こんなことがマスコミに知られたら生きていけないよ……」


「いや、不安になるなら襲われないかどうかだろ」


「あはは、たしかに。でも、大吉君ならそういうのは大丈夫そうかなって」


「人は見かけによらないぜ」


「そうなの?」


「いや、言ってみただけだ」


「なにそれ」


 雪穂が可愛らしく笑う――が、その直後にまたクシャミ。


「早めに風邪薬を飲んでおいたほうがよさそうだな」


「あるの? 風邪薬」


「たしか常備していたはず」


 壁際に設置されたタンスを物色する。


「ここは正確には爺ちゃんの小屋なんだが、爺ちゃんの性格的に風邪薬があって然るべき――あったあった」


 ドンッ、と風邪薬を取り出す。


「これで大丈夫――って、駄目だわ、これ」


 風邪薬の瓶を見て手が止まった。


「どうしたの?」


「期限が切れてる。しかも8年前に」


「8年!?」


「1年くらいなら平気だろうけど、8年は怖いからやめておいたほうがいい」


「うん……クチュッ!」


「クシャミの頻度が上がってきているな」


「ごめん……」


「謝ることじゃないさ」


 囲炉裏で暖を取っているし、温かい飲み物も与えた。

 できることは他にない。

 ――否、ある。


「ちょっと待っていてくれ」


 立ち上がって外へ向かう。


「どこに行くの?」


「風邪薬の代わりになる物を用意する」


「そんなのがあるの?」


「うむ。すぐに戻るから適当に過ごしていてくれ。土間にある干し肉は好きに食べてくれていいよ。冷たい水が飲みたかったら水瓶からすくって勝手に飲んでくれ」


「分かった。でも、早く戻ってきてね。一人だと不安だから……」


 雪穂に背中を向けたまま「おう」と答えて小屋を出た。


 ◇


 この島は爺ちゃんが長い歳月をかけて改良してきた。

 だから、そこはかとなくご都合主義的な環境になっている。


 ということで、目的の葛の根をゲットすることに成功した。

 それを川の水で綺麗に洗ってから小屋へ戻る。


「おかえり、ゲホッ、ゲホッ」


 雪穂が咳をしている。

 俺が小屋を出る前に比べて症状が酷くなっていた。

 明日どころか今日の晩には発熱していてもおかしくない。


「手に持っているそれはなに?」


「葛の根さ。これで葛湯を作る」


「大吉君、そんなことができるの?」


「簡単だぞ。葛湯の素となる葛粉は片栗粉と同じ要領で作れるからな」


「いや、片栗粉の作り方も分からないんだけど……凄いね」


「それなら見ているといい。ここには何の娯楽もないし、暇つぶしにはなるだろうよ」


「うん、見たい見たい」


 雪穂が興味を示しているので、解説しながら作ってあげた。

 手作りの石斧せきふで根を砕き、それを漉して……と丁寧に教える。


「あとはこの白いドロドロが乾くと葛粉になるんだが、そこまで待てないのでこれで葛湯を作る」


「凄い! 面白い! 大吉君って、無人島の専門家か何か!?」


「テレビを観ない代わりにサバイバルの知識が少し豊富なだけさ」


 そんなこんなで葛湯が完成した。


「ほら、これを飲むといい。お湯よりも体がポカポカするぞ」


「ありがとう!」


 雪穂が嬉しそうに葛湯を飲む。

 ――が、直後に「うげぇ」と不味そうな顔をした。


「良薬は口に苦しってな。ま、良薬って物じゃないから、味だって不味いってほどでもないと思うが」


「うん、不味いというか、なんというか、『無』って感じだった。舌触りが思ったのと違ってびっくりしちゃった。せっかく作ってくれたのにごめん」


「気にしないでいいよ」


 それから、俺も自作の葛湯を飲んでみた。


「うーん、不味い! 思ったよりも遙かに不味かったわ! すまんな!」


 雪穂は「だよねー」と声を上げて笑う。

 その直後にクシャミをして、俺の顔面をベタベタにするのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る