世界の光である君は僕の光

作者 詠月

好きだからこそ

  • ★★★ Excellent!!!

好きだからこそ、この気持ちを忘れなくていい。好きだからこそ、おめでとうを言う。主人公はきっとこの結婚式を通して見え方が変わったのじゃないかなと思った。
ただ、「失恋をした」という話だけではなく、そこに支えてくれた樹の存在が描かれていて、恋愛ものとしてだけでなく遊女ものとしても素敵な作品だなと思った。
そして、2人ともとっても優しい。
優しいからそんな考え方になるんだろうなと思った。
結婚式のシーンは、「〜彼女」という書き方が、主人公の視線を分かりやすくしていて、主人公の気持ちがよく見えたのが良かった。そんな書き方は私も参考にしたい。
失恋はいつかケリを付けるものだと私も思っていた。だから、「忘れなくていい」というセリフにはドキッとした。

レビューはあまり慣れていないので上手くまとまらなかったが、これで締めさせてもらう。素敵な作品をありがとうございました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

天野蒼空さんの他のおすすめレビュー 131