うちの悪役令息が追放されたので、今日から共闘して一発逆転狙うことにしました

作者 椿谷あずる

4

2人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?