第8話

 顔を隠せるようなら隠しておいた方が良いとロゼに言われ。


 理由を尋ねる間もなく動き始めてしまったので。


 とりあえず一度外した兜を再び装着し、パンダムの街中へと足を踏み入れる。


 パンダムがヒトミンと獣人族の街という設定はゲームと同じなのか。


 街行く人々の殆どは、何かしらのケモ耳の生えた獣人族か地球で暮らす人間と見分けがつかないヒトミンで構成されていた。


(だが…)


 行き交う人々の中に、男性の姿が見当たらず。


 思わず。


「やけに女性が多いな」


 と零した瞬間、バッと周囲の視線が物凄い勢いで俺たちに集中した気がした。


「しっ! 静かに」


「っ…。 すまない」


 ロゼに小声で注意され、足早にその場を後にする。


「この辺りは、ただでさえ”鼻が利く子”が多いんだから…注目されるような行動は控えて」


「……」


 何故一言喋っただけであそこまで注目されてしまったのかは分からないが。


 ここは大人しくロゼの指示に従っておこうと無言で頷いておく。


 とはいえ。


 ただ黙って歩いているのも暇なので…周囲を不審にならない程度に観察すれば。


 やはり、ここパンダムはゲーム内でのスタートエリアだったためか。


 EGOで見慣れた低級装備を身に着けている、冒険者と思しき者たちの姿が数多くみられた。


 しかし…ごく稀にだが。


 攻略サイトを日常的に閲覧していた俺ですら見た事も無いような武具を装備している者もおり。


 改めてゲーム内の知識がそのまま通用する世界ではない事を思い知らされる。


(ここがゲームでの初期エリアだという先入観は、早々に捨てておくべきだな…これは)


 夜霧の森に未踏破のエリアがあったことといい、ここが序盤の街だからとカンストしたレベルに胡坐をかいて安心しているようではすぐに痛い目を見るかもしれない。


(それに、ロゼが口にした書の民という言葉)


 ”書”というのがゲームブックの事を指しているなら、今回俺たちプレイヤーが巻き込まれた事態は想像以上に複雑なものなのかもしれない。




「さ、着いたわ。 ここが私たちの家よ」


 俺が思考を巡らしている内に、どうやら目的地に到着していたようだ。


 ヌイとロゼが暮らす家。


 赤い三角の屋根が特徴的なその石造りの家は、決して豪邸というわけではないが二階建ての立派な戸建てだった。


「どーじょ、お入りくらしゃいでしゅ」


「お、こいつは丁寧にどうも」


「ふふっ、ヌイ。 アンタそれ、お母さんのマネでしょ? 」


「ひひっ。 しょーでしゅ! ママちゃま~! たらいまでしゅ~! 」


「ヌイ!? ロゼと一緒なの? とにかく無事でよかったわ…。 と、あら? お客さん…? えっ、あっ。 あら? あららら?? 」


「お母さん、気持ちは分かるけど一旦落ち着いて」


「ロゼちゃん、あ、貴女まさか…」


「違うからっ。 とにかく、あんまり玄関で騒いでると…ご近所さんに気付かれちゃうから。 ほら…」


「あっ…そ、そうよね。 とりあえず…中へお入りください」


「あ、ああ。 お邪魔します…」






 ◇◆◇






「改めて、はじめまして。 ロゼたちの母のメイです。 その…まだよく事情は分かりませんが…ゆっくりしていって下さいね」


「ありがとう。 俺はジーク、ドラミンの冒険者だ。 突然押しかけてしまって済まない」


 軽い自己紹介を挟み。


 ふと、家の中でまで全身鎧を着こんでいるのもいかがなものかという思いに駆られる。


「来て早々…申し訳ないのだが。 どこか、着替えを行えるような場所はあるだろうか? 家の中でまでこの格好というのも…おかしなものだろうし」


「あっ、それならアタシが――」


「私が案内します。 こちらへ…」


「ちょっと、お母さん! 」


「ロゼはヌイちゃんと一緒に、お客様に何かお飲み物を準備しておいて。 ヌイちゃんはいい子だからお手伝い出来るわよね? 」


「あいっ! できるでしゅ! ヌイちゃんいい子でしゅよ~! 」


「はぁ~もう…。 ほら、ヌイ。 お姉ちゃんと台所に行くわよ…」




 メイさんが洗面所と思しき部屋まで案内してくれたので。


 礼をいい着替えのため中へと入れば。


「では私は外で着替え終わるのを待っていますね」


 と、部屋の外で待たれてしまった。


 ゲームブックの転送機能を使えば一瞬で着替え終わるとはいえ。


 着替えている間中ずっと扉一枚挟んだ部屋の外で待たれているというのは…少し気になりもするが。


 状況的には見知らぬ男が家の中にいるのとそう変わりが無いので、二人の娘をもつ母であるメイさんが俺を警戒するのは仕方が無い事……ここは割り切るしかないだろう。


「お待たせしました」


「えっ、も、もうですか…? 」


「はい、着替え終わったので…扉を開けますね」


「あっ…は、はい! 」


 ガチャ。


「あっ、あああ…。 あのっ、その…! 」


「メイさん……? ど、何処か…変でしょうか? 」


「いえ、そ、そんなっ! き、綺麗ですよ…と、とても」


(綺麗…? そう…だろうか? だが、とにかく。 不評ではなかったようで助かったぜ…)


 俺はEGOでハウジングの要素もかなりやり込んでいたので。


 自身がカスタマイズした家の内装に合わせた部屋着風の防具もいくつかコレクションしてあった。


 今回は、その中の一着である部屋着風防具1・シャツ&スキニー(黒&白)をチョイスした。


 俺が防具セットに付けたセンスの欠片もない名称はこのさい置いておくとして。


 この防具は主に、調合やクラフトに適したスキルを多く積んでいるが最低限の防御力と戦闘系スキルも確保しており装備品質も100レベル…カンスト基準だ。


 俺の防具セットは基本的に分かりやすさを重視して名前をつけているので、今回チョイスしたセットは名称のままシンプルな黒いシャツに白のスキニーパンツを合わせたデザインになっている。


 俺なりに頑張ってイケメンに作成したジークに着用させているとはいえ、服装自体は無難中の無難。


 まさかメイさんから綺麗と言われるとは思わなかったが、もしかするとこういったスタイルの服装はこの世界では珍しい故の感想なのかもしれない。


「お母さん、なに変な声出してるのよ……って」


「ふぁぁ! おにいしゃん、お着替えちたでしゅか! 」


 フッションに興味があるのだろうか?


 俺とメイさんの様子を窺いに来るなり、食い入るような視線で俺の全身をガン見し始めたロゼと。


「美男でしゅ! おにいしゃん! とちぇもきれいでしゅ! 」


 と親子揃って同じような感想を口にするヌイ。


 洗面所前の廊下が、途端に騒がしくなりかけたが。


 キュイーッッ!


 という、お湯が沸く音に引き戻され。


 俺たちは急いで台所のあるリビングへと戻るのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る