明滅する概念的点Pとその観測

作者 飛鳥休暇

すべてのエピソードへの応援コメント

  • へのコメント

    すごい良かったです。ありがとうございます。

    作者からの返信

    萌木野めいさん

    コメントありがとうございます!
    嬉しいです!

    2022年3月15日 18:59

  • へのコメント

    私がひねくれているのか、「あの女
    、個展開くと知って、彼氏と別れたんじゃ?」と、思ってしまいました。そんな事はないとは思いますが。
    ???「幸せならOKです!」
    私に必須なものは上の考え方でしょうね。

    作者からの返信

    黒いスライムさん
    コメントありがとうございます!

    実は僕もそっち派なんです。笑

    強かな女の手の平で転がされたいものです。

    2021年8月1日 21:22

  • へのコメント

    ナプキンアート、ネットカフェ、路上からのサクセスストーリーの組み合わせが素晴らしいです。概念的というキーワードと、意味深なタイトルも素敵な現代のおとぎ話でした。

    作者からの返信

    明弓ヒロさん

    コメントありがとうございます!

    僕自身、何を書きたかった作品なのか分からないのですが、現代のおとぎ話と言われると「なるほど」と思いました。

    レビューもありがとうございました!

    2021年7月20日 07:04

  • へのコメント

    とても面白かったです。

    作者からの返信

    わーい!
    嬉しいです!

    ありがとうございます!

    2021年7月9日 20:14

  • へのコメント

    これ結構好きです。

    彼の鬱積した思いは、白くて薄い紙ナプキンに吐き出される。その思いに気づいた一人の女性かそれを素敵だと思う。
    これは、彼の思いを彼女は受け止めたと考えてもいいですよね。吐き出した思いと感じる心。その事が彼の気持ちを動かしていく。

    この部分がとても自然で、動く彼の気持ちがとても愛おしく感じられます。
    きっと彼女も躊躇いながらそれを感じていたのではないかと……。
    でも、彼の思いは儚く散る。そう思えた時、また彼は描き出す。自分の心を吐き出すように……。

    最後の部分では気持ちが浄化するような気持ちになりました。

    紙ナプキンにボールペンのインクは滲まずに書く事ができる。それを思いながら、この彼の恋が成就した事が嬉しくなりました。

    飛鳥さんの世界の人物たちは、本当にそこに生きているようなリアル感があります。
    それは何だろうと思いつつ短い短編でもその中に人生が見える。
    それこそが力なんだろうなぁと思ったり……

    素敵な話をありがとうございました。

    作者からの返信

    あまみさん

    コメントありがとうございます。

    個人的にはこの女性は節操がないかもなと思ってもいるんですが、彼がいいならいいんでしょうね。笑

    リアル感があると言って頂けて嬉しいです。

    2021年6月17日 16:02 編集済

  • へのコメント

    前半でめちゃくちゃでかいジェットコースターに登らされたのが怖かったです。なので後半の反動は心地のよいものでした。

    作者からの返信

    コメント&レビューありがとうございます!

    そんな風に受け取ってもらえて嬉しいです。

    ラストの一文に投稿直前まで悩んでいたんですが、上手く着地出来ていたでしょうか。

    それでもレビューまで書いて頂ける作品であったことはとても嬉しく思います。

    いつも読んで頂いて本当にありがとうございます!

    2021年5月6日 23:03