砂糖売ったら億万長者になったので、モンスターパニックが始まる前に生存戦略する。

作者 と~ふ

3,223

1,240人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

定期的な更新をされていたのに急激に更新されなくなったので心配。
活動報告も急に途切れたので・・・
日本と異世界との相関も見えてきたり、周囲の生活が見えてきた所で更新が止まってるので続きが気になる〜状態でお預け(笑)
乱暴に強くなってハイおしまい!では無く作り上げた設定を成長させ物語の続きを読める事を楽しみに更新を待っています。

★★★ Excellent!!!

もし日本人が急にステータスオープンできるようになって、ダンジョンが現れ始めたらどうなっちゃうの?というお話。新型コロナウイルスが世界を襲う代わりに、異世界融合が襲ってきたぞ、という感じで話が進んでいく。
一般人は恐怖するダンジョンも、田舎の爺さん婆さんは戦きつつも近づこうとしていたり、人々の反応がなんかリアルに思えて、あ、確かにそうなるかも、と納得しながら読み進められる。

展開もけっこうテンポがいい。
でも割りと抜かりなく進む。

あ、これ私が読みたかった現代ダンジョンものじゃん!

★★★ Excellent!!!

タイトル通りよく見かける「現代にダンジョン現れたから無双してやる!」的な設定です。
はぁ・・・よくあるやつか。と、思うなかれ。絶妙な感じでありがちなご都合主義を、まろやかに薄めている為、ご都合主義に拒絶反応を起こす方も非常に読みやすく、ストーリーに入り込みやすいと思います。
ダンジョン、モンスター、ステータス、スキル、レベル、一通りの異世界設定に付け加え、マーケットシステム、異世界とのリンクなど、現実世界との時間軸の設定もなかなか絶妙に調整されています。
中でも、マーケットシステムで購入したアイテムである、「箱庭」の設定が今後どの様に変化していくのか、これもまた別展開として楽しみな要素になっています。

★★★ Excellent!!!

異世界に現代の品物を取り寄せて価格差で儲けるハイファンタジーは結構ありますが、現代から異世界に品物を売り出すのは一寸斬新だと思います。
文章読みやすく1話の長さは短めで気軽に読めます。
文章が短い分話の展開は遅いです。
定番のダンジョンは出現済みでモンスターは凶悪な様ですがまだ探索は始まってません。
ダンジョンと主人公がどの様に向き合うのか今から楽しみです。