第10話 『運2倍の効果』



 金策を思いついて宝くじを購入してから一夜明けて月曜日。

 昨夜は何だか変わった夢を見てしまった。

 自分の脳みそが作り出したとは思えない程リアルな登場人物や世界観。映画の一場面を再生したと言われれば納得できるような、今までに見たことのないタイプの夢だ。とても俺の記憶や想像力によって作り出された夢だとは思えない。

 夢の登場人物は親に捨てられサバイバル生活を送っていた兄妹の2人だったが、主に兄のカイム君を追いかける形で進んだ。カイム君視点ではなく、彼の行動を俯瞰で見ているような感覚だったが。

 夢の中では、最終的に俺がドラゴン肉を買ったお金が何故かカイム君のマーケットボードに入金され、ギリギリで生きていた兄妹が救われる所で終わったのだが、カイム君視点では終始不明のままだったお金の出どころやマーケットボードの詳細な仕様、過去のドラゴン討伐に関する情報からドラゴン肉が売れ残った裏話まで、何故か俺には理解することができた。

 なんて言えばいいのか。小説を読んでいて作中では言及されない内容について、余白に注釈が入ってる、みたいな?もしくは、見ている動画の内容で疑問に思ったことがあれば、すかさず解説が入る機能がある動画専用アプリを使ってる感じ、とでも言えばいいのか。説明すんのが難しいな……。

 ほんと意味不明だよな。まさかマジで異世界で起こった出来事を見てたりすんの?

 夢特有の整合性の取れない展開もなく、カイム君や妹ちゃんの今にも鼓動が止まりそうな程のガリガリ具合とか、非常にリアルだった。妹ちゃんが薬を飲んだ瞬間、乾いてひび割れていた肌が逆再生するように瑞々しくなっていく様子とか、思わず鳥肌が立つほどだったし。

 マーケットボードやらステータスボードなんておかしなものが使えるようになったりするのだ。俺の夢がいきなり異世界と繋がるなんてこともあるんだろう。あるか?まぁ、アリってことで。

 長く変わった夢のせいで目が覚めてからも暫くの間ボーっとしていたが、夢の内容から昨夜の記憶まで思い出しているうちに、ふと気づいてしまった。


(宝くじ購入の際に運を上げただけで満足してたけど、もしかして抽選の時にも運を上げとかないと不味いのでは?)


 よく考えれば番号を選ぶ瞬間より、当たり番号が確定するタイミングの方が重要に思える。

 公式サイトには抽選時間は書いてないが、運営会社の社員の勤務時間を考えると9時から17時の間くらいだろう。

 つまり、俺が大学で講義を受けている時間帯だ。

 悩んだ末、耳飾りと髪飾りを除いた3つのアクセサリーを付けて出かけることにした。

 普段通りの適当な恰好にアクセサリーを付けてみるが、特に首飾りがかなり浮いて見える。

 クローゼットをひっくり返していると普段あまり着ない黒の七分丈サマージャケットが出てきたので、黒スキニーと白Tのいつものファッションの上から羽織る。後はショートブーツでも履けばそれなりに見えるだろう。

 甥っ子と姪っ子がよくおそろいの服を欲しがるので、多少オシャレな服だって持っているのだ。

 眠気覚ましのコーヒーを淹れたが、肉以外食べる物がない。今日は2限からなので早めに大学に行ってから生協で何か買えばいいか。



 家を出て車を走らせていると、バイト先とは別のホームセンターの駐車場にクレープ屋のキッチンカーが来ているのが見えた。遠目にもボリュームがあって美味しそうなクレープの写真が見える。丁度いいので今日の朝食はここで調達することにしよう。

 甘いものという気分でもなかったので、鶏ハムとアボガドのサラダクレープを購入する。バルサミコソースが

アクセントになってなかなか美味しい。バルサミコ酢……帰りに買っていってステーキのソースにしてみようかな。

 車に寄りかかってクレープを食べていると、駐車場の一角に宝くじ売り場があるのに気付いた。

 ナンバーズは当たるまで何回か買ってみるつもりでいるが、公式サイトがあるのでここを利用することはないだろうな。と、指にはまった豪運の指輪見ながら考えていたのだが、ふと魔が差してしまった。俺の現在の素のステータスである運21ってどのくらいの効果があるんだろう?と。





「運21やっべぇわ」


 その場で結果が出るということで、選んだのはスクラッチ。

 素のステータスを確認したら、次は運+100、+200……と順に試してみようと思っていたのだが、最初の一枚を買って結果を確認した所で、俺はすぐに予定を切り上げて換金を済ませ車に戻った。

 昨日公式サイトで調べたのだが、宝くじ売り場で換金できる金額の上限は5万円だ。それ以上の金額になると本人確認書類を持って銀行へ換金に行く必要があるが、5万なら本人確認なしでその場で交換できる。

 今回買ったスクラッチの2等賞金がジャスト5万で、俺はその2等を狙って徐々に運のステータスを上げながら、当たりが出るまで買う予定でいた。

 まぁ、一枚買って切り上げたというのは、そういうことである。

 正直アクセサリーの補正無しで当たりが出るとは思っていなかった。

 2等を狙っていたから2等が当たったのか、1等が外れて2等が当たったのかは分からないが……うっかり1等が当たってしまっても困るので検証は止めておこう。

 にしても、俺の初期のステータスを見ると平均的なステータスの数値って10前後っぽいが、運の値が平均の2倍というのは俺が想像していた以上に凄まじい。

 これがアクセサリー補正で50倍にまで膨れ上がったら、一体どれほどの効果を発揮するのか。


「これならもうちょいリスキーな投資やってみるのも手か……?」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る