9話

ルメス:「それと、だ。今ここ冒険者いっぱいいるじゃん?もしかしたら先発組がいねーかな?」

ディレウス:「確かにいそうだな。なんだ、そいつらから情報収集ってか?」

キルシュ:「詳しいのはここにいる方々でしょうね」

パーチア:「なら、アタシたちも混ざるとしようぜ」


※このデモンズラインでは情報収集判定は技能では行わず、すべて2D6で情報料を決定しています。


パーティーは一番近い冒険者たちのテーブルへと近づきました。

彼らは3人パーティーの人間の冒険者で、戦士、盗賊、魔法使いと言ったバランスの良いパーティーですが、料理をたくさん並べて宴会中です。

おそらく探索から帰ってきたところでしょう。


キルシュ:「こんにちは。隣構いませんか?」とリーダー格と思わしき戦士に挨拶

冒険者の戦士:「お!さっきの奈落を攻略したって冒険者パーティーか!」

冒険者の魔法使い:「エルフ、グラスランナー、リルドラケンにメリアなんて珍しいパーティーよね」

冒険者の盗賊:「いいぜいいぜ!一緒に混ざろう!飲むか?俺たちのおごりだ!」

ルメス:「いいの?やったー頂き!」と早速料理に手を付ける

パーチア:「早速かよ!」

ディレウス:「それじゃ、邪魔するぜ。それで、あんたたち探索とかもう行ってみたか?」


人間の冒険者パーティーは人差し指を立てると、2枚の羊皮紙を取り出しました。

そこには、世界地図みたいな縮尺のルメスとは違い、それぞれのエリアの地図が詳細に描かれてあります。


冒険者の戦士:「もちろんだ、これが欲しいんだろう?」

ルメス:「おっ!めちゃくちゃ詳しいじゃねえか!なあ、ちょうだいちょうだい!」

パーチア:「詳しいな。これがあるのとないのとでは大違いだぜ」

ディレウス:「ありがとよ。早速頂くとしようぜ」

キルシュ:「ええ。と言いたいところなのですが……その地図のレアリティは1ではないと思いますよ」ルメスの方をちらっと見る


ルメス:「え、有料っすか」

冒険者の盗賊:「へへ、察しがいいな、エルフとグラスランナー」

冒険者の戦士:「悪いが、盗賊の彼が命がけで記した情報だ。タダではやれないさ」

パーチア:「なかなか悪い奴だなお前ら」

ディレウス:「でもそう言われたらそうだ。いくらだ。金ならルメスが持ってるようにあるぜ」とルメスを指さす

ルメス:「あいよ、持ってけドロボー!」と金貨袋を出して降る。


羽振りのよさそうなパーティーに人間の冒険者たちは思わず声を漏らし、そして続けます。


冒険者の戦士:「そんなにもらっちゃ悪いな。そうだな。ここからは平原と森林、2つのエリアがある」

冒険者の戦士:「2枚合わせて500Gってところでどうだ?」

ルメス:「へぇ。まあ、命と引き換えと思えば破格ってもんよな。親切な冒険者に出会えて感謝だぜ~♪」とリュートを弾く

冒険者の戦士:「ありがとう。おだてても値引きはしてやらんぞ」

ルメス:「……バレたか」

パーチア:「そりゃバレるだろ」

冒険者の魔法使い:「それと、もう1つ情報を買う気はないかしら?ここにいる"壁の守人"の言い伝えよ」

キルシュ:「アレクサンドラさんの他にも?それは私が気になる話ですね。それはタダになりませんか?」

冒険者の魔法使い:「150Gでどう?」

ディレウス:「そっちも有料かよ!」

ルメス:「ああ、分かった。言い値でいいよ。払える額だしな」


合わせて650Gの情報料を支払います。

これで、エリア1の平原、エリア2の森林、壁の守人の詳しい話が聞けるようになりました。


冒険者の盗賊:「それと、あんたたちよく見りゃボロボロだな」

パーチア:「奈落で連戦してそのまま来たんだぞ?無傷なほうがおかしいぜ」

冒険者の盗賊:「ああ、そのまま探索に突っ込んで死なれたら寝覚めが悪いぜ。ここには2階より上に宿屋もある。半日だけでも休んでいったらどうだ?」

冒険者の盗賊:「これくらいはタダにしといてやるよ」

キルシュ:「助かりました。盗賊が一番気前がいいとはまた変わったパーティーですね」

ディレウス:「言うな言うな」とキルシュに突っ込む

ルメス:「でも言う通りここは宿屋で休んで夜から探索しねえか?別にオイラの帰郷は急ぎやしねえよ」

パーチア:「ああ。そうしようぜ。助かったよ冒険者のお前ら!」

冒険者の戦士:「どういたしまして!また戦果があったら教えろよな!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る