粘着系男子の15年ネチネチ

作者 タカハシヨウ(家の裏でマンボウが死んでる

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 6. 四年目3へのコメント

    まさかの会社のやめ方

  • 8. 五年目1へのコメント

    待ってましたの続編!( ・ิω・ิ) やはり頭がおかしすぎる彼くんが最高です( ・ิω・ิ)
    しかし意外だったのは彼くんが『君』以外に魅力を感じる可能性があると考えたこと( ・ิω・ิ) 『君』以外のことを省みる価値のないどうでもいいもののように思っているけど、自分が魅力を感じてしまう可能性のある素晴らしいものが存在することは認めている( ・ิω・ิ) 意外でもありこれが歌にはなかったその後に繋がったりするのだろうかと想像してしまいました( ・ิω・ิ)

  • 8. 五年目1へのコメント

    待ってましたネチネチ続編…!!「僕」がかっこいい!!!惚れてしまう()
    僕と橘さんの連携プレーがとてもいい!すきです!!
    そして相変わらずものすごい比喩表現の羅列…言語力すごい…w読んでて思わず笑っちゃいます。
    次回も楽しみです。

  • 7. 四年目4へのコメント


    最後の「だったか」の所エモい

  • 1. 一年目へのコメント

    「色恋沙汰は全て作図で解決可能であることの証明」で初めてあなたのことを知ってから、ここにたどり着くまであっという間でした。原曲も、今では毎日のように聞かせていただいてます! 更新楽しみにして待ってます! 無理せず頑張ってください!!

  • 7. 四年目4へのコメント

    まさか……『僕』よりも啞然愕然とさせられる驚異的に脅威な強キャラがいるとは(;・ิω・ิ) 言葉のセンス以上に『僕』にツッコミを入れさせる橘さんに恐怖を感じる話でした( ・ิω・ิ)

  • 5. 四年目2へのコメント

    あれで理解できた橘さん……只者ではない(;・ิω・ิ) 『僕』との親和性がここまで高い人間はそういないでしょう( ・ิω・ิ)

  • 4. 四年目1へのコメント

    ほわっ…!ここで終わった…!だいすきな作品なのでうれしいサプライズでした(四年目の後に1があるの読み終ってから気づきました…うれしい〜!)。つづきが更新されるの楽しみに待ってます☺️

  • 4. 四年目1へのコメント

    ポエムを送る許諾……取っていたのか(;・ิω・ิ)

    毎度ながらすごい描写というか担当の橘さんはひじきの生えた大根に見えなかったのかと驚きです(;・ิω・ิ)
    一年分が一話かと思ったら何話にも分かれたりするようです長く楽しめるなと楽しみになりました( ・ิω・ิ) これからも期待しています( ・ิω・ิ)

  • 3. 三年目へのコメント

    4年目が気になります(*´ω`*)

  • 2. 二年目へのコメント

    3年目が楽しみです(*´ω`*)

  • 1. 一年目へのコメント

    この時は、まだ6日目だったんですねΣ(゚∀゚ノ)ノ

  • 3. 三年目へのコメント

    君の素晴らしさを世界に発信したい。
    友人は生存確認が出来る。
    mixiは最高のツールでしたね!!!

  • 1. 一年目へのコメント

    ずいぶんと後れ馳せながら読ませて頂きました。
    本当にぶっ飛んだ思考回路なの本当にすごいです。
    続き楽しみにしています!

  • 3. 三年目へのコメント

    これはおねしょ確定案件w
    待ってましたwww

  • 3. 三年目へのコメント

    続き待ってました!今回も面白いですね。続きwktk!頑張ってください!

  • 3. 三年目へのコメント

     なるほど。 なぜポエムをWEBに上げたのかとは少し疑問に思っていたけどそうした理由から上げていたとは。 自分だけのもの、自分だけが知っていればいいとはしていなかったんですねぇ( ・ิω・ิ)

  • 2. 二年目へのコメント

    ポエム、独特過ぎませんかマンボウさん。

  • 2. 二年目へのコメント

    投稿ありがとうございます!これを楽しみに今日頑張った自分を褒めたい。次回も楽しみにしています!

  • 2. 二年目へのコメント

     一年につき一話だとすると15話、若干のエピローグがあったとしてMAX17話程度……そう考えると残念です。
     毎週投稿されるとしておよそ4ヶ月、楽しませていただきます。

  • 1. 一年目へのコメント

    青春のあの頃の曲がこうやって小説として読めるのが信じられないです

  • 1. 一年目へのコメント

    今でも大好きなこの曲が小説化されて嬉しいです!主人公の重たくておかしくてきれいな愛情が丁寧に表現されていて、とても面白かったです。続きも楽しみにしています。

  • 1. 一年目へのコメント

    いやぁ……ユーチューブで久しぶりに聞こうとしたら昨日小説化って見てきちゃいました。
     ふざけ続けてワンフレーズで泣かされる──この歌は本当に天才的だと思います。
     小説でどう描かれるのか、楽しみにしています。

  • 1. 一年目へのコメント

    最高に好き

  • 1. 一年目へのコメント

    “君”の頬の柔らかさを表現するのにこれでもかとばかりに圧倒的語彙力をみせつけた上での「ほっぺた柔らかいよ。」(かわいい)からの「…………耽美!」がだいすきすぎて永遠に笑ってます笑笑。
    語彙力の無さが良しとされる(そんなことはないのだろうけど)ような風潮を感じることが多い中、表現力が最高に変態で読んでて気持ちが良いです。次のおはなしも楽しみに待ってます!

  • 1. 一年目へのコメント

    期待以上の面白さでした!
    思ってたより過激思想で笑いました!
    「神殺しは隙間時間に」とか語彙力の革命起こしてますね!
    続きを楽しみに待ってます!
    ありがとうございました!

  • 1. 一年目へのコメント

    いつのまにかルビが追加されていた事により、自分がごく自然に"唾液"を"こころ"と読んでいたことに気づきました。
    これからもそう読み続けます。

  • 1. 一年目へのコメント

    切ないけど腹がとにかく痛い!
    ありがとうございます!毎週楽しみにします!

  • 1. 一年目へのコメント

    10年ぶりにコレぶち込まれたら効いてしまうってぇえ…!!ありがとうございます!楽しみ!!

  • 1. 一年目へのコメント

    大好きなあの曲が!!小説に!!すごくすごく嬉しいです!!続きも楽しみです!!ありがとうございます!