おしまいに

 あまり長々やっても、読んでくださる皆さんも嫌になってくるだろうし、わたしもボロがボロボロ出そうなので、ここら辺でおしまいにしたいと思います! 笑


 この『添削ってどうなのよ』なんていう、見れば見るだけいかにも頭の悪そうなタイトルのエッセイにお付き合いくださいまして、本当にありがとうございました。説明の至らないところも度々あった自覚はあります。


 正直、1話から5話までを書いた時点では、こんなに沢山の方々に読んでもらえるなんて本当にカケラたりとも思ってなかったんですよ。完全に出来心で書いただけだったので。笑


 それが蓋を開けてみればなんてことでしょうね。

 沢山の「初めまして」があって、沢山の「ありがとう」のやり取りがあって、ちゃんと分かりやすくなってるかしらとか、間違ったことを伝えてないかしらとか、いい加減すぎてそろそろ文句言われるんじゃないかしらとか、笑 自分の過去をわりとガッツリ振り返ってみたりとか、お役に立ててるといいな〜とか、誰も潰れませんようにとか、本当にいろんなことを感じてました。

 ありがたいことに誰からも面と向かってケチをつけられることなく、おしまいを迎えられましたし。ああ良かった本当に良かった。笑


 わたしがこのエッセイを続けられたのは、間違いなく皆さんの広ーい深ーい優しさがあってのことです。いつも優しいコメントのやり取りをありがとうございました!

 ハートを毎回のように押してくださる方や、恐らく「ここが自分にとって大事だ」と思われてハートを押してくださってた方も、ステルス読みの皆さんも、お星さまくださった方々もレビューを書いてくださった方々も、本当に本当にありがとうございました♡

 時々急に不安になって、自信がなくなったりしていたんですけど、皆さんのくださる優しいリアクションが励みでした。

 いやほんとにね、コメントで叱責されまくるような夢を見たりしていたんですよ。朝の目覚めが悪い! 笑


 誰でも必ず壁にぶち当たるときがあると思うんです。わたしもありましたし、長く書けば書くだけ、「んギイ!」なるときはあるはずです。

 だからこそ、「書くのが楽しい!」がいちばん大事なんですよね。ほんとに。

 それだけは見失わずにいてもらいたいなって思ってます。

 それを見失うくらいなら、ルールなんて知らなくていいよ。


 本末転倒なことを言ってますが、笑 でも「楽しい」の助けになるのもちゃんと知ってるので、あまり拘らずに「ふうーん」な感じで知っといてもらえたらいっかなってくらいです。


 わたしがこのエッセイに書いたのは、ほとんどが「見直しをするとき」に必要な情報です。

 最初から気にしすぎるとなーんも書けなくなるので、まずはいつも通り楽しく書いて、ちゃんと放置プレイをしたのちに、推敲作業に頭かかえるタイミングでこのエッセイのことを思い出してもらえたら嬉しいです。笑


 いやぁしかし、ここまでお付き合いいただいて、ほんとにほんとにありがとうございました♡

 皆さんの執筆がいつまでも楽しいものでありますように〜♡♡

 夏緒でした!!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る