第14話 人称と視点編 生理現象を書くのです!

 よく見かけますよね、これ。


・わたしは赤面した。

・わたしは顔を赤くした。

・わたしは顔が赤くなった。


 鏡もないのになぜ己の顔色が分かるというのか。笑

 別に顔が赤くなっただけじゃなくてですね、蒼白になったでも一緒ですし、乱れた髪の毛でも一緒なんですよ。

 そんなわけで今回は、一人称の主人公が、自分の様子を表現する方法をやっていきましょう! これは三人称で使ってもいいですよ!

 まず例文ぽーい。


✲✲✲

 だって、わたし駄目なのよ。コーンポタージュ先輩を見かけると、すぐに顔が赤くなっちゃって、とてもじゃないけど目なんて合わせられないの!


 ぼくは具合を悪くして、いつの間にか顔が赤くなっていた。ばたーんと倒れてしまって、周りから

「大丈夫か枝豆!」

と騒ぐ声が聞こえる。

✲✲✲


 今回は2こ、用意してみました。

 ①が「恥ずかしくて赤くなる」バージョン

 ②が「熱が出て赤くなる」バージョン

 です。


 10話のところで大前提を並べましたが、「一人称は主人公自身のことが書けない」ってあったのを覚えておられるでしょうか。

 書けないっつったけど、書けます。笑

 正確にいえば、書けるものと書けないものがあります、です。


 書けないもの:自分の名前、年齢、体格、などなど

 書けるもの :自分が考えてること、感じてること、見てるもの


 自分に対する客観的な情報は書けません。でも、主観的な情報は書けます。

 つまり、表現の仕方を工夫すれば、自分の「状態」は書けるんですよ。書けないものは、周りにいる人に喋ってもらいましょうね。


 下を向けば服装は書けますよね。ちゃんと下を向けば、もしくは鏡を見ればね。膝の辺りに汚れをつけてるのも見えますから、それも書けます。白い服にラーメンこぼしても書けます。

 スネに青あざ作っても見えますが、でも背中や尻に青あざできたら見えませんから、それは書けません。鏡がないときには、さてどうするか。

 簡単ですよ、こうすればよいのです。


「尻がいてぇ」


 これで解決です! これが生理現象の描写です。そんなに難しいことではないですよね。

 青あざっていうのは目で見た情報ですけど、いつでも見えてるものだけじゃなくていいんです。一人称では目だけに頼らずに、五感をフルに使って書くといいですよ!


 ちなみに、わたしはえろいものを書くのが大好きなんですが、えろシーンにはこの五感の描写をたっぷり活用するのをオススメします。急にえろくなります。笑 

 あ、運営さんに怒られないようにお気をつけくださいね。わたしは時々怒られてます。笑


 そんで、話は戻りますが、一人称でうっかりやりがちなのがこの「わたしは顔が赤くなる」です。

 これ、そのまんま書いちゃうと、神様視点なんですよ。

 神様視点は、その作品全部が神様視点なら問題ないんですけど、一人称のなかに神様入ってくるのはルール違反です。

 主人公にいきなり神様が憑依した! とかならアリかもしれませんが、いつでもそんな都合よく神様が現れることはないですもんね。さ、順番にやっていきましょ。これは実際にやってみたほうが早いですよね。


 だって、わたし駄目なのよ。コーンポタージュ先輩を見かけると、すぐに顔が赤くなっちゃって、とてもじゃないけど目なんて合わせられないの!


 直すよ!


✲✲✲

 だって、わたし駄目なのよ。コーンポタージュ先輩を見かけると、すぐにほっぺが熱くなっちゃって、耳まで熱くなるから、これは絶対に真っ赤になってると思うの! だから、恥ずかしすぎてとてもじゃないけど目なんて合わせられないの!

✲✲✲


 なんかクドくなったな、と感じる人もいるかと思います。

 バッサリ言っちゃいますが、直す前の例文は、「横着の産物」なんですよ。

 面倒くさがって描写を省いた結果が、神様助けてぇ! になっちゃって、それが視点のブレに繋がってるのです。


 こっちも一緒だよ!


 ぼくは具合を悪くして、いつの間にか顔が赤くなっていた。ばたーんと倒れてしまって、周りから

「大丈夫か枝豆!」

と騒ぐ声が聞こえる。


 直すよ〜!


✲✲✲

 ぼくはなんだか頭が重くて、ぼんやりしてきた。視界がぐらぐらするし、体が熱い。力が抜けてきて、自分の体を支えられなくなったと思ったら、ぼくはその場に倒れてしまった。

「大丈夫か枝豆!」

 周りの声が、遠くぼんやり聞こえる。

✲✲✲


 具合が悪いのは、そのまんま具合が悪いって書いてもいいんですが、でも症状を具体的に書いたほうが、ただ「具合が悪い」って書くよりも具合が悪そうです。

 具合が悪いときに、「ぼく顔が赤いな」とか考えてる余裕はありませんよね。「あちぃ、しんどい」だけだと思いますし、それだけで充分です。


 神様は思ったほど助けてはくれないので、やっぱり自分の感覚を信じるべきですね!

 さーて次は、どうしようかな、そろそろ三人称にいこうかな!


 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る