眼鏡屋の独り言 -Ⅰ

「やっぱり彼女、全然気づいてなかったか。突然変異か、なにかの影響でも食らったかな」

 お若いお客さん――自分から見れば、本当に生まれたての雛もいいところだ――が去って、自称老人、見かけだけの青年は独り言ちた。

 あの少女には魔力があった。

「一種の魔眼持ちだな、あれは」

 検眼に使ったレンズは、魔力で強制的に景色を見せる道具ではない。通常の眼鏡が視力を矯正するのと同じく、まさしく魔力を矯正する道具なのだ。魔力の宿った目で使用しなければ、一切の効果を発揮しない。

 体の不調も、魔力を持て余しているせいだろう。環境の変化からくるものも間違いなくあるだろうけれど、それに引きずられるように、魔力が余計に重しになっていたに違いない。


「教えてあげればよかったかな?」

 原因を知って、落ち着く心も体もあるだろう。

 だけど生きていくことのしんどさは、魔力だけが原因だとは限らないし。

 彼女はあの時見た光景に、前を向く力を得たようだし。

「多くの人間にとって、魔法なんて一時のまやかしみたいなもんだ。まやかしでも気休めでもなんでも、力になったのならば何より」

 青年は臙脂色の箱に並ぶレンズを、一枚一枚丁寧に磨いた。

 少女には魔力を制限する呪具レンズも持たせてやったし、まあ大丈夫だろう。

 それでも少女が、本当に魔力というものを抑えられなくなり。魔法の世界の縁に限りなく近づくことがあったなら。

 また、この店に足を踏み入れることもあるだろう。

「その時に僕が開けている店が、眼鏡屋かどうかはわからないけれど」

 すべてのレンズを箱に並べ終えて、青年は満足そうに笑った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る