転生したら残り2500字だった件

作者 かぎろ

転生したら残り2500字だった件」への応援コメント

このエピソードを読む

  • これほんと好き

    作者からの返信

    ありがとうございます!その節はどうもです

    2021年11月25日 17:25

  • 校長先生とか会長とかの話が長いのはどこも一緒ですね(笑)

    最後のああくそ、字数が、のところ。足りなくても伝えたい!!

    作者からの返信

    読了&レビューありがとうございます!字数足りなかったけど伝わってたらいいですよね。

    2021年8月21日 13:59

  • 2500字以内で異世界から戻るというかなりシビアでメタい内容をこんなにコンパクトに、そして分かりやすく表現できるなんて素晴らしいなぁと、尊敬いたしました。
    しっかりとしたストーリーが2500字で紡がれていて、内容も取り敢えずな雑さではなく、収める中で考え込まれていて、その上この短さで両立されたギャグとシリアスな描写のセンスが、とても素敵だなぁと感じました!
    キャラの見た目や感じも、短さの中でもしっかり伝わってきますし、全体的な無駄のなさが随所に現れてるなぁと思いました。

    実は私は似た様な作品を書いてしまっておりまして、他の執筆者様からのご指摘を頂いて拝見しに参った次第でした。こういった唯一無二なタイプの作品で被った内容を書いてしまいました事、申し訳ありませんでした。
    最近プレイしていた30秒で世界を救うゲームに触発されて書いたものだったのですが、もし活動なさる上で差し支えなければ、私も書き続けていきたいのです。宜しいでしょうか……。



    あぁぁありがとうございますっ!!
    そう言っていただけると、書いてもいいんだという気になれます、これからも不肖ながら書かせて頂きたいと思います!

    作者からの返信

    コメント&星ありがとうございます!お褒めの言葉いただけて感激です。2500字に押し込むために当時かなり頑張りました笑

    似た設定の作品を書かれているとのことですが、3話まで読ませていただいたところ、問題はないと感じました。こういったことが問題となるケースというのは構成やらセリフ回しやら用語やらがあからさまにパクられている場合だと思っています。
    アイデア自体に著作権はありませんし、福葉内さんが後ろめたく思う必要はないと思います。意外と「字数制限のある世界」というアイデアで書かれた小説は他にもあったりしますしね。
    ですので福葉内さんには胸を張って書き続けていただけたらと思います。改めて、本作を読んでいただきありがとうございました!

    2021年7月25日 20:48

  •  きちんとオチがあるのがいいですね。

    作者からの返信

    ありがとうございます!

    2021年7月23日 17:17

  • 字数制限の物語とは面白いですね。

    さらに短い物語といえば短歌や俳句でしょうね。

    それでも究極は『名前』かな。

    自分は物語とは意味と想いが込められたものだと定義していて、名前にはそれらが全て凝縮されているから。ありったけの祈りとともにね。

    作者からの返信

    コメント&星ありがとうございます!

    2021年7月1日 16:02

  • なんか前に読んだことある………

    作者からの返信

    再読&星ありがとうございます!

    2021年6月30日 12:55