杉﨑さんちの茂生くんは長男の存在意義が不明瞭  

作者 永盛愛美

0

0人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?