好きな人のために悪の組織に加入したけど、好きな人が光堕ちした。(本編とは別のルート更新中)

作者 わだち

419

146人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

タイトル通り!
今まで書きたいことが溢れちゃって書ききれないからレビュー書いてなかったけど、この作品がみんなの目に届いてないのが悲しいから書くわ。
まず、キャラが最高!ヒロインが可愛くて主人公がかっこいいのは勿論だけど、登場する人みんなが面白い。
それぞれが個性を持って作品の中で暴れてて、読んでる時にキャラが自分の意思で動いてるとしか思えなかった。
次に、ストーリーが最高!
基本コメディ主体なんだけど、途中でラブコメとかシリアスとかがいい感じに入ってきて、読んでて飽きることがない。
そして、個人的に助かったのが後日談があること!これのおかげで俺が喪失感で死ぬことがなかった。
しかも、ifストーリーも投稿されてて、そっちも面白い!
語彙力がないからこんくらいしか語れないのがすごく残念だから、ぜひ自分で確かめてくれ!

★★★ Excellent!!!

この作品は、トコトン頭が悪い。
……いや、悪い意味ではない。とにかく、この作品は愛に全振りしているのだ。

経験したことはないだろうか。
本当にすごいものを見た時、「尊い」としか言えなくなるようなことを。
素晴らしいものは、愛は、時に人を馬鹿にする。愛とは熱病なのではないか、と読んでいて思った。

勢いで進む、ハイテンションなストーリー。
ともすればハチャメチャで、しかしその全てが「愛ゆえに」と言えてしまうほどの圧倒的熱さがある。
これほどに熱い作品に出会えるとは。電子の海も、温暖化が進んでいるらしい。

特に好きなのは、下っ端戦闘員たちの話。
だが、登場キャラはみな尊く、最高度に好きになれる。中でも主人公はダントツだ。

ネット小説でなければ、この作品は生まれていなかったように思う。であれば、このサイトには、そして作者には感謝を言わねばならない。
同時に、ネットの海を漂う私以外の全ての人に、この作品を知ってほしい。
いや、分かるのだ。確かにこの作品のノリについていけない人がいるのは分かる。だが、その気持ちごと攫っていってくれるだけの熱がある。



「愛」の熱病に侵されたければ、ぜひ読んでほしい。
この熱病における最も深刻な症状はただ一つ。馬鹿野郎になることだけだ。