第6話  混沌と化する

 なんと、ここ一か月ほど、まともに食べていないという。にわかには信じられない。だいたいそれでよく俺と闘えたもんだぜ。


「ほらよ」


 そこに春日が三個の握り飯を追加で運んできた。


「おお! かたじけない、カスガどの!」


 玄女は卓に置かれた新たな握り飯を、直ぐに頬張り始めた。


「しっかし、この人食べ過ぎじゃないすか?」


 俺の横で、春日はボソリといった。


「金が無くてしばらくなんにも食ってなかったんだと」

「か、金が無いって、どうすんすか? 金にがめついトキジクさんが、よく黙ってますね」


 え、なんか普通にキツくない? 俺への当たり方。


「お金の、話し⁉」


 握り飯を食いながら玄女が喰い付いてきた。


「ああ、そうだよ。ウチの損害と飯だい・・・」

「ワタシ、ここの用心棒やる。おまえ、金華秘書探す。コレいいね!」

「え、あ、ちょちょちょっと待て、用心棒?」

「そう、ここにワタシ住む。昼も夜も用心棒する。サイコー! これでウィンウィンね」


 俺の話を聞け、といおうとしたら、春日が物凄い剣幕で言い返し始めた。


「はぁ? なにいってんすかこの女ぁ! ここに住むぅ? ここにあんたの居場所なんて一寸もねぇっすよ‼」

「・・・アレ、もしかして、ワタシ、邪魔したか? 二人」


 玄女はなんだかニヤニヤしながら俺と春日を交互に見た。

 なにが邪魔なんだ?


「いやいやいやいやなにいってすかこの人ぉ⁉ なんか誤解してませんかね? オレとトキジクさんは、単なる師弟関係であって、それ以上でも以下でもないんすよね? まぁでも邪魔だと思っちゃったんなら仕方ないっすよねぇ、お引止めはしません、また会う日まで」

「まぁどこにも行くとこねぇってなら、しばらく住んでもいいかなぁ? 部屋も余ってるし」

「待て待て待て待て待てぇい⁉ え、今のオレの話聞いてました⁉ 完全にサヨウナラの方向でしたよね⁉ どうしたんすかトキジクさん⁉ いつものあの底意地の悪さはどこいったんすか⁉ だいたい文無し住まわせるなんて意味わかんないっすよ⁉」


 コワイコワイコワイ、突然切れ散らかしてどうした春日。


「なんすか? その同居するのまんざらでもないみたいな態度は。デレデレしちゃって、あーやだやだ。やっぱりそういうのがイイんすね、トキジクさんは‼」

「うん、話、まとまったみたいだ。ヨロシク。ワタシ、精一杯用心棒するよ」

「勝手に進めんなよ話し! だいたい何でも屋まがいの探偵と助手と志那人女なんて、どっかでみたような取り合わせじゃないすか! ありがちですよありがち。これで師匠が白髪で、オレが眼鏡でもかけたら大変なことですよ⁉」

「なにいってんだおまえ」

「そうアル、心配ないアルよ」

「だからソレ⁉」


 何故か話が混沌としてきた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る