第7話 突然の別れ

 翌日、イザークが家にやってきた。

 けれど、リアは彼に会えなかった。

 まだ瞳の色が戻っていないからである。

 

 リアは風邪をひいていることにして、母は勉強をイザークに教えた。

 彼が帰った後、母はリアの部屋にやってきた。


「リア、具合はどう?」

「うん、大丈夫。イザークは元気そうだった?」

「ええ。あなたのことをとても心配していた。ただの風邪だから、大丈夫だって話しておいたわ。うつるといけないから数日は会えないって」


(良かった、イザークは元気なのね)

 

 パウルはどうしているだろう? 会いたい。

 

 リアの瞳の色は金色のままだ。体調はすぐ戻ったし、パウルもきっと大丈夫なはずである。

 リアはそう思っていた。




◇◇◇◇◇




 一週間経ち、リアの瞳の色は元の紫になった。


(ずっと戻らなかったら、どうしようと思ったわ!)


 ほっと胸を撫で下ろし、服を着替えていると、外で叫び声が聞こえた。


「リア!」


 イザークだ。切羽詰まった声である。


「どうしたのかしら?」


 母が訝しげにしつつ、玄関へと向かった。


「イザーク、おはよう」

「おはようございます。リアは!?」

「リアなら今日から一緒に勉強できるわ。風邪、治ったの。今着替えているからちょっと待っていてね」


 応対する母の声を部屋で聞きながら、素早く着替えを終え、リアは廊下へと出た。


「久しぶり、イザーク!」


 玄関まで行って、一週間ぶりに会う幼馴染に声をかけるが、彼の顔が真っ青であるのに気付き、首を傾げた。

 どうしたのだろう。


「イザーク?」

「リア……」

「……何か、あったの?」


 彼は泣きそうな顔で、声を喉から押し出した。


「……パウルが死んだんだ……」


(え……?)


 彼は何を言っているのだろう。


「イザーク……一体……何なの。悪い冗談を言わないで!」


 彼はぎゅっと強く拳を握りしめる。


「もう火葬されて、今、墓地に彼の親戚が集まっていて……昨日、亡くなったって……」


 リアはそんなこと、信じられなかった。


「とにかく、墓地にいってみましょう」


 母がそう言って、二人を促し外に出た。

 村の北にある墓地まで行くと、パウルの親戚たちがいた。

 母が彼らに声をかけ、事情を尋ねると淡々と説明された。

 

 この数日、パウルの体調はひどく悪かったと。

 昨日、容体が急変し息を引き取ったと。

 病状の悪化が余りに速かったので、大陸にはびこる流行り病かもしれず、火葬して、墓に埋葬したと。


「そんな……! パウルは生きてる! 死んでなんかないわ!」

「リア……」


 母がリアを抱きしめる。

 イザークは唇を噛みしめ、俯く。


(嘘よ……!)


 海風が、リアの髪をさらった。冷たい空気が全身を打ち付ける。

 

 パウルはリアの初恋の相手だった。

 この間まで一緒にいたのに。握った掌や、手に口づけられたぬくもりを覚えてる。

 大きくなったら、結婚しようと言ってくれた。

 

 なのに、こんな突然、別れが――?


「……っ」

 

 リアは墓地で、嗚咽を零し、ぼろぼろと泣きじゃくる。

 見かねたイザークがリアの背に手を置いた。


「……リア、帰ろう」


 このままここにずっといると、身体の弱い母の身にも障る。


「…………」


 リアは頷き、止まらない涙を拭い、そこを後にした。




◇◇◇◇◇



 

 一年経ち、周りの人に励まされ、リアの心の傷もようやく少し和らぎはじめた頃、悲劇がまた起きた。

 流行り病で、母が亡くなったのである。

 同時期にイザークの母も亡くなり、イザークはリアの家に引き取られることになった。

 


 リアとイザークの悲しみは深かった。

 だが、それ以上に堪えていたのはリアの父だった。

 最愛のひとを失った父はみるみる衰弱していった。 


「リア……ごめん。大切なおまえがいるのに……母様を失って……もう……父様はどうしたらよいかわからない……」


 生きる気力を失い、抜け殻のようになった父は、母を追うように他界した。

 リアもイザークも天涯孤独の身となった。



 しかし父の亡くなった日、家に人が訪れた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る