第十話(玲目線)

 優斗と夜空さんが水族館に行った夜ーー。


 一件のLINEが来た。優斗からだ。


『牧橋公園に来れるか?』

『うんうん、行けるよ』


 なんだろなぁ……お土産かな?

 

 私は急いで、靴を履き公園へ向かった。

 雲が黒く雨が降りそうな天気だ。


 牧橋公園なんかに呼び出して……もしかして、プロポーズ?

 楽しみだなぁ……。


 牧橋公園に着くと、そこには優斗だけではなく夜空さんもいた。


「なんで、夜空さん?」

「お、やっと来たか……」と優斗は立ち上がり、私のところへ来る。


 プロポーズかな……?

 きっと、そうだ。

 夜空さんにプロポーズの手伝いをしてもらってたんだ……高校生なのに、プロポーズって、ほんと優斗は私のことが好きだなぁ〜。


 優斗は私の目の前に来る。


「あのさ……玲……」

「はい」

「俺と別れてくれ……」


 その言葉を聞いた瞬間、頭の中が真っ白になった。

 別れてくれ? ……。

 一体何を言ってるのか、理解できなかった。

 だって、10年間も一緒に付き合っている彼氏からいきなり、「別れてくれ」なんて……。

 意味がわからなかった。


「言ってる、意味がわからないよ……」


 気づけば、私の目からは大粒の涙が垂れていた。


「……………」

「嘘だよね? ねぇ、嘘だよね?」


 信じたくない。

 何かのドッキリでしょ? きっとそうだ。

 ほんと、優斗は意地悪だなぁ。


「本当だよ……」


 その言葉を聞いた瞬間、目からは更に大量の涙が垂れる。


「意味がわからないよ、なんで? なんで……私のこと嫌いになっちゃった……?」


 嫌われる理由が思いつかなかった。

 私が何をしたのだろうか……。


 そんな私を笑う様に、雨がザァーと降り出した。

 

「あぁ、俺はお前が嫌いだ。殺したいほどに嫌いだ。お前も、俺の親友の翔吾も殺したいほど嫌いだ!」と優斗は怒鳴る様に言った。


 その言葉を聞いた瞬間、なぜ「別れる」なんて言ったのか理解ができた。


 ぁあー、やっぱり、あの物音は優斗だったんだ……。


 私は体を震わせながら「嘘だよね……ねぇ、嘘だよねぇ……」


「嘘なはずないだろ? 俺は、前にお前の家に財布を取りに行った時に聞いちまったんだよ……お前らが気持ちよさそうにしているのをさ……」

「そうだったんだね……」


 バレちゃってたのか……。


「私の体自由にしていいからさ……お願い、一からやり直そうよ……」

「そんな、汚い体、興奮しないよ。今の俺にはさ……だからさ、俺たち別れよ……」


 その後は何を言っていたのかは、覚えていない。

 けれど、私たちは別れたんだーー。



 私と翔吾がそういう関係になったのは、中学3年生の頃だったーー。


 受験勉強のせいか、ストレスの溜まった私はある日。

 私は色っぽい服装をしながら優斗と勉強をしていて、優斗を誘った。

 しかし、優斗にはそういった欲がなく結局行為には至らなかった。

 でも、私は自分じゃ抑えられないほどの欲を持っていてついに、優斗の親友の翔吾とした。

 翔吾も乗り気だったため、「しよ」と言ったらすぐにした。

 それから、初めは月一ぐらいだったのがどんどんと増えて、週一となった。

 いけないこととは、わかっている。

 でも、やめられなかった。

 私の家だけではなく翔吾の家、カラオケでもした。

 するたびに、少しずつ最初はあった優斗への罪悪感が薄れていった。



 優斗と夜空さんは手を繋ぎ帰っていった。


「待ってよ……」と手を伸ばした頃にはもう遅かった。

 

 どこで道を間違えてしまったのだろうかーー。

 私には理解できなかったーー。


 雨でぐちょぐちょになった地面に私は膝をつけて、空を見た。


 ぁあー、私のバカ……。


 しかし、なぜか優斗とは別れたはずなのに好きでたまらない。


 結婚したい、結婚したい。

 キスしたい、キスしたい。


「あ、そうだ……もう一度、付き合えばいいんだ……」


 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る