第六話

 土曜日の朝。


 昨日は何故か楽しみで胸の鼓動が速くなり寝付けず、一睡もしないで朝を迎えた。

 今日は、玲とのデート当日だ。


 デートと言っていいのかわからないが、一緒にクッキーの材料の買い物をして玲の家でクッキーを作るのだとか。

 初めは「私の家でクッキーを作ろ」と言われた時は、正直怖かった。

 もう2度とあの空間には立ち入りたくはなかった。

 でも、復讐のためだ。


 "俺よ、頑張れよ"と心の中で言って買い物の支度をした。

 


 待ち合わせの大きな時計のある広場にいると。


「優斗〜」と玲は手を振りながらこっちに来た。


 清楚な白色のワンピースを着ていて、前までの俺ならこう言っただろう「可愛い」と。

 しかし、今の俺には可愛いともなんとも思わなかった。


「お待たせー」

「ああ。ぜんぜんいいさ、それで。どこでクッキーの材料を買うんだ?」

「うーんとね……近くのスーパーかな」

「そうだな」


 俺たちはここから徒歩5分にあるスーパーに行くことにした。


 スーパーに着くまではいつもの登下校のように、心を殺して話した。


 スーパーには業務スーパーのように様々な食材やら日常品があった。


 今思うとこのスーパーに来るのも、小学生以来だな。


 玲はクッキーの材料をカゴの中に入れている。


 そこで、俺はひとつ疑問に感じた。

 何故、"クッキーを作るのか?"と。


「なぁ、玲」

「う〜ん? どうしたの〜?」

「なんで、クッキーなんて作ろうと思ったんだ?」

「忘れたの……」と玲は小さな声で呟いた。


 忘れた……?

 何を俺は忘れたと言うんだ?


「はい……?」


 玲は俺のところに近づいてきて「だ・か・ら!! 小さい頃約束したじゃん! 『付き合ってから10周年目はクッキー作ってお祝いする』って!」


 そういえばそうだった。

 忘れたといっても約3週間前までは、その日を楽しみにずっとしていた。

 あのが起こるまでは。


「ははは、そうだったな?」

「ひどい! 忘れてたなんてぇ〜!」

「ははは、ごめんよ」


 俺は作り笑いをしながらそう言う。


 前までは可愛いとも思っていたその姿は、ただただ、殴りたい・殺したいそう思う以外には無くなっていた。


 スーパーで買い物を終えて玲の家に着いた。


 玲が鍵を開けドアを開き、玲は中に入っていく。

 俺はそれに続いて中に入ろうとしたら……何故か、足が動かなかった。


 足はガタガタと震えている。


「ん? どうしたの〜? 中に入らないの?」


 頑張れ、俺!

 怖がるな、俺!


「入る入る」


 俺は恐れながらも、頑張って玲の家の中に入った。


「ただいま〜」

「お邪魔しまーす」


 玄関には靴が無いことから、どうやら両親はいないらしい。


「台所に荷物置いておけばいいな?」

「うん!」


 俺はリビングに行き、台所に荷物を置いた。


「優斗! ちょっと、私の部屋来てくれる?」と玲は2階から言う声が聞こえたため、2階に行く。


 しかし、玲の部屋のドアの前に立った瞬間。


 あの日の出来事が脳内を駆け巡った。


 はぁはぁ……怖がるな、恐るな……俺……。

 

 しかし、体は先ほどのようには動かなかった。


 額からは汗が流れる。


 復讐のためだ。

 頑張るんだ、俺……。


 大きく深呼吸をした後に俺はドアを開けた。


「ん? どうしたんだ?」


 心臓の鼓動はドクンドクンと速くなる。

 

 こいつらは……ここでヤったんだよな……。

 

 そう思うと今にもこいつを殺したいと思ってしまうため、俺は手で拳を作り強く握り、頑張って顔には出ないようにする。


「この、エプロンどう? 似合う? ……」


 玲は熊のついた可愛いらしい、エプロンをしていた。


「ああ、とても似合ってるよ」

「ほんと!? やったー!!」


 どんどんと、息が荒くなっていく。

 早く、この空間から抜け出したい。


「じゃぁ、クッキー作るか……」

「うん!」


 そして、ドアの方に張り返るときに、俺はベッドを見るとひとつゴムの袋が破られて置いてあった。


 つい最近もこいつら、したんだな……。


 その後は、台所に行きクッキーを作った。


 玲は昔から器用だったため、焦げ目などが何もない市販にありそうなほど綺麗なクッキーを作ることができた。


「じゃぁ、一緒に描こ!」とチョコの入ったペンを2人で握り『10周年おめでとー!』と、大きなクッキーに描いた。


 ぁあー、早くおわりますように俺たちの関係は。


 こうして、地獄の時間は過ぎていったーー。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る