カクヨム文芸倶楽部

作者 来冬 邦子

44

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

KAC第6回「私と読者と仲間たち」を題材にしたエッセイです。

カクヨムを始めた経緯などの、普段明かされない作者様の想いが綴られています。

日常生活の中で「小説書いてる?」なんて言葉を発する機会は、非常に少ないと思います。そんな寂しい想いを解消してくれる場所。
それがここカクヨムだったのかも知れません。

気の合う仲間と和気藹々と楽しく。

素晴らしく純粋なエッセイです。
優しくも温かい。穏やかな気持ちで包み込んでくれるでしょう。

どうぞ、拝読してみて下さい。
忘れていた何かを思い出すかも知れません。