第21話:私を襲うつもり!?──って疑われた

***


 しばらくすみれの寝顔を眺めていたら、また寝返りを打った。

 さっき掛けてあげた毛布がはだける。


 仕方ない。また毛布を掛け直してやるか。

 子供みたいだな。


 そう思ってすみれに近づき、両手で毛布を持ち上げた。

 なんだかふんわりといい香りがする。

 香水でもつけてるのかな。


 その時すみれが、突然ぱちりと目を開いた。


 ──うわ。


 仰向けに寝転んだままのすみれと、それを覗き込むような態勢の俺。

 至近距離で目が合って、ドキッとした。

 すみれも目をぱちくりしてる。

 そしてガバっと上半身を起こした。


 俺は慌てて身体を引く。


「は、春馬さん! 私を襲うつもり!?」


 ヤバい。眠っていたすみれに覆いかぶさるようにしてたから、確かに襲いかかろうとしてるように見える。


「いや、待て。そんなことはない!」


 なぜかすみれは、スカートの上から腰のあたりを両手で確かめるように触った。

 そして淡々とつぶやく。


「よかった。穿いてる」


 ──いや、そこかよ!


「こらこら! 勝手にパンツを脱がすわけなかろう!」

「襲うつもりだったんでしょ?」

「そんなつもりはない!誤解だっ! 俺は毛布をかけようとしただけだ!」

「だって春馬さん『襲ってやる』って言ってた気がする」


 なにを勝手な作り話をしとるんだよコイツ。


「言ってない! 断じて言ってない! ほら、こうやって毛布を握ってるだろ?」


 毛布を持った両手を、すみれの目の前に出した。

 そして毛布をひらひらと揺らして無実をアピールする。

 闘牛士かよ俺は?

 で、すみれは牛か?


 いや、そんなことはどうでもいいんだけど。

 すみれはまだ、疑わしげなジト目を向けてる。


「ふーん……まあそういうことにしとこ」

「俺、どんだけ信用ないんだよっ!」

「ううん、ちゃんと春馬さんを信用してるよ。きっとエロいことする人なんだって」


 こら待て。

 それは信用してるとは言わん。


「いや、いつ俺がエロいことをしたよ? 俺はそう勘違いされないようにめちゃくちゃ気をつけてるし、すみれには身の危険を感じさせないようにって、いつも細心の注意をだな……」


 必死な俺を見て、すみれはプッと吹き出した。


「冗談だよ春馬さん。なに熱弁してんの?」

「え?」


 しまった。つい激マジなリアクションしてしまった。


「ふぅーん、そうなんだ」

「そうなんだって、何がだよ」


 すみれのヤツ、ニヤニヤしてる。


「そんなにあたしを気遣ってくれてたんだ」

「いや、あの、えっと……」


 ああっ、くそっ。

 つい口を滑らせてしまった。


「そ、そうだよ。女子高生を一人暮らしの部屋に入れるんだから、それくらい当然の心遣いだ」

「ふぅーん……」


 なんだよ、じっと見やがって。

 まだ疑ってるのか?


 ──って思ってたら。


 突然すみれは目を細めた。


「春馬さん。ありがと」

「あっ……いや……」


 すみれはすっごく穏やかな顔でそう言った。

 どうした?

 素直すぎてちょっと怖い。

 また俺、からかわれてるのか?


「ど、どういたしまして」

「ふふっ……春馬さん……」

「なんだよ? まだなにかあるのか?」

「春馬さんがそう思ってくれてるの、前からわかってるよ。だからあたしも安心して、ここに来てるんだし」


 ──あ。


 そっか。それはすみれも感じてくれてたんだ。

 だから一人暮らしの男の部屋に平気で来てるのか。


「春馬さんって優しいね。毛布もかけてくれたし」

「は? 大人として当たり前のことだ」

「そっか。そんな春馬さん……好きだよ」

「え?」


 ふざけたような顔ではなく。

 いつものような拗ねたような感じでもなく。

 すみれは、ただただ素直にそう言った──ような気がした。


「あっ、いや……す、すみれっ! お、お、お、大人をからかうな!」

「あはは、春馬さんどうしたの? 顏真っ赤」

「ばっ、バカ! お前がそんなからかうようなことを言うからだ!」

「からかってなんかないよ。春馬さん優しいから、人として好きだよって思ってる」

「は? ひ……人として?」

「うん、そうだよ。なにか勘違いしたのかな? 春馬さんはエロおやじだから」


 ──くっ……やられた。


「勘違いなんかしてないし。なに言ってんだよ、くそガキなくせに」

「ふぅ~ん。くそガキね……」

「ああ、そうだよ。くそガキだ。それ以上でも以下でもない」

「あっそ。そんなくそガキに告られたって勘違いして真っ赤に…………まあいっか。なんでもない。ふふふ」

「ふふふってなんだよ。すみれこそ勘違いしてるぞ」

「ふふふは、ふふふだよ。それ以上でも以下でもない」


 すみれはニヤと笑って、さらに意地悪な顔をした。


「そうだよ。あたしは勘違いしてるぞ。春馬さんは実は……うふふ」


 くそっ、なんだよ、その楽しそうな顏は。


「勘違いすんな。俺はくそガキ相手に照れてなんかない。そんなことはどうでもいいから、ほら、コーヒー飲めよ」

「え?」

「あ、ちょっと冷めたか?」


 すみれはテーブルの上のコーヒーカップを手にして「ん、大丈夫」と言った。

 そして両手で包み込むようにカップを持って、ズズっとすする。


「ん……おいし」


 手が半分隠れるような長袖Tシャツのすみれのそんな姿は──可愛いかった。


「ほら春馬さん。見とれないの」

「バカ。誰も見とれてねぇっつうの」

「はいはい。そういうことにしとこ」


 っていうか、俺ヤバくないか?

 今日は何度も、すみれが可愛く見えてしまってる。


 まあでも──


 すみれがここに来始めた時は、いつも拗ねたような、無気力な顔をしてた。

 心から楽しそうに笑うなんて全然なかった。


 それを考えたら、こういう笑顔を見せるっていうことは──まあ俺も、ちょっとはコイツの役に立ってるって考えていいのかな。


 そう思うと、少し心が安らぐ気がした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る