第17話:コンビニ弁当ばっかじゃ身体に悪いよ

***


 それから翌日、翌々日と毎日のように、俺が帰宅してしばらくすると、すみれは我が家にやって来た。


 俺がコンビニ弁当を食ってる横で、黙々とゲームをする。俺が飯を食い終わった後は、ポツリポツリと大して中身のない会話を交わす。

 そして一時間ほどゲームしてすみれは帰って行く。


 そんなことが毎日続くと、まるでそれが当たり前の日常のように感じるから不思議だ。


「春馬さん。コンビニ弁当ばっかじゃ身体に悪いよ」


 今日の帰り際、すみれはそんなことを言った。


「そうかもな。でも仕事のある日は、飯作んのは面倒なんだよ」

「ふぅん。じゃあ明日は、ウチで晩ご飯作って持って来たげる」

「おいおい。親に怪訝に思われるぞ」

「大丈夫。いつも平日は、お母さんが仕事から帰って来る前にあたしが作ってるから」

「あ、そうなのか。えらくサービスがいいな。いつもここでゲームをやってるゲーセン代代わりか?」

「まあね。そんな感じ」


 さすがにすみれも、この状況は悪いなと思ってるってことか。案外可愛らしいとこがあるじゃないか。


「そっか。じゃあそうしてくれ」

「うん」

「でもあんまり気を使わなくてもいいぞ。明日だけでいいから」

「ふぅん。春馬さん、案外優しいとこがあるんだ」


 ──え?


 俺が考えてたのとおんなじようなことを言われた。


「案外は余計だ」

「案外だから案外だよ」


 すみれはなんだかふてぶてしくそう言った。

 それからしばらくして、すみれはゲーム機の電源を落として立ち上がった。


「じゃあ今日は帰る」

「ああ、気をつけて帰れよ」

「え?」


 すみれはきょとんとして、それからプッと吹き出した。

 ついつい決まり文句で言っちゃったけど、隣なんだから気をつけるもないか。言った俺もおかしくなる。


「じゃあね春馬さん。バイバイ」

「あ、ああ。バイバイ」


 すみれは「ククク」と笑いを噛み殺しながら帰って行った。




***


 翌日。金曜日の昼過ぎ。

 青井が完成させた提案書を携えて、俺と彼女は『ぬる高』の教頭室を再訪した。


「わかりました。よろしくお願いしますね」


 提案書をしっかりと説明した後、教頭先生はそう言って、発注書に印鑑を押してくれた。


 正式に言えば、学校法人入間由いるまゆ学園高校のウェブサイト。その企画からコンテンツ制作、サイト構築まで総合的に請け負う契約。


 締めて500万円の大型受注。

 それが正式に成立したのだった。




 その日の仕事が終わって、そろそろ帰ろうかという頃、青井が声をかけてきた。


綿貫わたぬき先輩。今日は奢ってくれるんですよね?」

「は? なんの話だ?」

「成果が出たら奢ってくれるって約束したじゃないですか。ちょうど明日は土曜日で休みだし。食事行きましょうよ」


 ああ、そう言えば。

 そんな約束をしたよな。


「おお、そうだな。行こっか」

「やったぁ~!」


 青井はショートヘアを揺らしながら、可愛くガッツポーズをする。


「あ、ついでに先輩の引越し祝いも兼ねましょうね」

「なんで俺のはついでなんだよ。まあ祝いなんて、してもらう気は最初っからなかったからいいけど」


 あ、そう言えば。

 今日は晩飯を届けてくれるってすみれが言ってたな。


 まあでもいいか。

 明日は仕事が休みだし、明日の昼に食えばいいな。一晩くらい腐らないだろ。


 俺はそう考えて、青井と契約の祝勝会に行くことにした。



***


「綿貫先輩。新居はどうですか?」


 ちょっとお洒落な居酒屋で飲んでたら、青井がそんなことを訊いてきた。


「え? ど、どうって?」


 新居という言葉にすみれの顔が浮かんで、ちょっとキョドってしまった。


「もう綺麗に片づきましたか?」

「あ、ああそれな。元々ほとんど荷物はないからさ。あっという間に片づいた」

「そうですか。良かったです。心機一転できそうですか?」


 俺が失恋をきっかけに引越したことは、青井には言ってある。


「ああ、もう大丈夫だ」


 そう言えば、引越ししてからあんまり香織かおりのことは思い出してない。これはきっとすみれのせいだ。非日常的なできごとが多すぎてバタバタしてるから。


「綿貫先輩はいつも前向きですもんねぇ」

「そうだな。『前向きに行こーぜ』が俺のポリシーだ」

「私も賛成です」


 青井はそう言って、少し酔って赤らんだ顔で目を細めた。



***


 居酒屋を出て、俺は帰路に着いた。


 青井は「明日は休みなんだから、もう一軒行きましょーよ」と言った。

 だけど俺も青井も結構酔ってる感じだったし、俺は「またの機会にな」と言って、今日は帰ることにした。


 最寄り駅から我が家に歩いてる時にふと思い出した。

 そういや、すみれが晩飯を届けるって言ってたんだった。玄関先にでも置いてくれてるんだろうか。


 それとも玄関ドア横にパイプスペースがあるから、その扉の中に入れてるかもしれない。宅配便業者なんかがよく使うスペースだ。


 夜道を歩いて、我が家のマンションが見えるところまで来た。

 白い外壁のマンション。

 そのエントランスの横に、Tシャツ姿で細身の女の子が、壁に背を預けて立っていた。手にはビニール袋を下げている。


 ──ん?


 すみれか?

 なんであんなとこにつっ立ってんだ?


 俺が近づくと、すみれはギロっと怖い目で俺を睨んだ。


「遅いよ春馬さん。なにしてたの?」


 開口一番。とても不機嫌に言い放ったすみれに、俺はドキリとした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る