第14話:青井も成長したもんだ

**


綿貫わたぬき先輩! 提案書を作りました。見てください」


 翌日の午後。

 デスクで机に向かっていたら青井あおい 加奈かなの声が聞こえて顔を上げた。

 目の前には自信満々なドヤ顔をした青井が立っている。


「お? 早いな」


 昨日『ぬる高』でのヒアリング調査を踏まえた提案だ。

 青井め、仕事が早い。熱意が溢れている。

 自分の母校を応援する仕事だから、なおさら力が入っているのかもしれない。


 青井の作った提案書に目を通す。

 うん、なかなかいい所に目を付けてる。


「いいと思う。生徒にヒアリングした内容もよくまとめてるし、どこに注目するかもいいポイントをついてるよ」

「やったぁ! ありがとうございます!」


 青井は可愛くガッツポーズして、満面の笑みを見せた。ショートカットがゆらゆら揺れる。


「この線でもうちょい掘り下げていこう」

「はい。いい意見を出してくれた生徒さんには、追加のヒアリングをさせてもらうよう、教頭先生にお願いしときますね」

「うん、そうだな」

「特に白澤しらさわさんと春待はるまちさんの二人は良かったですね。的確な意見を言ってくれてたし」


 確かに白澤さんは積極的に、役に立つ意見を言ってくれていた。


「え? 春待って子は、白澤さんの影に隠れてあんまり喋ってなかったよな」

「でも時折ボソボソっと話す意見が、なかなか的を射てましたね。あの子きっと頭がいいんだと思います」

「そっか」


 なるほど。すみれに対する評価も高いな。

 なんかちょっと嬉しく思う。


 ──あ、いや。アイツがどんな評価だろうと俺には関係ない。


 それにしてもこの分析力やまとめる力。青井も成長したもんだ。

 元々入社してきた時から、体育会系らしくガッツはあった。だけど新人の頃はポカをやらかすことも多くて、フォローするのに手間がかかったものだ。


 それが一年経って、しっかりとした提案書を作れるようになるなんて。青井の前向きさとガッツの賜物だな。

 俺も高校まで柔道をやってたし、体育会系のノリは嫌いではない。


 先輩としては感無量でござるぞ。


「どうしたんですか綿貫先輩。ニヤニヤしてますよ」

「いやあ。青井も成長したなぁって感激してるんだよ」

「それもこれも綿貫先輩のおかげですよ」

「そっか?」


 嬉しいことを言ってくれる。

 いやホント、青井はいい後輩だよなぁ。


「はい。だから美味しいものでも奢ってください!」

「は? それ逆じゃね? お前に奢ってくれとまでは言わないけど、奢るのはちゃんと成果を挙げてからだ」

「ええーっ!? 綿貫先輩のケチっ!」

「ケチじゃないだろっ」


 なんか俺、昨日も『ケチ』って言われた気がする。俺ってケチなのか?

 違うよな?

 言ってるヤツらがワガママなだけだよな?


「仕方ないです。じゃあ百歩譲って、成果が出たら奢ってもらいます」

「百歩譲ってそれかよ。譲るんなら、『奢ってもらわなくて結構です』って言え」

「いいえ。奢っては貰いますから」


 青井はニヤと笑ってる。


「わかったよ」


 はあっ……

 成長したはいいけど、コイツもかわいげがなくなってきたよな。とほほ。

 でもまあ、なんやかんや言いながら、明るくて仕事のパートナーとしてはいいヤツだ。


 俺は改めてそう思った。




***


 その日の夜もコンビニ弁当を買って帰宅した。

 レンジで弁当を温めて、さあ食おうかと思った時に玄関のチャイムが鳴る。時計を見ると六時半。

 この部屋に来ることを昨日認めたし、きっとすみれだな。アイツ、ホントに俺が帰ってきたタイミング良く来るよなぁ。


 玄関まで行ってドアのスコープを覗いた。


「なんだコレ?」


 目の前に見えたのは、四角いカードのようなもの。『春待すみれ殿 入室許可証』と印字されてる。

 ん? 『有効期限:永遠』……?


 またワケのわからんことをしおって。

 俺は呆れ返りながら鍵を開けた。

 ドアを開けた瞬間、隙間から身体を滑り込ませるようにしてすみれが入ってくる。


「まいど」

「まいどじゃねぇよ。なんだお前は。関西商人かよ?」


 まあ確かに、毎度毎度お騒がせに来るけど。


 靴を脱いだすみれは、勝手に廊下をずんずん歩いて室内に入っていく。


「あ、こら。ちょい待て」

「ここに来るのを心待ちにしてたんだから待てない」

「なんだよ。そんなに俺に会いたかったのか?」


 もちろん冗談で言った。しかしその言葉ですみれはピタリ立ち止まった。そして振り返る。


 今日も、ちょっと近所まで出かけました的な服装。Tシャツに黒いフレアのミニスカート。


 いや、今までと同じようだけど、なんとなくTシャツがこれまでよりもお洒落だな。英字のロゴとクールなイラスト入りだ。


 今までよりちょっとだけよそ行きな感じ?

 ん~、よくわからんけど。


 でも相変わらず胸はデカいし、脚は長くて綺麗だ。そんなとこを強調するようなカッコで、一人暮らしの男の部屋に来るなよ。


 あ、いやいや。ガキ相手にそんなことを考えちゃいかんぞ俺。


「は? 違うって昨日はっきりと言ったでしょ? キモっ!」

「あ、いや……キモって言うな。冗談だよ!」

「冗談でもそんなこ言わないでよ。絶対に違うんだから」


 絶対に違うとか、そんなことは改めて念押ししなくてもわかってるさ。そんなに嫌そうな顔しなくてもいいのに、とも思うけれども。

 まあどうせコイツはくそガキだ。気にしないでおこう。


「そんなことより早く『あつみん』やりたい。ずっと我慢してたんだから」


 ああ、やっぱり『あつみん』をやりたくて、ここに来るのを心待ちにしてたわけだね。


「知るかよ。それよりも、さっきの許可証ってなんだ?」

「許可証ってのはね春馬さん。許可を得たことを証明するためのもの」

「そんなのわかっとるわ! なんのためにそんな物を作ったのか聞いてんだよ」

「面白いでしょ? 部屋に入れてもらうお礼に、春馬さんを楽しませてあげようと思って」

「は? お前、俺の部屋に来る度に、毎回なんやかんやと変なことするけどな。俺は全然楽しんでないぞ」


 やることがガキの遊びかよ。

 いやまさか、そんなもので俺が喜ぶって本気で思われてるのか?


「わざわざそんなもん作ってる暇があったら勉強しろよ。高校生なんだから」

「いいよ。勉強なんかしても意味ない」

「は? 学生の本分は勉強だぞ」

「ふぅーん。春馬さんは学生時代勉強ばっかしてたんだ。偉いね」


 ちょっとトゲのある言葉に、ちょっとタジっとなった。

 正直言って俺は、まったく勉強なんかしなかった。だからこその三流大出だ。だけど大反省してるかって言うと……あんまりしてないな。


 いかんな。自分がしてなかったくせに、大人になった途端、偉そうにそんなこと言うなんて。


「すまん。俺は全然勉強してこなかった」

「え?」


 すみれはきょとんとした。そして口に手を当て、プッと吹き出す。


「春馬さんって素直だね」

「うっせえ。嘘はつきたくないだけだよ」

「いや、いいよいいよ。可愛いよ」

「は? 可愛いだと?」


 6コも歳下の女にバカにされた。

 ショックだ……


「じゃああたしは『あつみん』するから。春馬さんは晩ご飯ゆっくり食べて」


 丸テーブルに置いたままのコンビニ弁当に目をやりながらそう言って、すみれはゲーム機にソフトのカートリッジを差し込んだ。


 まあいいか。とにかく飯を食おう。

 テレビの前に座り込むすみれを横目に、俺も座って弁当を食べ始めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る