第12話:可愛いぞ、ジョシコーセー

「由美香がね。春馬さんのこと、カッコいいって言ってたよ」

「え……?」


 マジか?

 ──あ、いかん。一瞬信じそうになった。


 コイツの言うことだ。また嘘に決まってる。


「もうすみれの嘘には騙されん」

「ホントだって」

「嘘だ」

「ホント。ねえ春馬さん。由美香、紹介してあげよっか?」」

「はあ? なんで?」

「由美香って可愛いでしょ」

「あ、ああ。まあな」

「ほら、ようやく認めた」

「あ……」


 しまった。うっかり本音が出ちまった。


「由美香も春馬さんを気に入ってるみたいだし、だから紹介してあげるって言ってんの。実際に紹介して会ったら、あたしが言ってるのが嘘じゃないってわかるし」


 もしかして、ホントなのか?

 すみれは真顔だし、もしかして俺にモテ期がやってきてるとか?


 ──あ、いやいや。


 何考えてんだ俺は。

 由美香ちゃんって確かに可愛かったけどまだ高校生だ。すみれみたいにくそガキではないけど、ガキであることは間違いない。


「いや、いらん」

「なんで? 可愛いジョシコーセーの彼女ができちゃうかもよ?」


 すみれは首を横に傾けながら、いじわるそうにニヤニヤしてる。


「いらんわ」

「なんでよ? 可愛いぞ、ジョシコーセー」

「女子高生なんてくそウザいガキの知り合いは、すみれ一人で充分だ。これ以上増やしたくない」

「そっか。でも由美香は可愛いよぉ」

「別に。すみれだって可愛いじゃねえか」

「へ?」


 すみれをからかってやろうと思ってふざけて言った。

 まあふざけてと言っても、コイツが可愛い顔をしてるのは事実だ。だがいかんせん性格が可愛くない。


 だけどすみれは俺の想像よりもからかいに弱いのか、変な声を出しやがった。案外ピュアかよ。


「え、えっと……今日はその……由美香が春馬さんをカッコいいって言ってたよって言いに来た」

「なにそれ」

「あ、だって春馬さんがさっき『何しに来たんだよ?』って訊いたけど、あたしまだ答えてなかったから」

「なんだよ今頃。律儀かよ。そんな質問したことすら忘れてたぞ」

「そだよ。あたしは律儀だからね」

「ふぅーん。じゃあ用が済んだんならもういいだろ。帰れ」


 俺が冷たくそう言うと、すみれの大きな瞳がキョトキョトと泳いだ。


「ヤダ。今から『あつみん』やるんだから」

「は? お前、ホントはゲームしに来たんだろ?」

「うん、まあそれもあって来た」

「帰れよ。今日は俺は仕事で疲れてるんだ」

「うーむ……」

「うーむ、じゃねえ。そもそもこんな夜に、人んちにゲームしに来るなよ」

「だって昼間は春馬さんいなんだもん」

「当たり前だ。仕事してる。だいたいこんな夜に出歩いてて、すみれの親御さんはなんにも言わないのか?」

「言わない」

「なんで?」

「なんでって言うか……親はあたしに興味がないから」


 なんか今、とんでもないことをしれっと言いやがったな。ホントだとすると、すみれんは訳アリってことか。


「とにかく夜遅くに、女子高生が一人暮らしの男の家に来るのなんかダメだ」

「だったら鍵貸してよ。夕方に来て、早めに帰るから」

「なに言ってんだ。だからもう来るなって言ってるんだよ」

「ここはせっかくのあたしのオアシスみたいな場所なのに」

「だからそれは、橘さんが住んでた時の話だろ? 今は俺の部屋だ」

「でもゲーム機がある」

「この部屋はゲーセン代わりかよっ?」

「まあ、そんなもん」

「違うわい! そんなもんって言うな!」


 ──ダメだコイツ。埒が明かん。


 なんか心が折れそうだ。

 そのうち、ゲームをやりに来るくらいならいいって、認めてしまいそうだよトホホ。


 いや、気をしっかり持つんだ、俺!


「わかった。じゃあ今日は帰るよ」


 ──ん?


 突然すみれは、やれやれといった感じに肩をすくめた。ようやく諦めてくれたみたいだ。ホッとした。


 そんな俺の気の緩みをついて、突然すみれがローテーブルの上に手を伸ばした。そしてテーブルに置いてあった部屋の鍵をガッシと握る。


「預かっとくね」

「は? なんだと? 返せよ」

「やだ」

「なんでだ?」

「この部屋に自由に来れるように」

「だめだ。二度と来るな。俺とすみれは赤の他人だ」

「でも春馬さんも可愛いJKを生で見れるメリットがあるよ。ウィンウィンの関係だ」

「アホか。自分で可愛いって言うか?」

「さっき春馬さんが言ったくせに。あれはウソ? いたいけな女子高生を、大人の男が騙しただけ?」

「恐ろしい言い方するな! 俺が鬼畜みたいじゃないか。嘘じゃない。すみれは可愛いよ!」


 あんまりコイツを可愛いなんて言いたくない。くそウザイヤツだし、つけあがるに決まってる。

 だけどイライラして、やけくそに言ってしまった。


「はは。認めたね」

「いいから鍵返せ」

「ヤダ。じゃあね、バイバイ」


 すみれは手を振って、そのまま廊下に向かって歩きだした。

 なんてやつだ。人の部屋の鍵を奪って逃走するつもりか!?


「コラ待て!」


 俺はつい焦って、すみれの後ろから腕をぐっと掴んで引っ張った。


「あんっ……」


 態勢を崩したすみれが、妙に艶めかしい声を上げて俺の方に振り向いた。そしてそのまま頭から倒れ込んできて、俺の胸にドンとすみれの頭がぶつかる。

 俺もバランスを崩して、すみれの胸と俺の胸が密着したまま仰向けに倒れた。


 ──しまった。


 高校まで柔道をやってたくせに、こんなことくらいでバランスを崩すなんて。俺もなまったもんだ。


 ドスンという鈍い音と共に背中が床に打ち付けられる。

 しかし痛みはなんら問題ない。


 俺の身体の上にはすみれの華奢な身体。

 ケガをさせるわけにはいかない。


 俺は両手を前に出して、すみれの身体を支えた。すると両手に、ぐにゃりと柔らかな感触が広がった。


「あ……」


 半開きのすみれの唇から吐息が漏れた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る