第8話:家庭的な匂い

***


 動画視聴サービスでゾンビ映画を観ながら、すみれが料理するのを待った。

 しばらくすると、室内に肉じゃがのいい匂いが漂ってきた。


 キッチンの方を見ても、洋室と隔てるドアは閉まってるから、すみれの細かな動きはわからない。

 だけど時折聞こえる物音やドアのスリットガラスに映る人影で、すみれが忙しく作業をしていることがわかる。


 ──新婚生活って、こんな感じだったのかな。


 ふと香織かおりのことが頭をよぎった。

 学生時代からの楽しかった思い出。懐かしい日々。そんなことが思い浮かぶ。


 いや。香織のことは振り返らないで、前向きに生きようと決めたじゃないか。


 ──前向きに行こーぜ!


 それが俺のポリシーだ。


 今この部屋のキッチンに立っているのは、香織じゃないんだよ。

 俺は改めて自分にそう言い聞かせる。


 そう。今キッチンに立っているのは──女子高生。


 ──いやいやいや!


 いきなり思考が現実に引き戻された。


 改めて考えると、結構ヤバくないかこの状況?

 どこの誰だかわからない女子高生(あくまで自称だが)が、俺の部屋のキッチンに立っている。


 晩飯を食ったら、ホントに二度と来ないんだろうな。いや、二度と来ないように、重々言い聞かせなきゃならない。


 その時突然ドアがガチャリと開いた。


「うわっ!」


 いかん。なんか色々考えてたから、急にすみれの姿を見て焦ってしまった。


「ん……なに?」

「いや、何でもない」

「でき上がったから運ぶよ」

「お、おう。手伝うよ」

「お願い」


 また『邪魔だ』とか言われるかと思ったけど……案外素直だな。


 それにしても、ドアを開けて一気に流れ込んできた肉じゃがの匂いが、めちゃくちゃ旨そうで食欲をそそる。味噌汁のいい香りもした。


 すみれと二人で手分けして料理を部屋に運んだ。一人向けのちっちゃなローテーブルが、あっという間にお皿でいっぱいになる。


 ──ん?


 テーブルの前に座ると、違和感に気づいた。

 なぜか二人分、箸が置いてある。

 俺の前にあるのは、今朝、俺が段ボール箱から出して、キッチンの引き出しに入れたものだ。だから良しとしよう。


 けどすみれの前にある赤い箸はなんだ?


「いただきます」


 すみれは何事もなかったように、その赤い箸を両手に挟んでペコリと頭を下げた。


「あの……すみれ?」

「ん? 遠慮しないで食べなよ。別におあずけなんて言ってないでしょ」


 ──俺は犬か!?


「いや、そうじゃなくて。その箸は?」

「食材と一緒にさっき買ってきた」

「は?」

「毎回割り箸だと不便だからさ。地球環境にも良くないし」


 ほぉ。高校生なのに、環境問題に興味を持つなんて立派じゃないか。


 ──じゃなくて!


「毎回って、お前、これからも来るつもりかっ?」

「うん、そうだけど」


 極めて当たり前のように答えてから、すみれは肉じゃがを口に入れた。


「うん、美味しい。上手くできてる」


 いつもは無表情か怒った顔が多いすみれが、目を細めてコクリと頷いた。

 コイツ、笑うと優しそうに見えるんだよなぁ。


「ほら。春馬さんもどうぞ」

「いや……どうぞじゃなくだな。お前な……」

「そんな話は後でいいでしょ。ちゃんと食べないと、作ってくれた人に失礼だよ」

「あ……」


 失礼って……

 人様の家に勝手に来ることを決める方が、よっぽど失礼だっての。


 ──とは思ったが。


 目の前の肉じゃががあまりに魅力的に見える。匂いも俺の食欲をビシバシ刺激する。

 それにすみれが言う『食べるのを後回しにして他の話をするのは失礼』というのにも一理はある。


「わかったよ。食うよ」

「どうぞ」


 俺も肉じゃがをひと口頬張った。

 じゃが芋が口の中で、ほろほろと優しく溶ける。中までしっかり煮えてて、芯の残りは全然ない。

 味も濃すぎず薄すぎず、出汁の香りも良い。

 

 なんだこりゃ!?


「う……旨い。旨すぎる」


 思わずそう口にしていた。

 いやマジで旨いぞコレ。


 味噌汁もコクがあって絶品だ。

 コイツ、めちゃくちゃ料理上手だな。


 あ然としてすみれを見た。すみれは何も言わないけど、いかにも『当然でしょ』なんて顔をしてる。


 ちょっと悔しいが、俺は無我夢中ですみれの料理を食べた。そして気がついたら、あっという間に食べ終わってた。


「ご、ごちそうさま」

「お粗末さま」

「いや……お粗末って言うか……マジ旨かった。すみれって料理上手なんだな」

「お世辞なんかいいよ」


 言い方はつっけんどんだが、すみれはちょっと照れ臭そうに顔をほころぼせた。鼻の頭をポリポリと掻いてる。

 そういやコイツ、よくこの仕草をするよな。だいたい照れ臭いような時だ。


 すみれのことが一つわかって、なんだかちょっと嬉しい気がした。


 ──あ、いや。何を喜んでるんだよ。


 もう二度と会わない相手だ。わかろうがわかるまいが関係ない。


 すみれも食べ終わった。


「片づけは俺がする」

「それもあたしがやる。昨日は春馬さんが食器洗いまでやったんだから」

「いや俺がやる。ここまで手の込んだ料理を作ってもらったんだ。片づけまでやらせたら、俺の料理と釣り合いが取れない」

「ん……真面目かお前」


 俺の口調を真似てすみれはそう言った。

 今日コイツが来た時に俺が言ったセリフそのままだ。


「そうだよ。真面目なんだよ俺は」

「ふぅん」

「これでお返しは充分だ。だからもう帰れ」

「あ、うん。わかった」


 ──あれ?


 昨日みたいにもっと渋るかと思ったら、案外素直に了承したな。意外だ。やっぱり単に昨日のお返しをしに来ただけなのかな。


 でもまた来られても困るし、念押しをしとこう。


「ホントにこれでお返しは充分だからな。二度と来るなよ」


 すみれは真顔で俺をじっと見つめてる。何か不満があるのか?

 いや。不満と言うより、すみれの瞳は何か寂しげにも見える。


「……もう二度と来ない」


 最初の方はぶつぶつと小声で、よく聞き取れなかった。だけどすみれははっきりと、もう二度と来ないって言った。


 これでいい。コイツが寂しげな目をしてようがしてまいが、俺には関係ない。女子高生が一人暮らしの男の部屋になんか来ない方がいい。


 すみれは案外律儀だし、これだけはっきり断言したんだから、きっと約束は守る……よな?


「嘘つくなよ」

「ジョシコーセー嘘つかない」


 ん? また片言のような棒読み。ふざけたような言い方が、今イチ信用できないけど、ホントに大丈夫か?


「なあすみれ。お前は橘さんの友達だからこの部屋に来てたんだろ。だけど今は俺の部屋だ」

「わかってる」

「俺とすみれは赤の他人でなんの関係もないんだ」

「ん……そっかな……」


 どうした?

 すみれは心なしかモジモジして、手でお腹をさすってる。


「あたしの中に……春馬はるまさんがいる」

「えっ?」


 え? え? え?

 どゆこと?

 赤ちゃんができた?

 

 あ、いや、赤ちゃんができるようなことはしてない。してない……よな?

 それとも俺の記憶がぶっ飛んでるだけで、気づかぬうちにそういうことをしてたとか?


 いやいやいや!

 いくらなんでも、そりゃあり得ないだろ。

 すみれのヤツが俺をからかってるんだよな?


「おいすみれ。どういう意味だ?」

「あたしの苗字。『はるまち』っ文字の中に、『はるま』って文字がある」

「は?」


 なるほど。確かに。

 春の字が共通していることは気づいていたが、『はるま』まで一緒だってことまで気が回っていなかった。

 コイツ、面白いことに気づいたな。


 ──って感心してる場合か!


 くそガキにからかわれてしまった。腹立つ。


「……で。なんでお腹をさすってるんだ?」

「さっきお腹いっぱい食べたから苦しい」

「はぁ? 紛らわしい仕草すんな!」

「紛らわしい? 何が?」


 すみれはきょとんとしている。


 ──あ。コイツわざとじゃなくて、無意識だったみたいだ。


「あ、いや、なんでもない。気にすんな。とにかくもう来んなよ。絶対だぞ」

「まあ、さっき言ったとおりだから」

「それならいい」


 すみれはそのまま素直に玄関に向かった。玄関から出るすみれを見送って、俺は玄関ドアの鍵を締めた。


 ──ふうっ。


 これでホントに、嵐は過ぎ去った。

 ひと安心して、二人分の食器を洗い始める。


 部屋の中にまだ残っている肉じゃがの匂いが、なんだかとても家庭的な感じがした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る