第2話:その女はなぜかゲームをし続ける

 急にゲームを再開した女は、何も答えずに画面に向かって操作をしている。

 画面を見ると『あつまれみんなの森』っていう、無人島でのスローライフを楽しむゲームが映ってる。


 確か今日、最新版が発売されたはずだ。

 ああ、コレ。超話題になってるし、やってみたいと思ってたんだよなぁ。


「おいお前。なにやってんだよ?」

「あつみん」


 女は相変わらず背を向けたまま無機質な声で答えた。あつみんってのは、このゲームの略称だ。


「そんなことは見りゃわかるわい! なんで帰らないのか聞いてんだよ」

「だって、せっかく発売日の今日に、わざわざ並んで買ってきたんだよ。ずっと楽しみにしてたんだから。今やり始めたとこだからやめられない」

「おお、そうか。そりゃ途中でやめられないよな……とでも言うと思ってるんかい!? 自分の家でやれよ!」

「うちにはゲーム機がないからできない」

「は? じゃあなんでソフトを買ったんだよ?」

「初めからここでやるつもりだったし」

「なんだって? そんなの知るかよ。ここはもう俺の家だ。ゲームは諦めて帰れ!」


 いかん。腹立ちまぎれに、思わず大きな声をあげてしまった。

 だけどそんな俺の声を無視して、女は俺に背中を向けたままゲームを続けている。


 なんだコイツ?

 見知らぬ男の部屋に上がり込んで、なんで平気な顔でゲームに興じることができるんだよ?


 まあ男の部屋の鍵を持ってて、勝手に入るようなヤツだからな。貞操観念なんてものはないビッチなんだろう。


「お前なぁ。ゲームやめられないって、ガキかよ」

「ガキじゃないし。もう高三だし」

「は?」


 高校三年生!?

 二十歳はたち過ぎかと思ったけど、妹の夏実と同い年かよ?

 ウソだろー!


 顔を歪めて俺を睨みつけるような女が。

 恋人なのかも知らんが、男の部屋に平気で上がり込むようなビッチが。


 ホントに夏実とおんなじ高校三年生なのか?


「まあ確かに、鍵を預かって男と半同棲みたいなことをしてるんだからな。ガキではないな」


 今まで俺が話しかけてもゲームの手を止めなかったのに、女は急に手を動かすのをやめた。そして上半身をひねって俺を向く。赤っぽい茶髪が巻くように揺れた。


「男と半同棲って……なんの話?」

「なんの話って。橘 優樹さんって、お前の彼氏なんだろ?」


 ──いや、彼氏だったって方が正しい表現か?


「アンタなに言ってんの? 優樹さんは女だよ?」

「は?」

「名前でよく間違われるって言ってたけど。橘優樹さんは正真正銘の女。……って言うか、すっごく美人で優しくて、最高のお姉さん」

「そうなのか?」

「そだよ。アンタそんなことも知らないで、ホントに優樹さんの知り合いなの?」

「俺の直接の知り合いじゃない。さっきも言ったとおり、俺の母と橘さんのお母さんが知り合いなんだ。俺は直接橘さんには会ったことはない」

「あっそ」


 なんだよ、その雑な返答は。

 またテレビに向かってゲームを始めたよ。

 なんだコイツ?


「おいお前」


 俺が声をかけても、まったく動じることなくゲームを続けてやがる。画面ではキャラが海で釣りをしてる。


「おいお前って。無視すんなよ」


 ──あ。


 ゲーム画面で、なんかやたらと大きな魚が釣れた。


「やった。レアな魚ゲット」

「すげえな、やったじゃないか! ……って、違うだろっ! おいお前。なんで無視すんだよ!」


 さすがにイラつく。

 コイツがなにを考えてんだか、まったくわからん。


 ──と思ってたら、いきなり振り向いて、また冷たい視線で睨まれた。


「んもう。うるさいって。せっかくレアなのが釣れたのに」

「知るかよ。さっきから何度も呼びかけてるのに無視するからだよ」

「呼びかけた? あたしはお前じゃないし」

「知るかよ。お前の名前なんか知らねぇんだから、お前としか言いようがない。それにお前だって俺をアンタ呼ばわりしてるじゃないか。俺は名乗ったはずだぞ。綿貫わたぬき 春馬はるまって名前をな」

「ふんっ」


 ありゃ。

 またテレビを向きやがった。

 とことん無視かよ。


 くそっ、こうなったら実力行使だ。

 身体を抱きかかえて放り出してやる。


 そう思って、ゲームをして丸まってる彼女の背中を見た。


 Tシャツに包まれた華奢な身体。

 赤い髪が流れる背中には、ブラのラインが透けて見えている。


 いかんいかん。いくら勝手に部屋に入ってるコイツが悪いとは言え、こんな背中に抱きついたらマズい。

 襲われたと主張されたら反論できない。


 ん~……

 コイツの名前を聞き出して、名前で呼びかけるしかないか。


「なあお前……」

「すみれ」

「は?」

春待はるまち すみれだよ。あたしの名前」


 振り向かずにゲームを続けたまま、女は名乗った。


 ──へぇ、春待すみれか。


 春を待つすみれね。

 そう言えばすみれって、春先に咲く花だよな。名字にぴったりの名前だ。

 いい名前だな。

 ……なんて感心してる場合じゃない!


「おい春待はるまち

「すみれ」

「え?」

「す・み・れ」


 彼女は相変わらず背中を向けたまま、自分の名前を繰り返した。


「あ、ああそっか。おい、すみれ」

「……ん? なに、春馬はるまさん」


 ようやくゲームの手を止めて、気だるげに振り返った。改めて見るとかなりの美人だ。しかも物憂げな瞳と半開きの唇がエロくて、ドキリと鼓動が跳ねる。


 いやいや待て待て。

 コイツは6コも歳下のくそガキだぞ。

 ドキドキしてどうすんだ。


 コイツに大人の威厳ってヤツを見せつけてやらねばならぬ。


 でも俺が名前で呼んだら、ちゃんと名前で呼び返してくれた。ビッチかと思ったけど、案外真面目なのか?


「いつまでここにいるつもりなんだよ?」

「ん……ゲームがひと段落つくまで」

「ひと段落っていつだよ。そのゲームって、エンドはないよな?」

「まあ、無いね」

「まあ無いね、じゃねえよ。終わるのはいつなんだよ?」

「この世の終わりが来たら」

「は?」

「ウソだよ。アメリカンジョークってヤツだよ。そんなマジな顏すんなって。ウケる。適当に帰るから大丈夫だよ」


 すみれはそう言って、また画面を向いてしまった。ピコピコとキャラを動かしている。

 いや待て。それは決してアメリカンジョークではないぞ。


 俺は心の中でそうツッコミを入れた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る