第8話 やっぱりコレ、ミヤビさまのミス?

「な、ななな……」


 ステータス画面をえんえんとスクロールして……

 軽く100を超えるそのスキルの数に、気が遠くなるぼく。


「まさかコレ……勇者のステータス!?」


 勇者時代の記憶をたどれば、たしかにどれも見覚えのあるモノばかり。

 それというのも勇者召喚されて間もない頃、このスキルのリストを元に……


「ひとつづつ、確認していったから……ね」


 例えば剣術……

 剣の達人を呼んでおいて、剣を持ったぼくと模擬戦をする。

 すると、その剣をしばらく受けているだけで、剣術のスキルが覚醒したんだ。


「そうしたらもう、あとは勝手に身体が動いてくれるとか……」

「ホント勇者のスキルって、反則だよねぇ」

「しかもレベル1じゃなくて、最初からレベル80オーバーだし?」


 そうやって、100個以上のスキルをコツコツとチェックしていって、

 1週間も過ぎる頃には、すべての上級スキルを覚えた勇者のできあがり♪


「なんでも召喚勇者のための、そういうマニュアルが伝わってるそうだけど……」

「どの先生たちもすぐにぼくにマネされちゃって、ビミョーな顔してたなぁ」

「って! そーじゃない!?」

「そもそも勇者時代のステータスが、なんでぼくに!?」


 やっぱり……ぼくが前世の記憶を取り戻したから?

 それでいまのぼくと混じったことで、使えるようになっちゃった──

 って、考えるのがいちばんそれっぽい。


「うぅ ミヤビさまが、また夢まくらに立ってくれればいいんだけど……」


 でも前にお話ししたときは、勇者をもういちどやれってハナシは全然なかった。

 しかもいまは魔王のいない、わりと平和な時期だし?


「やっぱりコレ……ミヤビさまのミス? だよねぇ」

「うーん、ちょっと考えてみよう……」


 ステータスが勇者時代のものなのは、とりあえずわかった。

 まだそれが使えるかどうかはわからないけど……

 もし使えないなら、そこでお話しは終わり。

 ただの表記ミス、うん。


「じゃあ、使えちゃったら?」


 しかも魔王決戦後の、最強勇者のチカラが使えることになっちゃう!?

 こんな、ただの村の少年のぼくに!?


「お、おちつけ……ぼく! すぅぅぅ はぁぁぁ」


 何度も何度も深呼吸をして、必死に落ちつこうとするぼく。

 その甲斐もあって、なんとか頭が動くようになってきた。


「え、ええと……じゃあもし使えるとしたら」

「それは【ラッキー♪】なの? それとも【ガーンっ!?】なの?」


 そう考えると……

 やっぱり、チカラはあったほうがいい?

 魔物に襲われても身を守ることができるし、それが魔族でも勝てるはず。

 というか、前世のぼくは魔王以外には負けていないんだ。


「じゃあ逆に、このチカラの良くないところは……」


 まっさきに思いつくのが、勇者のチカラを利用されること。

 軍隊とか騎士団に組み込まれるかもしれない。

 ただこれは、誰にも教えなければ、そうならずに済むかもだけど……


「あとは……魔族かなぁ」


 勇者は魔王の天敵なんだ。

 だから勇者時代は魔王軍に、やたらに襲われたっけ……

 正面からぶつかってくるのもいれば、人族をだまして襲わせる卑怯なのもいた。


「ぜんぶ、やっつけたけどね~」

「けど……魔族にバレないようにするには、かぁ」


 【万物真理ステータス】を使えば、偽装とかはできるはずだし?

 だから冒険者ギルドのステータスの検査アイテム程度なら、ごまかせると思う。


「それが魔族にも通じれば……いけるかなぁ」

「う~ん……もういちどよく見てみよう」

「【万物真理ステータス】!」


 パッ!

-------------------------------------

・名 前:クリス(人族)

・性 別:男

・レベル:LV63

・状 態:正常

・H P:102544/102569

・M P:29/29

・スキル:【剣術:LV87】【槍術:LV81】【弓術:LV72】【抜刀術:LV87】

     【盾術:LV83】【斧術:LV80】【鞭術:LV71】【格闘術:LV77】

     【体術:LV82】【暗殺術:LV85】【隠密:LV84】【投擲:LV82】

                            下画面があります▼

-------------------------------------


「ええと……レベル63!?」

「あっ ひょっとしてこれ、魔王を倒したコトになってる!?」


 魔王決戦前のレベルは、たしか62だったよね?

 相打ちになったのに、経験値が入ったのかなぁ。


「あれ? でもこのいちばん下にある魔法スキルは……?」

「ええと、【清浄魔法:LV01】【土魔法:LV01】【風精霊魔法:LV01】?」

「ほかにもいくつかあるけど……」

「これって、勇者時代には覚えてなかったはずだよね?」


 というか、勇者は【元素魔法】や【神聖魔法】が使えない。

 使えるのは、チートな【勇者魔法】だけなんだ。

 だから覚えているはずがないんだけど……


「あっ もしかしてこれ……いまのぼくにさずかってたスキルってこと?」


 そう考えてみれば、どれもレベルが1と低レベルだし、

 どれも【クリス】としてのぼくが……

 じかに見たり、魔法の教本を読んでいたりする魔法ばっかり。


「うぅ、これだけだったら、すなおによろこべたんだけどなぁ」

「HPも10万こえてるし……MPも── あれ?」

「……29?」


 勇者時代には20万以上はあったはずのそれが、29になってた。


「レベル1なら、29はむしろふつうだけど……ん?」


 そこでふと思いつく。

 このMPを上げるには、どうするか?


「ふつうに考えるなら、レベルをあげればいいんだけど……」


 レベル2になれば、たいていHPやMPも上がってく。

 そうやっていくつかレベルを上げてやれば、じゅうぶん戦闘で使いものになる。


「でも……ぼくはいま、レベル63だ」


 これを64に上げれば、MPもめちゃくちゃ上がるでしょ。

 でも……


「そ、それこそ魔王でも倒さないと……」

「こんな高レベル、上がらないよぉぉ!?」


 しかも勇者魔法は強力なぶん、その燃費は最悪っ!?

 MPがたったの29じゃ、勇者魔法はその9割以上が発動すらしない!?


「な、なんてこったぁぁぁっ!?」


 ◇◆◆◇


「………………ん」


 そして、朝。

 きのうのぼくは、勇者魔法がほぼ使い物にならないコトを知って……

 そこでオーバーヒート。

 ぱたりと倒れ、そのまま寝ちゃったみたい。


「おかげでアタマは冷えたけど……」

「ミヤビさま、来てくれなかったなぁ」


 おかげでなにも解決せず、すべては保留のまま。


「それに……ギルドにいく楽しみが、なくなっちゃったなぁ」

「MPの量やスキルも、ぜんぶわかっちゃったし」

「というかこれ、擬装しないとダメだよねぇ」


 そんなぐんにょりした気分で、ぼくはお顔を洗いにいく。

 そしてふと思いつく。


「これ……やっぱりアイナママに、おはなしする?」


 いちどは話さないって決めたけど……

 勇者のスキルがあるとすれば、ハナシは別かも?


「うん、やっぱりおはなししよう」


 ぼくはそう決めて……とりあえず水場にお水を汲みにいった。


 ◇◆◆◇


「あ、アイナママ~ おはよう」


 けさもアイナママはきれいでステキ♡

 香水も使っていないのに、ふんわりといいにおいがする、

 そんなステキなアイナママが、ぼくは大好きだ♡


「おはよう、クリス♪ ゆうべはよく眠れた?」

「うん……なんだかいつもよりぐっすり寝れたかも」


 それはもう、倒れるように……ね。

 ミヤビさまが来なかったから、夢もみなかったし?


「うふふ、それは良かったわね♪」

「じゃあ朝ごはんにしましょうか」

「えっと……レイナちゃんは?」

「あの子はおとなりのおうちに、ハーブを分けてもらいに行ってるわ」

「そうなんだ」


 なら、いまこそおはなしするチャンスかも……

 ぼくは改めて決意を固めて──


「あ、あのっ アイナママっ」

「あら、どうしたの? クリス」

「ぼ、ぼくは……」

「アイナママのおおきいおっぱいが、だいすきなんだ!」


 どーんっ!


「まぁ……クリスったら」

「………………え?」

「もう……クリスはほんとうに甘えんぼうさんねぇ」

「ちっ ちが──」

「でも、お外でそういうことをいってはダメよ?」

「うぅっ なんでぇ!?」

「なんでもなにも……クリスはもう赤ちゃんじゃないでしょう?」

「い、いまのはアイナママにいったんじゃなくて!?」


 なな、なんだこれ!?

 ぼくはナニをいってってるんだ!?

 ええと……もういちどっ


「ぼ、ぼくは……」

「アイナママのおっぱいを、ちゅうちゅうしたいだけなんだぁ!!」


 どどーんっ!


「って!? なんでぇぇぇっ!?」

「もう……それこそママが聞きたいわ」

「クリスったら、どうしちゃったのかしら?」


 またもやぼくのクチは……

 考えている事とぜんぜんちがうコトをしゃべって──


「はっ!? これってまさか……」

(み、ミヤビさまがっ しゃべれないようにしてるってコトぉ!?)


 そのときぼくのアタマのなかに、

 なぜだか嬉しそうに、おくちに人さし指をあてる──

 ミヤビさまのビジョンが浮かび上がった。


『それは……【禁則事項】ですぅ♡』


 ──って!?


(あ、ありえる!?)

(とくにぼくのセリフが……下ネタになってるトコとかっ!?)

(み、ミヤビさまっ やっぱり【露出女神さま】だよぉぉぉっ!?)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る