【完結しました】俺は好きな子がいるんだ~最強の幼馴染みが並み居るヒロインをその絶大な好感度でなぎ倒す~

作者 日諸 畔(ひもろ ほとり)

190

67人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

キャッチコピーに騙されました。
宇宙人や異世界人、超能力者とまでぶっ飛んだ単語が登場するこの物語。中を拝読したみたら想像を良い意味で裏切る純愛小説でした。
文章がなにしろ達筆でグイグイと引き込まされるのに加えて、キャラクターの魅力と心情が手に取るようにシンクロする文章力に脱帽です。
ストーリー的にもいわゆる負けヒロインが登場するわけですが、決して不遇に終わらずそれぞれのハッピーエンドを迎えているのが読後に清涼感を与えてくれます。
是非とも多くの方に読んで欲しい。そんな傑作です。

★★★ Excellent!!!

幼い頃から交流があるが故に、成長し自身の想いに気づいてもあと一歩を踏み出せない主人公と幼馴染たるメインヒロイン。
そんなじれったい日常が続いていくはずが、主人公を慕うヒロイン達の起こす行動を切っ掛けに少しずつ関係性が進んでいく。

まず登場するヒロイン達が主人公との関係性を抜きにしても皆良い子達。
主人公もメインヒロインも他者を思いやり接する事が出来る良い子達。
聖人ばっかりじゃないか…。

あくまで主人公の絶対的本命は幼馴染。
だが様々な事情を抱えるヒロイン達の想いに真摯に向きい合い、一人一人に対して誠実な答えを出す。
答えを先送りにしたり曖昧に誤魔化すような事は一切無し。
そして自分に想いを向けてくれた真剣なヒロイン達との交流を通じて少しずつ自分自身の想いにも向き合っていく。

ヒロイン個々の事情や主人公を慕う切っ掛けになった出来事を丁寧に描写されているため返答を受けたヒロインの反応には少し切ないものを感じてしまう事も多い。
だがヒロイン達が好きになった事を後悔する事は全く無く、むしろ好きになって良かったと改めて前を向いて歩き出す。
だからこそこの物語はただ恋愛の勝者と敗者の物語ではないとも思わされます。

良い意味で、おそらく物語の結末は決まり切っているのだろうと思います。
だがそこに至るまでの主人公、そしてヒロイン達の物語を見届けたくなる魅力を感じました。

★★★ Excellent!!!

両片想いがどうしようもなくじれったく、大変美味です。

ほのぼのとした日常の中に入るSF(少し不思議)な世界観。
ちょっとした刺激が面白い。

この小説には負けが確定しているヒロインたちが登場します。
まだまだ未熟なところがある負けヒロイン。どのヒロインもかわいいです。
そして、負けヒロインは出会いや恋愛を通して、成長していく。
成長していくことでどのヒロインもさらにかわいくなるんです。

好感の持てる人間味あるキャラクターが魅力的。
不幸な人がでない、救いのある物語です。

彼と彼女らの恋愛と成長の物語。
拗らせた両片想いの行方を見届けてみてはいかがでしょうか。

★★★ Excellent!!!

まずはこの作品。
負けヒロインをひたすら登場させます。
負けると分かっている、ヒロインが登場してもつまらないのでは無いかって?

いいえ、そんな事はありません。

考えてもみて下さい。
恋愛とは必ずしも上手くいくものではないでしょう。
出会いもあれば別れもある。
そんな経験を重ねる事で、人は成長していくのではないでしょうか?

・・・たぶん

この作品は、負けた後のヒロインの、実りある人生と両片想いをひたすら拗らせている、主人公と幼馴染の物語。

1つの物語で2度美味しい!

そんなお話です。

良かったら、お試し下さい。

★★★ Excellent!!!

きちんと他作品との比較、または内容的批評を行っている方々が居る中。
この様なレビューしか書けないこと、お許しください。

 主人公とヒロインの両片思い状態、世間一般的に幼馴染みといえばラブコメにおいても、かませ犬的な扱いになる中に何と希望の持てる作品か。

 人間味を感じさせる数々の描写に、キャラクターが活き活きとしている。
 物語的にも、今後の展開に期待がオーバーフロー。

 Twitterでよく見かける『じれったい! いやらしい雰囲気にしてきてやる!』って言っている方々の気持ちがよく分かりました。

★★★ Excellent!!!

読み始めは「うん? これは何だろう?」と思わせながらも読み進めていくと面白く、男女の二面性で描かれていて、ゲームみたいな展開で素敵ですね。
この手のゲームのような内容が好きな人にはたまりません。
二人の主人公で進めていく小説は楽しいのですが、書いてみると以外と難しかったりしますから。
その点、この作品はよく出来ていると感じます。
会話場面もほぼなく、地の文で攻めていく安定したスタイル。
二人の主人公のキャラ状況を上手くいかした文章力。
派手さは控えめですが、王道のテンプレでグイグイと迫ったラブコメの雰囲気を含ませていますので、小説に慣れていない方でも読みやすい作品かと思います。