相棒は手首の上に住んでいる

作者 K-enterprise

29

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

KAC2021を覚えておいででしょうか?
そうです。運営側が出したお題で、短期間で短編を書くってやつです。
もうね、ウンウン唸ったのを覚えています。(そして途中で挫折した(涙))
このお話は、その時に出されたお題を消化しながら、物語を続きものとして書き、更には終着点まで持っていった物です。
あのお題を全部こなしたってだけでも、私の中では賞賛に値するのに、まさかその裏で、話を繋げていたなんて!!
驚愕以外の何者でもありません……。

という、長い前振りを書かせていただいた上で。
お話の全てに繋がるのは昨今、使用人口がどんどん増えているスマートウォッチです。時計の中の人(AI)を、作者お得意の擬人化してお話が進んでいきます。
何処かの異世界、侵略するためにやってきた「侵攻者」達。失われていく文明と国、民衆。
それに立ち向かう、地球からの勇者達。

一人は、入れ物を失い、一人は中身を失う。それでも、諦めず、無くしたものを取り戻すために、新たな危機を迎え撃つために、努力を重ねるもう一人。
そんな三人のお話です。
全10話で、当然、KACのお題に則って書かれていますので、1話単体でも読めます。
是非、軽い気持ちで構わないので一読を。
最終話まで、読みたくなるはずです。