ボドゲ世界に転移しちゃう系女子とボドゲ好き男子がただボドゲで遊ぶ

くれは

game 1:パリ─光の都─

1-1 一八八九年、万国博覧会があったパリが舞台。

 校舎四階の端っこにある第三資料室。長机が二つ並んだだけで、ほとんどいっぱいになってしまうような、とても狭い部屋。そこが、ボドゲ部(仮)カッコカリの、仮の部室だ。

 ボドゲ部(仮)は、今年立ち上げたばかりで、まだ部活として成立していない。正式な部活動として認められるためには、少なくとも一年以上の活動実績が必要なのだそうだ。それと、その時点で部員が三人以上。なので、まだ「(仮)」だ。だから、部室もまだ仮。

 その部室で、かどくん──かど八降やつふるくんはいつも通りの機嫌良さそうな顔で、大きなリュックからボードゲームの箱を取り出した。

 青っぽい油絵の風景画のようなデザインの四角い箱。表面には黄色い文字で「PARIS」と書かれていた。その下には日本語で「パリ─光の都─」と書かれている。

 角くんは取り出したその箱を両手で立てて持って、その表面の絵をわたし──大須だいす瑠々るるに向けた。


「このゲームはどうかな。怖くないし、綺麗なゲームだよ」


 小さい頃の出来事のせいでホラーものが苦手なわたしを、角くんはいつも気遣ってくれる。たまに「お化けは出てくるけど、これ面白いから! 怖くないから!」と押しの強いことはあるし、怖さについての感性の違いを感じることもあったりするけど、まあ、それでも手加減してくれているんだろうなと思ってはいる。

 わたしは角くんが差し出す箱を見る。背景の薄い藍色の空に白い線で描かれているのは──多分エッフェル塔だ。そのタイトルの通りにパリを舞台にしたゲームなんだろうなと思う。


「どんなゲーム?」

「一八八九年、万国博覧会があったパリが舞台。その街並みを綺麗に街路灯で照らすのが目的。まずは敷石を敷き詰めて街路灯を建てるんだ。その後、その街路灯の光が届くように建物を建てていく」


 話しながら、角くんは箱を机の上に置いて、その蓋を持ち上げた。中から出てきたのは、タイルとチップと駒と……ポストカード?


「自分の建物を大きくすることと、街路灯の光を当てることが主な得点源だけど、他にもいくつか得点の方法があってね。例えば、ほら、この『考える人』」


 ポストカードの中から一枚。宛名面をひっくり返せば絵葉書になっていて、そこに描かれているのは確かにあの考える人像みたいだった。


「これは、この『考える人』タイルを置いて、その周りを建物で埋めないようにすると得点になる。周囲が空いていれば、考える人を鑑賞する人がたくさんくるからね」


 角くんが他のポストカードも広げて見せてくれる。どれにも、綺麗な絵が描かれていた。夜空を背景にした街路灯、植物に囲まれた綺麗な建物、大きな噴水。


「街路灯がテーマだから夜の雰囲気だけど、でも怖くはないでしょ?」


 角くんの言葉にわたしは頷く。


「綺麗で好きかも」

「良かった。じゃあ、今日はこれで遊ぶで良い?」


 ほっとしたように角くんは微笑んで、わたしに聞いてくる。その言葉にも頷くと、角くんは箱の中からさらにタイルを出す。L字やT字のそのタイルは、わざわざ二枚の厚紙を貼り合わせて、デコボコとした厚みが作られていた。


「これは、建物タイル。上から見てるから、屋根なんだよ、これ。で、この箱の中がゲームボードにもなっていて、ここが街並みなんだ」


 角くんはそう言って、コの字型の緑の屋根のタイルを内箱の中に置いた。箱の内側は上げ底になっていて、その底には敷石の模様が印刷されている。タイルを並べるための凹みが作られていて、そこに建物タイルを置くことで、街並みを上から眺めている気分になる。建物タイルの厚みは、その立体感のためのものらしい。

 この建物タイル、ちょっと可愛いかもしれない。


「で、これは二人用のゲームなんだけど、太陽と月どっちが良い? プレイヤーの区別用だから、どっちでも変わらないけど」


 差し出されたオレンジの太陽のマークと、青い月のマーク。青い月のマークが描かれた四角いタイルの束を受け取って引っくり返すと、そこには内箱の底のように敷石が印刷されていた。けれど、青やオレンジや紫、灰色に塗り分けられている。ところどころに街路灯もある。

 そのタイルを見て首を傾けたとき、耳の奥で敷石を踏む靴音が響いた気がした。




 そして次の瞬間、わたしは学校の部室じゃなくて、夜の中にいた。

 いつものように、わたしは一緒に遊ぶ角くんを巻き込んで、ボードゲームの世界に入り込んでしまったみたいだった。ボードゲームを遊ぶとそのゲームの世界に入り込んでしまうのは、わたしの体質のようなものだ。こうなるってわかっていても、なってしまうと溜息が出てくる。

 それに、辺りがひどく暗い。敷石が敷かれているということは街中なんだと思うけど、周囲に建物も見当たらない。

 心細くて、暗闇の中手を伸ばすと、すぐ隣に立っていた角くんの腕を掴む。


「そっか、ゲーム開始前はまだ何もないのか。大須さん、何か持ってない? これまでのことを考えると、ゲーム進行に支障がないようになってるはずだと思うんだけど」


 角くんの言葉に、自分がハンドバッグを持っていることに気付く。それを開いたら、中から青い光が飛び出してきた。それは、青い月のマークだった。

 丸い青い月は全部で四つ、ハンドバッグから飛び出してきて、わたしの頭上にふわりと浮かんで、優しげな青白い光を投げかけてくる。


「四つ……ってことはアクショントークンかな。しばらくは、これで大丈夫そう。そのうち、街路灯を立てたらもっと明るくなると思うよ」


 角くんは、わたしの頭上の四つの月を見上げてそう言った。

 白いシャツに蝶ネクタイ。ベスト、ジャケット。頭には山高帽。紳士がいた。角くんは背が高い方で、何を着ても様になっている気がする。どちらかと言えば背が低い方のわたしとしては、その身長がちょっと羨ましいと思うことはある。角くんの背は多分、わたしより二十センチくらい高い。

 わたしの方は、ぴったりとしたブラウスに手袋。オーバースカートは後ろに寄せられて、たっぷりとしたドレープでボリュームが作られている。アンダースカートにもたっぷりと布が使われていて、足首まで覆われている。髪はまとめ上げられていて、その上にツバがぐるりと広い帽子が乗せられている。


「他には、何が入ってる?」


 角くんに言われて、青白い光の中でハンドバッグの中を覗き込む。ルールブックと、ただ正方形が描かれているだけの紙が出てきた。

 正方形の周りには、ポストカードが八枚並んでいる。絵が描かれている方じゃなくて、宛名欄の方だけが見える。メッセージを書き込むところに、何かの説明らしき絵が書かれていた。


「これがゲームボードだ。てことは、これが地図だね」


 わたしが広げた紙を見て、角くんが言う。


「今はまだ、何もないからただの四角。これからここに、敷石を敷き詰めて、街路灯を立てて、建物を建てていくんだ」


 角くんが、いつもみたいに穏やかに微笑んだ。夜の中、青白い光に照らされた角くんは、いつも以上に優しげに見える。わたしはその顔をぼんやりと見上げてしまっていたことに気付いて、地図を見る振りをして顔を伏せた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る