転生者だか魔王だか知らんが俺の娘はオマエにはやらん

作者 雨実 和兎

126

46人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

異世界へ来たと思ったら。まさかの初っ端は、牢屋から始まります。その牢屋生活の中で、自分のユニークスキルの本質を探っていくという感じで、物語は進んでいきます。何でしょう?ゲームをしている時の、あのワクワク感と似たものを、この小説を読んで感じる事が出来ました。面白かったです。

★★★ Excellent!!!

『ドラゴンクエストⅢ』の世界に入り込んでた時の俺。

「ああ、俺もあの頃は純粋な心を持ってたっけ…」



なんてクグリで感想を締め括るのが、一般的な地球人。
イヤイヤ、今の俺は『ドラゴンクエストLXXXV』を冒険中。



こんなイカレタ物語を綴れる和兎ちゃんは、俺と同類。

三星頂いて下さい。

★★ Very Good!!

「第29話<春と修羅>」まで拝読致しました!
いきなり詰んでる状態から始まって、笑いました!
特に主人公のツッコミがツボすぎて本当に声を上げて笑いました。
と思いきや、違う路線が主人公の本筋に合流してきて、これには驚きました。
素晴らしい構成だと感心させられました!
今後続きを拝読させていただければ、星を3つにしたいと思います。

★★★ Excellent!!!

娘と笑い会いたい……!
父親はその一心で、とあるゲームを手にした。
順風満帆に思えた異世界ライフ、調子にのった(?)父親=トウちゃんの目測あやまりにより、いきなり牢獄へ!!
そこで何故かトウちゃんが〝超〟ユニークなスキルに目覚めてしまい……!?
リアルでも頑張るトウちゃんは、異世界でもユニークスキルを駆使して娘を守る姿が、切なくも可笑しくも、勇気づけらるお話です。

★★★ Excellent!!!

冒頭、魔王城の牢屋からから始まるというトンデモ状況!
そこから始まるどこかコミカルなやりとりが、思わず笑いを誘う。かといってしつこくなく、この塩梅が作者様の笑いのスキルを感じさせる。さぁゆるゆると笑いを堪能させて貰おうかと構えていたところ……。

や ら れ た

7話8話で、こんなにも切なく泣けるヒューマンドラマをブッ込んで来るとは!!

いいか、大事なことだから
もう1度言うぞ!

【8話まで見てから決めろ!】

それだけで、この物語への感情移入度が『劇的』に変わるから!!

ん?俺?
すっかり感情移入して、この物語に

ゾ ッ コ ン よ !

★★★ Excellent!!!

魔物の檻で目覚めた現代人の主人公が、
手探りで異世界転生のセオリーを実践していく本作。
ステータス画面の開き方からはじまり、
異世界転生の知識を駆使してスキル使用にこぎつけるが、
それもなんとも頼りなく、心の声と読者の声が一致するのが面白いです。
単純な異世界転生物語かと思いきや、現代編に変わると同時に浮かぶ疑問符。
謎めく展開が呼び起こす新たな風は、まだ吹き始めたばかり。
是非是非、ご覧下さい。