改・戦国時代に宇宙要塞でやって来ました。

作者 横蛍

2,969

1,043人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

この作品は余り戦をしません。どちらかといえば内政系チートものかな。経済戦争を使った戦国時代モノが該当する系譜でしょうか。

世の中には数多ゆる〜いIFモノの戦国時代作品がありますよね
武将の美少女化なんてのも一時流行りましたし、ゆるくはないですが、古くは戦国自衛隊なんてのもありました(私はその時代の読者です、薬師丸ひろ子の若武者可愛かったナァ)
そんな作品の一つかなぁ、と思いながら読み始めましたが、イッキに読み終え続きを愉しみにしています。
ドコがいいのか、やはりおバカすぎないストーリーと設定ですかね。ゆるいにも限度が有りますから…。

★★★ Excellent!!!

信◯の野望にオリ主によるチート勢力をアペンドした作品

歴史をなぞるのではなく、IFのシミュレーション展開と、民の生活や息遣いまで聞こえてきそうな丁寧な描写も魅力の一つ

主人公が領地を発展させる手段や結果を見て、それぞれの武将や民のものの見方や考え方が変わって行く辺りは、正に黒船来航

そんなIFを楽しめる方におすすめです!

しかしながら、周囲との関係性について、ボタンを掛け違えたようにズレた展開となっており、本来成り上がった武将でも低評価のまま消えたりすることもあるため、特定武将をこよなく愛する方は撤退準備をした上で読み進める必要あり

信◯の野望や太閤立◯伝などで独自展開するシナリオを楽しむくらいの気持ちで読むととても楽しめるかも