第3話 いきなりギャルっぽい子に絡まれる

 春近達は、一緒に学園に入り手続きを済ませる。

 クラス分けや寮の部屋の説明を受け、廊下を歩いているとこっちに向かって勢いよく走って来る少女が――――


 栗色の髪を綺麗に切り揃えているのは、ショートボブというのだろうか? 活発そうな彼女にとても似合っている。

 スリムな体形で胸の辺りも少しスリムに見える。

 いや、そんな事もないのかもしれないが、隣に居るルリが大きすぎてそう見えるだけなのだろう。

 十分に美少女と言っていい容姿をしているが、気の強そうな目つきとギャル風に着崩した制服が、春近には苦手なタイプに見えてしまっていた。



「ルリ! 遅かったね」

「咲ちゃん」


 二人の会話から、どうやら親しい間柄のようだ。

 手と手を合わせて再会を喜び合っている。


 春近が二人のタイプに違う美少女を眺めていると、咲ちゃんと呼ばれた少女は視線を向け睨んでくる。

「オマエ誰だよ」


 マズい……

 ジロジロ見ていたら、絡まれるパターンになってしまったような……


「ハルは良い人だよ」

 ルリは屈託ない笑顔で答える。


「はぁ? やけに親しくない?」

 ジリジリとこちらに迫っていきて睨みをきかせる。


 顔が近い…

 てか、けっこう可愛い……


 つい、大きく開いた制服の胸元に目が行く。


「どこ見てんだよ!」


 ――――しまった! ついついガン見してしまった。

「ご、ごめん、見るつもりじゃなかったんだけど……」

 このギャルっぽい子……近くで見ると、けっこう可愛かったり良い匂いがしたりで、女子に免疫が無いオレには刺激が強いって!


「やっぱり、ルリのカラダ目的で近づいたんだろ!」


 全くの言いがかりなのだが、これまで女性と交際経験の無い春近には、刺激が強すぎてガン見してしまったのだから言い訳できない。

 何故か春近は、昔からヤンチャな女子に絡まれる事が多いのだ。



「ハルは道案内してくれた親切な人だよ」

 ルリが庇ってくれる。


「ホントかぁ?」

 咲と呼ばれている少女は、ジロジロと顔を覗き込んでくる。


「オマエ、よく見るとけっこう可愛い顔してんじゃん」


 ――――だから、顔が近いって……

 再び胸元を見てしまう。


「おまっ、やっぱりエロ目的じゃねーか!」

 彼女に押し倒される。


 しまったぁぁぁ! また見てしまった!

 何か近いのと胸元が開いているのと彼女の雰囲気がそうさせてしまうんだぁぁぁ!


「これはお仕置きが必要だよね――」

 彼女は嗜虐的しぎゃくてきな表情を浮かべ、上履きを脱ぎ足で胸元辺りを踏んでくる。

 上履きを脱いで踏むところは、まだ良心的なのだろうか。


「ホラホラ――」

 彼女は何ともいえない楽しそうな顔をして踏んでくる。

 とんでもないドS女子に絡まれてしまったようだ。


「ウケる――」


 いや、ウケないから!

 何で初対面でいきなりこんな事に……

 オレは、とんでもないドS女子を召喚してしまったのか?

 いや、待て!

 踏む度に彼女の短いスカートがヒラヒラと揺れ、下着が見え隠れしている……


「ちょっまて…… なに覗いてんだよ! もう許さねぇ!」


 胸元を踏んでいた足が、顔の方に上がってくる。

 その表情は、少し恍惚としているように見えた。


「見んな! 変態!」

 ガシ! ガシ!

 彼女の足が春近の顔を踏み靴下が密着する。

 蒸れていたのだろうか…… 少し汗で湿っている。


「ちょっと、やめて! 臭っ!」


 ――――――カァァァァァ……

「ちょ、おまっ、いま、臭いって言った――――」


「あ、いや、そんな事は――」

 咄嗟とっさに誤魔化そうとするが、適切な言葉が出てこない。


「はぁー 臭くねぇし! くそっ! 覚えてろよ!」


 咲は羞恥心から真っ赤な顔をして走り去ってしまった。

 実際のところ、女子とあまり縁の無かった春近には、ラッキースケベ的な展開でそれほど嫌ではなかったのだが、もちろんそんな余計な事を言ったら変態なので黙っていた。


 いや、何でオレは、こんな事をされてラッキースケベとか思ってるんだ……

 これじゃまるで変態じゃないか……

 しかし、彼女には逆に悪い事をしてしまったような……


「あらあら……」

 それをルリは微笑ましい顔をして眺めていた。




 校舎裏まで走り一人になる咲――

「アタシって臭いのか…… くっそ! アイツ! ぜってー許さねぇ!」


 攻撃していたはずの咲の方が、大きなダメージを受けてしまったようだった――――

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る