第3話 灰かぶり

「ねえ、聞いてユキ。私もあるのよ打ち明け話」

「聞こうじゃありませんか」


 エラ姫は心を決め、紅茶で喉を潤します。白雪姫は、こんがり焼けたパイをひとくち。



「……私さ、姉が二人いるじゃない?」

「うんうん。意地悪な義理の姉ってやつね」


「たまにさ、会いに行くんだよね。うんと着飾って」

「嫌いなのにわざわざ?」


「そう。王子の嫁探しで、ガラスの靴を試着したでしょ? あの時、靴に合わせてつま先や踵を切ったのよ。あの人たち」

「 そこまでして?! えっぐ! エグいわー!」


「私もさぁ、まぁ控えめに言ってもドン引きだったわけだけれども」

「でしょうね」


「でも、物陰に隠れて見てたんだよね。ザマァって思いながら」

「あー」

「それで最後に自分が出て行って、ついに姫発見! みたいな」

「痛みにのたうち回っている姉たちを尻目に」


「そうそう。『あらお姉様たち、どうなさったの?』 って顔でシレッと迎えの馬車に乗ってさ」

「あは。でもまぁ、高笑いしなかっただけ偉いわ」


 エラ姫は少し視線を落としました。長い睫毛が影を落とし、表情が憂いを帯びます。


「で、私ね。今も歩けないあの人たちに度々会いに行って、さりげな〜く見せびらかすのよ。綺麗なドレスや、靴を」

「まーねぇ……」


「姉たちも継母も、それはもう悔しそうでね。それでも私が持って行ったお土産は受け取るの。父は理由を付けてあちこち飛び回って帰って来ないから、生活苦しいらしくて」


「それでいいんじゃない?」


 白雪姫はつとめて明るく、そう言いました。エラ姫がそんな自分を恥じていると感じたからです。


「そもそもお姉さんたちの怪我は自分の意志でやったことでしょ。別にエラのせいじゃないわ。それにエラだって、長年に渡ってそれなりのことをされてきたわけだし。ちょっとぐらい幸せ自慢したっていいじゃない」


「でも、私だって腐っても姫なわけで……」

「いいのよ! お姫様だって、人間よ。いつもいつも清らかな心じゃいられないわよ。夢見る少女じゃいられな〜い。フゥ♪ ってやつよ」


「そうかな……」


「わたしなんてね、毎週アップルパイ焼いてるわよ。地下牢の継母にまでりんごの匂いが届くように」

「イカツ! メンタルいかつい!」

「毎回地団駄踏んで悔しがってるみたい。それで余計に狂人認定されてるって。いい気味だわ」


 ふふふ、と可愛らしく微笑む白雪姫は、どこまでも可憐です。


「言っても、こっちは殺されかけてるからね! ちょっとぐらい仕返ししなきゃ気が済まないわ」


 そんな白雪姫を見て、エラ姫はとまどいながらも頷きます。


「……それもそうね。やられたらやり返す…… 倍返しじゃないだけ、優しいぐらいだわ。でも……」


 少し元気が出たようですが、やはりまだ表情は晴れません。



「あのね、エラ」


 白雪姫が優しく語りかけます。


「この鏡で話すときの呪文、『麗しき姫を映しておくれ』って言うでしょ?」

「そうね」


「この鏡は元々、『世界で一番美しいひと』を映し出す鏡だったの。でも、手鏡に作り替える時、わたしと鏡とで話し合って決めた」


 手鏡が、誇らし気にキラキラと光りました。


「『世界で一番』かどうかなんて、関係無い。この手鏡にはね、『こころ優しく行い正しく、こころざし高くあろうとする、姫としてふさわしい人物』だけが映るの」


「ユキ……」


「美しさって、そういうことよ。もっとも、エラは容姿に恵まれてるけどね」


 息をのんだエラ姫の瞳が潤み、頬がほんのりと薔薇色に染まります。表情からとまどいが消え、高貴な眼差しが戻りました。



「私、あの人たちを赦すわ。すこし時間はかかるかもしれない。けど、きっと赦すわ。姫にふさわしくあるために」

「そうね。そのうち、きっとね。実はわたしも、継母が自らの罪を告白して反省するのなら、赦そうと思ってはいるの。それまではアップルパイ攻め続けるけど」


「お互い、早く赦せる日が来るといいわね。その時には、姉たちに車いすか何か送ろうかしら……」

「ガラス製のね」


 白雪姫は目をくるくるまわしておどけながら言うので、エラ姫は笑ってしまいます。


「ソッコー壊れちゃうw」

「そしたらお見舞いに、わたしの特製アップルパイ送ったげるわよ」

「毒入りの?」

「ちょっと! いくらわたしだって、そんなことしないから」


 涙をぬぐいながら笑いあい、姫君たちの初めての女子会は、終わりの時間に近づいています……



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る