たとえお母さんが悪の組織の女幹部だったとしても私はお母さんのことが好き。

作者 おなかヒヱル

3

1人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?