第5話 お母さんの手

 コウタの話に、お母さんは驚いた顔をした。


「コウタ、この町にそんなに大きな黒い森はない。夢でも見たの?」

「夢じゃない! 大きな白い犬を連れたジンジに連れて行ってもらったんだ!」

「ジンジだって? 何処の? どんな格好の?」


 コウタは懸命にジンジのことを話そうとしたが、頭の中に白い霧が広がったようになって、うまくジンジのことを思い出せない。


「やっぱりコウタの夢? それとも、お母さんにウソをついているの?」

「ウソじゃない! 居たんだ、おおかみが……」


 そう言いかけて、コウタはジンジとの約束を思い出し、ちいさな手で口を塞いだ。

「そうだ……おおかみなんて居るわけない。でも、おれはウソなんかついてない……」


 言い直したコウタの声は震えていた。大きな涙がぽろぽろと溢れる。


 お母さんはコウタをそっと抱いて、頭を撫でた。それからコウタの背中をポン、ポン、ポン、とゆっくりと叩きながら子守歌を歌い始めた。


 コウタはお母さんに抱っこされながら眠くなっていく。ポン、ポン、ポン。お母さんの手で背中が温かくなる。


 ……不思議なジンジ、白い大きな犬、黒い大きな森、そしておおかみ……たくさんのことを思い出しながら、コウタはいつの間にか眠ってしまった。


 ……コウタは夢を見た。


 おおかみが走る黒い森は、お日様の光でキラキラと輝く緑の森となり、森から吹く風は田んぼや畑、コウタの住む町へも届いた。


緑の風を浴びたコウタは、ニコニコと嬉しそうに笑っていた。


 了

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

大神 こうえつ @pancoo

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画