C たまには嵐も越えないと

「結婚しても、ただいまー」


 或る日、自宅のエトワール六〇五号室へ帰ると智樹が居なかった。


「智樹さーん?」


 不安が白蓮を覆い尽くし始めた。


「智樹さーん……?」


「どこに行っちゃったの?」


 留守電を聞いてみる。


「ピー。メッセージはありません」


 何とも無機質な声だった。


「あ、そうだ! メール、メールっと」


 スマホを見ても、ダイレクトメールすら入っていなかった。


「あれ? おかしいな……? 新しくメールを送るか。いつもはそんな必要はないんだけどな」


 [件名]

 愛妻より


 [メッセージ]

 今は何をしているのかしら?

 お仕事で遅くなるのかな?

 昨日はそんなこと言っていなかったから、ご飯先に食べちゃうぞ。

 ☆白蓮


「これでいいかな。ちょっと意地悪かも」

 

 てへって一人で笑ってみた。

 白いフリルのエプロンを取り出した。


「さてと、本当にご飯作りましょうねえ」


 白蓮の胸の中は毎日智樹のことで一杯だった。

 でも、今まではこんなに不安な思いをしたことがなかった。

 信じよう信じようと考えれば考える程、自分が却って犯罪者のような気分に陥った。


「私……。智樹さんを愛していると思っていたけれど、それはまだ、私が子供だからだったのかなあ。モデルとして、カメラマンとしての相性は良いよ。被写体は白蓮だけに決めたって、この間、写真集、『コムCommeダビトゥードゥd'habitude』を作りながら決めたじゃない。恋の先、愛って難しい……」


 残したニンジンをぼんやりと眺めていたら、シチューが噴いてしまった。


「あちちっ」


 ◇◇◇


 智樹は六本木の「スタジオえるむ」に居た。


「ピルルルル……」


 スマホの着メロがメールを知らせた。


「うっわ! 白蓮、怖いんだよ……。もう勘弁してよ」


 スタジオの隅に行ってメールを開いた。


「返信しないと、ぼこぼこにされるんじゃないか?」


 [件名] 

 ごめんなさい


 [メッセージ]

 仕事でした――!

 これからダッシュで帰りたいけど、今、帰れないんです。

 ごめんなさい。

 後で埋め合わせするから勘弁して下さい。

 ぺこり。

 ★智樹より


「ちょっと。こっちは裸で寒いんだからね! 早くしてよ!」


 遠くで下品な声がした。


 智樹は、他のセミヌード写真を撮らないかと言うオファーを受けていた。

 本当は愛妻以外撮りたくなかったのだが、彼女のことを考えると引き受けざるを得なかった。


 ◇◇◇


 白蓮は帰って来るなり、クッションを三つ投げつけた。

 智樹が避けないものだから、オール、ストライクだ。


「何時だと思っているのよ――! 電話はないし、メールだって返信して来ないし!」


 智樹も流石に夫婦の危機を感じた。

 本当はやましいことはないのだが。


「メールしたよ? 仕事だからって」


 智樹が不思議に思って素直に訊いてみた。


「し・て・な・い!」


 美貌のおでこもマジでお怒りだった。


「もう一度スマホ見てみてよ」


 智樹は落ち着かなくてはと冷静に対処した。


「ないよ……。宣伝ばっかりだわ」


 ピピッとスマホをいじく弄りながら、髪まで乱して半狂乱である。


「あ、あった……。あれ? 何で気が付かなかったのかな?」


「白蓮、何かしていたんじゃない?」


「あ、シチューが噴いたんだった! やだやだ! 白蓮のおドジ!」

 

 後悔が胸を貫いた。


「気にしない、気にしない。ご飯にしようよ」


 智樹は白蓮の頭をコツンと叩いてシチューに牛乳を足してあたため直した。


「んー。いつも美味しいですよ! デリシャスです」


「レパートリーが少ないですからね」


 泣いた瞼を腫らして、白蓮が卑屈になっている。


「サラダもオリジナルヘルシードレッシングがいいね! 俺、レタスとプチトマト大好きだし、最高の組み合わせ」


「う……。そんなに褒めたって、何も出ないんだから」


 智樹が白蓮にあーんと自分のプチトマトを差し出す。

 頬をつつかれて、思わずお口を開けてしまった。


「はい、仲直りしよう」


「プチトマトでー。えー。安いわ、私って」


 ツン要素を残したままデレて、難しいお年頃だ。


「俺は、後悔していない。何をするにも全力だよ」


 白蓮は、下を向いたまま、涙は苦いと感じていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る