第4話

 わこは言った。

「江成さんが開けたら中身がなくなっちゃうなら、他の人に開けてもらえばいいんじゃない?」

 それは、言われてみれば当たり前のことだった。恵美理以外にこの現象は起きていないのだ。

「でも、毎回毎回やってもらうわけには……家にいるときもあるし」

 わこは顎に手を当てて、視線を右上に泳がせてなにか考えている。

「開けても消えないものもあるんだよね。コンビニのパンと、その書類ケースは消えなかった。消えたのは、ラテと財布と……他になにかある?」

「えっと、カップラーメンとか、あとファンデーションとハンドクリームも……それから……」

 そこで恵美理は思い出した。

「たこ焼きの……蛸……」

 あの時も、割り開いたものだけ中身がなくて、開かずにそのまま食べたものには蛸が入っていた。ラテが最初だと思っていたが、その前から始まっていたのか。

「そのペンケースは? 消えてないよね」

「あ」

 机に出しっぱなしにしていたペンケースは、書類ケースと同じクリアブルーのもので、たしかにこれも中身は消えていない。

「例えばだけど、、っていうルールじゃないかな?」

 メロンパン、書類ケース、ペンケース。言われれば、いずれも外から中身が確認できる。

「そのバッグも普通に使えてるみたいだし」

 わこが指差した恵美理のトートバッグは、チャックなどはついておらず、中身が見えている。財布の中身は消えたが、バッグに入れていた財布そのものは消えていなかった。

「すごい……夏焼さん、すごいよ」

 意味不明な現象に苛まれて、恵美理にはその現象にルールがあるだなんて思いつきもしなかった。

 しかしわこは、話だけでいとも簡単に、起きている事象を整理してみせた。

「夏焼さん、なんで日文入ったの? なんか理系の人みたい」

 場違いな感想に、わこは小さく笑った。つられて恵美理も笑う。

 笑ったのは、なんだか久しぶりだった。


 それから恵美理は、身の回りのものをなるべく中身が確認できるものに変えた。透明の容器に入ったものなら消えることはなかった。冷蔵庫の問題は解決しないから、生物は使い切れる分しか買えなかったが、それでも毎日外食していたときよりは断然ましだった。

 洗濯については、コインランドリーを使えばいいのではないかとわこに提案された。ランドリーのドラム式洗濯機なら、たしかに中が見えている。

 そうして恵美理の生活は徐々に元の状態に近づいていった。どうしても中身の見えないものを開けなければならないときは、わこがサポートしてくれた。

 わこも、同じ学生寮に住んでいた。そんなことすら恵美理は知らなかった。

『わこちゃんごめん、ちょっと開けてほしいものがあって、今日このあと来られる?』

 あの日交換した連絡先にそうメッセージを入れると、程なく既読がついて返事が来た。

『まだ学校だから、十九時くらいでも大丈夫?』

『うん、ありがとう! 助かる〜』

 メッセージとスタンプを返して、恵美理は天井を仰ぐ。

 ――どうして、わこちゃんはこんなに良くしてくれるんだろう。

 取り立てて仲が良かったわけではない。同じゼミに所属しているだけだ。なんとなく距離がある感じで、とっつきにくいとちょっとした苦手意識すら持っていた。

 その印象は、実は今でも変わっていなかった。文句一つ言わず世話を焼いてくれるけど、わこのことは今でもよくわからない。聞かれたくないのかな、と思って、恵美理も敢えて聞かない。わこが恵美理のことをどう思っているのかすら、わからなかった。

 ――でも。

 何を考えているかわからなくても、わこの献身は恵美理の心を着実に満たしていっていた。

「……わこちゃん、早く来ないかな」


 十九時を少し回った頃、廊下に面した窓の外を、人影が横切った。

 恵美理はバネじかけのように立ち上がって、玄関に向かう。

 ピンポン、とチャイムが鳴るのとほぼ同時に、ドアを開けた。

「わこちゃん、ありがとう」

「ううん、ちょっと遅くなっちゃった」

「いいよ、こっちのお願いだし」

 上がって上がって、とわこを部屋に上げる。

 わこは週に一、二度、恵美理の部屋を訪れていた。ただ用事を頼むだけでは味気ないから、お茶を出して小一時間おしゃべりをする。わこはほとんど聞き手に回っているが、迷惑そうではないのでいいかな、と恵美理は思っている。

 詰替え用洗剤のパウチなど、いくつかのものを開けてもらったあと、小さなテーブルを囲んで二人で座った。

「このチョコケーキ、すごい美味しいんだって。私は開けられないけど、わこちゃんに開けてもらおうかなと思って買っちゃった。一緒に食べようよ」

 恵美理がテーブルに乗った銀の包装を示すと、わこがその手首を掴んだ。

 急な接触にどきりとしたが、わこの手はすぐに離れて、袖口のボタンに触れた。

「ボタン、取れかけてるよ」

 そういうとわこは立ち上がり、自分の鞄をごそごそとやって、何かを手に戻ってきた。

「良ければ直してあげる」

 飾り気のない裁縫セットを開きながらわこはそう言った。

「あ、お願いします……」

「すぐつけられるからそのままでいいよ。ちょっと腕貸して」

 わこはてきぱきと外れかけたボタンを取り、針に糸を通す。よどみなく動く指先を、恵美理はぼうっと見つめていた。

 あの日、教室で、ポケットティッシュを差し出してくれた白い指。

 恵美理にとっては、それはまさに救いの手だった。

「はい、できたよ」

 わこの声にハッと我に返る。

「ありがとう。わこちゃん、お裁縫できるんだね」

 なんか意外、と言いかけて、なんとなく失礼な気がして飲み込んだ。ボタンはとても綺麗についていた。

「じゃあケーキ開けるね」

 わこの指がまた恵美理のために動く。

 それが恵美理には、たまらなく居心地が良かった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る