第3話

 やはり、世界は狂い始めていた。

 といっても、それは恵美理にだけ起きていることだった。


 恵美理が何かを開けると、中のものが消えるのだ。


 あの日の帰り、スーパーで買い物をしようとして、財布を開いたら、中身が消えていた。

 現金だけではない。クレジットカードも、保険証も、ポイントカードやレシートまで、すべて無くなって空っぽになっていたのだ。

 混乱した恵美理は綾加に電話をして、綾加は財布をなくした場合の対処方法を調べて教えてくれた。

「災難だったね。学校で盗まれたのかな。学生課に報告しないと」

 綾加はそう言ったが、レシートまで盗むことがあるのだろうか?

 日々の買い物は電子マネーでどうにかまかなえるが、それでも問題は解決しない。

 洗濯しようとしても、ボトルを開けると洗剤がなくなってしまう。それに、洗濯機を開けたときに服が無くなっていたら、と思うと、どちらにしても洗濯は難しかった。

 冷蔵庫も同様だった。食事は外食になった。そんなにお金はないから、多めの昼食で一日一食の生活になる。

 新しくものを買うのは怖かった。気を紛らわすために映画でも見ようと、DVDのケースを開いたら空だった。開けるという行為はあまりにも日常的で、完璧には避けられない。


 開けたものの中身が空になる。たったそれだけのことだが、恵美理の精神を追い込むには十分だった。


「恵美理」

 顔を上げると、雪が立っていた。その後ろから綾加が覗き込んでいる。

「大丈夫?」

 あの気の強い雪が心配そうにしている。取り繕おうとしたが、もうその気力も恵美理には残っていなかった。緩慢に首を縦に振ってはみたが、ただ項垂れたようにしか見えなかった。

 雪は前の席に座って、恵美理の方に身体を向けた。

「開けたら中身が空っぽになる、んだよね?」

 その話は綾加にしかしていなかった。ラテのときに開口一番否定した雪には、なんとなく言いづらかったからだ。綾加が雪に相談したのだろう。

「これ、ここで開けてみてよ」

 雪が机に置いたのは、コンビニのメロンパンだった。

「なくなっちゃうよ」

 覇気のない声でそう返す恵美理に、雪はいいから、とパンを押し付ける。

 恵美理はしぶしぶ受け取って、透明のパッケージを開いた。

 ――メロンパンは、そこに、あった。

「なんで……」

「ほら、やっぱり」

 呆然とする恵美理に、雪はため息交じりに言う。

「気のせいなんだって、恵美理。だいたいあんた、いつもそれからノートとか出してるじゃん」

 雪が示したのは、恵美理の書類ケースだった。クリアブルーのプラスチック製のそれは、たしかに、あの日以降も普通に使えていた。開けても中のノートやプリントが消えることはない。そのことに恵美理は気づいていなかった。

 中身がなくなる、という異常には気づいても、中身がなくならない、というのは当たり前すぎて気づけなかったのだ。

「気のせいっていうか、嘘なんじゃないの?」

「え……?」

 思いもよらない言葉に、恵美理の思考が停止する。

「一回くらいなら面白いかもしれないけど、何度も何度も、しかもそれで弱ってるふりまでして、度を越してるよ」

「やめてよ雪」

 綾加が止めに入るが雪は止まらない。

「わざとじゃないなら病院いきなよ。恵美理、あんたどっちみちちょっとおかしいよ」

 言い捨てて、雪はつかつかと教室を出ていった。

「……ごめん、エミリー」

 綾加が申し訳なさそうに立ち尽くしている。恵美理は彼女を見上げた。縋るような気持ちだった。綾加だけは信じてくれるだろうと。

「いきなり病院にいかなくても、学生相談室とか利用してみたらいいんじゃないのかな。そういう風に思っちゃうのは、なにか別に原因があるのかもしれないし」

 綾加は眉を下げてそう言った。

「そ……っか、そうだよね」

 恵美理はうつむいた。声が震えないようにするので精一杯だった。誰も信じてくれない。当然だ。そんなことあり得ない。恵美理自身、理解できないのだ。でも、理屈じゃなく、信じてほしかった。

 大丈夫? と背中を撫でられたが、泣き顔を見られたくなかった。先に行ってて、と告げると背中の手の温度がゆっくりと離れていった。


 鼻がつんとして、目頭が熱くなった。悲しい、という感じではなかった。ただ、恵美理はもう、限界だった。

「……江成さん」

 突然、名前を呼ばれて思わず身体が跳ね上がる。もう教室には誰もいないと思っていた。

 顔は上げられなかった。だけど声でわかる。夏焼わこだ。

 短く爪を切りそろえた白い手が、恵美理の視界にポケットティッシュを差し出す。

 恵美理の机にそれを置いて、わこは通路を挟んだ隣の席に腰をかけた。

 わこは何も言わなかった。鼻をかんで、少しだけ落ち着いた恵美理は、「これ、ありがとう」とティッシュを返そうとしたが、わこは小さく首を振った。

「ごめんね、なんか変なところ見せちゃって」

 ごまかすように、わざと高めのトーンでそう言うと、わこは真顔のまま、

「変じゃないよ」

 と答えた。

 もちろん、恵美理が言った「変なところ」というのは、雪たちとの剣呑なやりとりや、涙ぐんでいる姿のことだったし、わこもそれを指して「変じゃない」と答えたのだろう。

 しかし、今の恵美理にとって「変じゃないよ」というその一言は、どうしようもなく心に染み渡った。

「……もっと変な話なんだけどさ」

 問わず語りに、恵美理はこれまでのことを訥々と語りだした。

 わこはやはり、何も言わずにただ聞いていた。


「――信じられないよね、こんな話。それで雪もあんな感じになっちゃって」

 だいぶ調子を取り戻した恵美理はそう言うと肩をすくめた。

「信じるか信じないかというより、江成さんはそれで困ってるんだよね?」

 恵美理は面食らった。自分も、雪も綾加も、それが事実かどうかしか考えていなかった。

「困ってるなら、できることあると思うよ」

 こともなげに言うわこを、恵美理はただ見つめ返すことしかできなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る