モスバーガー


 もう二月も終わりというのに、風は冷たく吹付けて、コートの隙間に風送り、体はぶるぶる寒さに震え、スマートフォンの画面を見れば、時刻は午後一時を過ぎて、昼もたけなわ、食欲の不振な僕も、今日は段々と腹が減ってきた。

 と、駅前までとぼとぼ歩き、ちょうどいいところに、目の前に緑の建物、モスバーガーが構える。

 入ってレジへ向かえば、茶色がかった黒髪の映えた、可愛らしい女の子だった。背は自分より低い、黒く潤う純粋気な丸い瞳が、此方を見つめ、


「ご注文は?」


 予め決めておいた品を、僕は即座に、


「モスバーガーのポテトセットを」


 と少し小声で言う。


「はい?」


 店員さんが小首を傾げて問い返す。


 僕はまた、「モスバーガーのポテトセットを」


 少し小声。


「はい?」


 目を合わせれば、やはり純粋気な瞳が、此方を見つめ返す。ボソボソと喋る此方を馬鹿にした風情もない。


「モスバーガーの、このセットを」


 小声で、指差す。


「はい、モスバーガーのポテトセットですね」

 

 彼女は微笑んで、頬には笑窪ができていた。

 ドリンクはアイスティーを頼み、席に着こうとするが、どうやら席は決まっているらしい、彼女がレジから出て案内をしてくれる。親切だ、と心中褒めそやす。

 待っている間、なんとなしに、スマートフォンのカメラを見て髪を整えた。モスバーガーに来たのはこれが初めてだった。受け取って食べ終わると、僕は満足して店を後にした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

西瓜の巻 春朝西瓜 @sheep1

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ