放課後ボカロッカー

作者 宇目埜めう

36

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 ご縁がありこの物語に出会いました。更新分まで読み終えましたので、レビューさせていただきます。

 ——ロックは魂であり、生き様である。
 本作は上記のようなロックに心酔する筋金入りの陰キャである主人公が、ある日心を奪われる歌を耳にするところから物語は始まります。その後に出会ったのは、ロックなんて死んだじゃないと言い切る、同じ陰キャの女の子。そこで喧嘩になってしまった二人は放課後に担任の先生に呼び出されて……と話が進んでいきます。

 そこから繰り広げられるのは、陰キャならではの青春。明るく、みんなと仲良く、キラキラしている陽キャ達とは一線を画す、暗く、人と関わりに行けず、グズグズしている彼ら。そんな彼らですが、音楽は別。音に憧れて、魅せられて。そして同じく音楽が好きな子達を(癖が強すぎる子達が(笑))、順番に集めていきます。上手くなんてできない……それでも。と、必死に駆け回る彼らの姿は、等身大の高校生そのもの。陰キャの青春、かくあるべき。ようやくバンドができそうだぞッ! 君たちの青春はこれからだッ!(打ち切りではありません)

 陰キャ達の不器用ロックな青春物語。
 他の皆様も是非読んでみてください。