第78話 門までの百歩

 刺された兵士長を見て、兵士の大半が剣をぬいた。


 くそっ! なるべく剣をぬかない状態で半分ほどは進みたかった。


 グラヌスも剣をぬく。


「面倒だ。まとめて二、三人かかって来い!」


 グラヌスの言葉に、前列の兵士が怒りの形相で刃をむけかまえた。


 これはグラヌス、なにげに上手い。これで敵はグラヌスをねらうだろう。それは真っ正面から行くことになる。


 グラヌスが歩きだした。少し遅れてうしろのアトも動きだす。飛びだしていたイーリクが下がる。冷静さがもどったか。


 ふたりの兵士がグラヌスに斬りかかる。グラヌスが両手で剣を持った。やつが本気の時は両手で持つことが多い。


 一人目のふり下ろされる剣をはじき、腹を刺した。二人目が横から斬ろうとしたが、それより早く一歩踏み込み腕を斬る。


 迂回しようとする兵士には、右がドーリク、左はイーリクが当たった。次々に迫る兵士を三人が斬り倒していく。


「すごい・・・・・・」


 マルカが一言漏らし、言葉を失っている。それほど一方的にグラヌスたちが強い。


 おれは入らなくて正解だった。この三人の息はぴたりと合っている。さすが元隊長とその副長だ。


 わあ、と群衆から悲鳴のような声が聞こえた。ドーリクだ。ドーリクの剣が折れている!


 おれが馳せ参じるか。腰を浮かしかけたが、なにかがドーリクに飛んだ。それをドーリクがつかんだ。斧か! だれかが斧をふわりと投げて寄越した。


 群衆のなかに金槌かなづちなどを腰にさげた一団がいる。大工かなにか。斧を投げたのは、あの連中かもしれない。


 剣を斧に持ち替えた大男は、敵にとって悪夢だった。剣で受ければ剣が折れ、盾で受ければ盾が弾き飛ばされた。


 右を守る剛のドーリクに対し、左のイーリクは静かに戦いを進めている。今日のイーリクは小ぶりな盾を持ち、相手が力任せに攻撃してくるのを盾で受け流し、隙を突いて剣をふる。


 中央のグラヌスは、もはや全ての速さがちがった。グラヌスが剣をふれば、相手はそれに反応する前に斬られている。


 じりじりと兵士たちは剣をかまえたまま退がった。


 最前列のひとりが緊張に耐えかねたか、さけびながらグラヌスにむかう。


 グラヌスが素早く踏みこみ剣を横一閃すると、首から血を吹きだし兵士は倒れた。


「命を粗末にするな! 我ら、この街から出て行くだけぞ!」


 ここに来て、わかった。おれは三人の力を、まだ低く見積もっていた。グールとの戦闘をつづけてきた三人は、人なみの強さではない。


 兵士の動きが完全に止まったそのとき、ばさり、と上空から音がした。ヒューだ。


 ヒューはどこからくすねたのか、真っ白な布を持っていた。それを羽織りのようにアトの肩から背中にかける。真っ白な羽織り、それは各国の王が好んで使う格好だ。ヒューのやつ、ねらっていたにちがいない。


 兵士の群れが割れていく。石畳のさきには街の入口を示す二本の石柱があった。


 グラヌスを先頭にし、アトたちは歩みを進める。石畳のわきにどいた兵士たちを通り過ぎた。勝ったか。


 もう二十歩も歩けば街から出る。そのとき、入口の前に人影があらわれた。


 いい歳をした男だった。この男も一枚布で作られた羽織りをつけていた。足のくるぶしが隠れるほど長い。濃厚な青色に染められた布には、金糸の刺繍もあった。あれは正装か。


 男は膝をつき、頭を垂れた。そして顔をあげる。まさか。自分の目を疑った。


「ペルメドス」


 思わず漏らした言葉に、一緒に見ていたマルカがふり返る。


「それって、領主?」


 おれはうなずいた。まさか領主がここで出てくるのか。領主はなにかを言っている。ここからでは聞こえない。


 止まるなグラヌス、街を出ろ! 強く願ったが、剣を収めるグラヌスが見えた。


「ラティオ、これって、どういうこと?」


 マルカの問いに答えられなかった。おれは唇を噛みながら、もどってくるアトたちをながめた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る