第77話 百人の兵士と三人の戦士

「ラティオ、これ、だいじょうぶなの!」


 マルカが心配そうに窓から下を見ている。


 宿の入口にグラヌス、ドーリク、イーリクと三人がならんだ。そのうしろにはアトがいる。


 おれもそれを窓から見ながら、マルカに言った。


「自分を戦士と名乗るようなやつらが、あそこまで士気を高めたら、止めるのは無理だ」


 戦士と常人をくらべると、どうしようもない相違がある。戦いの本能だ。やつらは心の底に戦いへの欲求がある。


 そして、軍人とは職業でもある。だが、今日で、あの三人は剣をふる理由が生まれた。王を守るという理由だ。心の高ぶりは、いま頂点だろう。止まるものではない。


 それに兵士のほうは実戦経験もない者が多いと見える。こっちの三人は元歩兵。何度か実戦はしているはずだ。それが、これ以上ない気迫を見せている。はったりは効くのではないか。


「ボンフェラートさんと、ヒューは?」


 この部屋にはマルカとふたりだった。


「ボンじいは、一階の窓から見てる。危なくなったら、こっそり呪文で援護してもらおうと思ってな」


 相手の兵士は全員が犬人だ。アトは別にして、こちらも犬人だけのほうがいい。周囲には見物人も大勢いる。異種族が相手だと、街の人まで敵にまわる可能性があった。


「ヒューは?」

「念のため、ここの領主に知らせに行った」


 この場を収める力は領主にないが、こちらに非はないと宣言しておく必要がある。


「我が名はグラヌス!」


 犬人戦士の怒号が聞こえた。始まったな。


「アトボロス王を守護する者。これより、レヴェノアの街を出る」


 むこうの兵士長が前に出た。


「バラールより手配書がまわっておる。武器を捨てよ」

「王への事実無根の疑い、そちらこそひかえよ!」


 兵士長がたじろいだ。


「事実無根とは、これはバラールからの正式な手配書だ!」

「ならば、バラールに問い合わせよ。王への不遜なる疑い。これ以上は宣戦布告と見なす!」


 さらに兵士長がたじろいだ。国もないおれらが宣戦布告とは大げさだが、嘘はついていない。このあたりの問答は、事前にグラヌスと話していた。やるなら徹底的にだ。


 グラヌスが一歩踏みだすと、兵士たちが一歩引いた。おそらく頭は混乱している。ここまで自信満々に言われると、どこぞの国の王か王子にしか見えないだろう。そして、自信満々になるのもそのはず、グラヌスはアトを王だと思っているのだから。


 グラヌスが歩きだし、その背後をぴったりアトがついていく。アトの左右はドーリクとイーリクが守った。


 兵士たちは退がった。


「ええい、止めんか!」


 兵士長に怒鳴られた兵士ふたりがグラヌスに突進する。


 グラヌスはひとりへ踏みこみ胸を拳で打った。もうひとりが腰に組みつく。その背中を肘で打った。倒れそうになった兵士の服をドーリクがむんずとつかみ、道のわきへ投げる。


 グラヌスはまたアトの前にもどった。


「前列、行かんか!」


 グラヌス、イーリク、ドーリクを捕まえようと十人ほどが押し寄せる。しかし、十人ほどで止められる三人ではなかった。


 そもそも毎日のように訓練している歩兵と、特に仕事もしていない兵士。元の実力差がありすぎる。そして歩兵隊のなかでも、この三人はかなり強かったはず。


 思えば、そんな犬人の三人が、猿人のおれの言うことによく耳を傾けてくれたもんだ。


 アトはもちろんだが、あの三人も、こんなところで死なせるわけにはいかない。


「マルカ」

「なに?」

「グラヌスたちが危なくなれば、おれも参戦する。お前はどさくさに紛れて逃げろよ」


 マルカはなにか言おうとしたが、言葉を飲みこみ窓の外を見つめた。


「わ、我らは、アッシリア王都の兵士ぞ!」


 兵士長が狼狽して叫んだ。


「そうか。自分はアトボロス王の兵士だ」


 どん! とグラヌスは入口までのびる綺麗な石畳を踏んだ。


「我が王は街を出ようとしているだけ。この街になにか迷惑をかけたか! 我らが罪でも犯したか!」


 兵士長は答えない。そりゃ、賞金が欲しいからとは言えないわな。


 グラヌスは両手をひろげ、街の人々を見まわした。


「南の都、レヴェノアよ、よき滞在であった! 人生で一番の美酒はレヴェノアの麦酒ビラ。今後の人生ではそう語ろう。世話になった」


 聴衆から、ぱらぱらと拍手が起こった。これも事前に話しておいたことだ。隙あらば群衆に話しかけろと。そして、この街を褒めろと。グラヌスめ、意外に上手い。


「朝から騒がしてすまないが、このグラヌス、王を守るのが勤め。我らは街から出ようとしているだけだ。あの門から出るまで、しばしの茶番をご覧あれよ!」


 兵士長は顔を真っ赤にし、引きつらせている。剣をぬいた。


「もはや生け捕りでなくてもかまわん。この者どもを斬りふせよ!」


 兵士長は号令をかけたが、兵士はだれひとり動かなかった。無理もない。戦う理由がわからないのだ。バラールの手配書といっても、所詮は敵国。おまけにどう見ても相手のほうが強そうときてる。


「兵士長、ここは素直に街から出せばよろしいのでは」


 若い兵士が歩みでた。この隊の副長か。


「王都の兵士が、なめられたままで終われるか!」


 兵士長はアトをにらんだ。


「王を僭称せんしょうする不届き者め」


 そうか、兵士長は手配書を読んでいる。アトがラボス村の子であると知っているのか。


「田舎の小わっぱが、なにを偉そうに・・・・・・」


 兵士長はそこまで言って、言葉が止まった。喉から突如生えたかのように白刃が刺さっている。剣に赤い筋が流れた。


「イーリクか!」


 おれは叫んで倒れそうになった。兵士長の首に剣を刺したのはイーリクだった。


「王への不敬はゆるさん!」


 あの野郎、三人で一番冷静なやつかと思ってたが、グラヌスより直情派か!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る