第79話 レヴェノアの集会所

 おそらく、街の集会所だ。


 大きな屋根と柱だけがある建物で、外をさえぎる壁はない。下の地面も土のままだった。


 ここに案内したのは領主ペルメドスだ。アトたちが連れていかれるので、あわてて宿から出てついてきた。


 街の人たちもついてくる。屋根だけの集会所に大勢の人があつまった。


 ペルメドスが集会所の奥にある舞台へとあがっていく。木の板で作られた大きな舞台だ。ここで演劇なども行うのだろう。舞台にあがれと手で示してくる。


 おれたちが舞台にあがると、領主の使いらしき者たちが椅子を八つ持って駆けてきた。それを舞台の上にならべる。


「お座りくださいませ」


 ペルメドスが言う。こっちの八人は互いを見あった。ちょうど横にグラヌスがいる。


「なんで街を出ねえ」


 小さな声でおれは怒った。


「領主が待ってくれと言うのでな」


 それで止まる馬鹿がいるか。ここから領主を羽交い締めにし、人質にして街を出るか。そう思い領主へとふり返ったが、領主は舞台の階段から降りていく。


 領主は階段を降りると、こちらにむいて膝をついた。


「アトボロス陛下、ならびに臣下の方々へのご無礼、まことに申しわけありませぬ」


 領主は頭をさげる。なんだこれは。おれはグラヌスを見た。グラヌスがうなずく。


「お座りくださいませ」


 おれはボンフェラートを見た。口をあけ、ぽかんと呆けた顔をしている。老賢人でもこれだ。まったくわからねえ。


 もうどうにでもなれ! そんな気分でおれは椅子に座る。仲間も状況に戸惑いながら椅子に座った。


 集会所には街の人が次々と入ってくる。大勢のざわめきが聞こえていた。


 領主は立ちあがり、くるりとこちらに背をむけ、あつまる人々を見た。騒ぎが収まる。


「みなの者、聞いてくれ。先日、ラウリオンの鉱山と村が壊滅した」


 領主の言葉にざわめきが一気に大きくなった。領主が両手を広げると、また騒ぎが止む。


「助かったのは三十数名。ほかは全て死んだ」


 動揺が人々に走る。口を手に当てた婦人は、きっと夫か家族が鉱山にいたのだろう。


「わずかな生き残りを助けていただいたのは、この方々」


 一斉に群衆から見つめられた。その話なのか。


「領主様、そのかたたちは、どこの人で?」


 民衆のひとりが声をあげた。


「異国の王族と、その臣下のかたである」

「この国の兵士を斬ったぞ!」


 どこかから野次るように声が飛んだ。


「攻撃したのはこちら。なにもこの方々が兵士を襲ったわけではありません」


 理屈は正しいが、なぜ領主がおれらをかばう。意味がわからない。


「おい、猿人がいるぞ。ウブラ国か!」

「そいつらが鉱山を襲ったんじゃねえのか!」


 民衆が騒ぎだした。今度はペルメドスが手を挙げても騒ぎはやまない。


「お前ら、だまれ!」


 集会所に落雷のような怒号が響いた。入ってきたのは領主の息子、カルバリスだ。荒っぽい若者を束ねていただけあって、声はでかい。しかし、なんの用だ。


 カルバリスが群衆をにらむ。領主の息子なので顔は知られているのか、人々は口をつぐんだ。


「俺がこの目で見た。鉱山を襲ったのはグールだ」

「グールだって?」


 ざわめきが広がる。


「うそつくな、グールなんざ、祖父の代で聞いたきりだ!」


 なるほど、このあたりにグールが出たことはないらしい。人々が、あり得ないといった反応を示している。


「うそじゃねえ!」


 カルバリスが集会所の外を見た。外からなにかが運びこまれてくる。運んでいるのは、あのとき鉱山で一緒にいたカルバリスの手下。若者たち数名だ。


 カルバリスの手下は四人で大きな麻布を持っていた。それを舞台前の地面におく。麻布を広げると、これまた大きな油紙があった。油紙は細長く畳まれている。


 なぜか油紙から、異様な気配がした。近くにいた人々が後退あとじさる。


 カルバリスが油紙をひらいた。なかに入っていたものを見て、思わず横に座っていたアトをのぞいた。アトと目が合い、アトがうなずく。やはり、あれはアトが放った矢か。


「これが、グールをしとめた矢だ!」


 カルバリスが大声で示した。近くで見ていた何人かが嘔吐する。あの黒い雛鳥を射った矢からは、禍々まがまがしい気配が漏れでていた。


「それを、しまわれよ!」


 ボンフェラートが素早く立ちあがり言った。カルバリスは油紙を畳み、また麻布でも包んだ。


 あのとき、ラウリオンの村で領主の馬車が来たあとは、すべて任せて帰っている。まさか馬鹿息子、また坑道に入っていたとは。


「親父、一年、いや、二年、俺の好きにさせてくれ!」


 カルバリスは父親である領主にそう言うと、舞台のおれたちにむかい、膝をついた。


「ペルメドスの息子カルバリス。どうか、俺を同行させてください!」


 そう言って頭を垂れた。おいおい、話がいよいよ変な道へ行きつつある。おれは横から話に入ろうとした。


「ご子息、それは無理だ。我らは・・・・・・」


 カルバリスが顔をあげ、アトを見る。


「俺はあのとき、岩場の陰で腰をぬかしてました」


 あのときとは、闇の精霊を使った黒い雛鳥と戦ったときか。


「俺は、この街で一対一なら腕っぷしで負けたことはねえ」


 この街ならそうだろう。王都から来た兵士しかいない。


「その俺が、いざグールを目の前にしたら動けなかった。小便漏らして、ふるえてただけです」


 馬鹿息子がちょっと気の毒になった。生まれて初めて見たグールのはずだ。それがあの黒鳥。おれたちが戦ったグールのなかでも、飛びぬけて異様だった。


「みなが倒れるなか、俺は見た。あなたは立ちあがり、そして倒した。なぜ、そんなことができるのか。怖くはないのか。俺はわからねえ。いや、おのれの弱さすら、わかってなかった」


 まあ、アトはグールに対し恐怖はないだろう。その姿が、この馬鹿息子に強烈な敗北感を植えつけたか。


「王族とは知らず、失礼を重ねました。しかしどうか、どうか俺を旅に同行させてください!」


 カルバリスの目を、アトはじっと見ていた。おれは思わず、ため息がでた。こういう真剣な思いを邪険にできるほど、我らが王は器用じゃない。


「ならぬ」


 おどろいた。それは領主ペルメドスの声だった。


「そなたがアトボロス王について行くのは許さぬ」


 おれはグラヌスをちらっと見た。グラヌスもこっちを見たので、おなじく思ったのかもしれない。これはあんまりだ。おそらく馬鹿息子にしては一世一代の決心だろう。それを父である領主が止めるのか。


 たしかに領主の息子が街を出るなど、無理な話なのかもしれない。しかし、男が決心したのだ。それを無下にされるとは、いささか気の毒に思える。


「親父!」

「そなたのような未熟者が従者になれば、迷惑をかけるだけ」


 おれは腰を浮かしかけた。アトがいいと言うなら、連れて行ってもいい。


「カルバリスよ、まずは臣下のイーリク殿、またはドーリク殿に教えを乞え」


 領主の言葉に耳を疑う。いま、イーリクとドーリクの名を言わなかったか。


 領主はもう一度、こちらをむき、膝をついた。


「アトボロス王、ラウリオンを救っていただいた上で、厚かましいのは承知。ですがなにとぞ、この地をお守りくださいませ」


 そして深々と頭を下げた。おれはもはや耳が狂ったか。みなを見る。みなも口があいていた。今日、王都の兵士を斬りまくったおれたちだ。そのおれたちが、この街に逗留とうりゅうしろと?


「領主様、いったい、なにを言っておられる!」


 群衆のひとりから声があがった。


「みな、よく聞け」


 ペルメドスは立ちあがり、人々のほうへ再度むいた。


「このテサロア地方にグールが大挙して押し寄せておる。私の力では、このレヴェノアを守ることはできん。ならば力のある王に守っていただくのが、生き残る唯一の道」


 兵士のひとりが領主に駆け寄った。あれは、さきほど兵士長に進言しようとした副長だ。


「ここは、アッシリア領ですぞ!」

「それはおかしい。ここはレヴェノア領であります」

「アッシリアの庇護かごを切るおつもりか!」


 ペルメドスの片方の眉があがった。この温和な領主が怒るのを初めて見る。


「庇護ですと! ラウリオン鉱山を助けたのはアトボロス王と臣下のかたたち。王都の兵士ではございません」


 副長の顔が青ざめる。


「王都が黙ってはいないぞ」

「さきほど、負けたではありませんか! たった三人に!」


 これは、街を逃げだすどころじゃねえ。おれは立ちあがり、アトの横に立った。

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る