第69話 ラウリオン鉱山窟

 鉱山へと馬で急ぐ。


 アッシリア国の南の果て。山脈が近づいてきた。


 山すその村も見えてくる。煙は見えない。だが、人が生活している気配も感じなかった。


「ここもか!」


 うしろからグラヌスの声が聞こえた。


 村は粗末な小屋がぎっしりと密集していた。焼けてはないが、崩れている小屋が多い。


 村の通りに人影が見えた。おぼつかない足取りで歩いてくる。その人影が倒れた。


 おれが全力で走らせる馬の横、さらに早い馬影が駈けぬけた。アトだ。


「グラヌス!」


 うしろを走る犬人の戦士にさけんだ。おれはヒューとの二人乗りだ。グラヌスの馬なら追えるか。


 グラヌスの馬がおれの馬をぬかしていく。だが、アトとの差は開いていく一方だ。


「くそっ!」


 グラヌスめ、アトに馬を教えたのは大失敗だ。このなかで馬が一番速いのがアトになるとは!


 背後で羽ばたく音がした。ヒューが空にのぼる。そうか。飛んで追いつけるわけではないが、上空から周囲を見ておくつもりか。


 アトに追いついたときには、もう倒れた男を抱え起こしていた。グラヌスは剣をぬき、周囲にむかってかまえる。


 男は年老いた犬人だ。おれは荷物から水袋をだして飲ませた。


「助けてくだせえ。グールが」

「ほかに生き残ったのはいるか」

「三・・・・・・三番坑に隠れております」


 坑道のなかに隠れたのか。周囲を見まわした。村のあちこちに死体があった。


 残りの仲間が追いついてくる。


「イーリク、ボンじいとマルカを連れて坑道の三番を探してくれ。生き残りがいる」

「承知した!」


 イーリクは馬を降り、うしろに乗せていたマルカに手を伸ばす。ボンフェラートは馬を降りて老人に手をかざした。精霊の癒やしだ。


 最後に遅れてドーリクも来た。


「ドーリク、グラヌスと周辺にグールがいないか、確認してくれ」

「あいわかった!」


 羽ばたく音が聞こえ、ヒューが降りてきた。


「上からはグールの姿はない。だが、鉱山窟というだけあって、穴は多いぞ」


 そのどこかに、まだグールはいるかもしれない。老人のそばに膝をついた。


「使われていない坑道はありますか?」

「西の山にある採掘場は、どれも使われておりません」

「ここから遠い?」

「少し歩きます」


 なら、そこの可能性が高いか。ひとまず、生き残りを助けてからだ。




 三番坑道に隠れていた人は二十名ほどだった。


 怪我人はいなかったが、飲まず食わずで衰弱している。逃げ込んだはいいが、怖くて出てこれなくなったのだろう。


 村から近い採掘穴は、ほかにもいくつかあった。数人が隠れていたが、すべて合わせても三十名ていどだ。


 村の入口で人々を休ませていると、馬に乗った犬人の若者があらわれた。領主の息子カルバリスだ。


「おお、なんだこりゃあ!」


 カルバリスたちは村のようすを見ておどろいている。


「盗賊の野郎、ひでえことしやがる!」


 盗賊ではない。これは本当のことを言ったほうがいいのかもしれない。


「ご子息、これはグールだ」


 グールの名を聞いて、あきらかにうしろの何人かは引いた。


「よし、グールめ、俺が退治してやる」

「グールと戦ったことがありますか?」

「ねえ。だが俺に任せとけ」


 それは危ねえ。なんとか帰らせる方法はないか。


「ご子息、ここに来られたのは、父君の命令ですか?」

「いや、親父はぜったいに行くなと言った」


 お前は子供か! その言葉を飲みこんだ。


「至急、領主に報告したほうがいい」

「そうだな。おい!」


 カルバリスは、うしろで引いている仲間を読んだ。


「親父に伝言だ。行ってこい」


 仲間のひとりが馬をまわし、駆けていった。帰らないのか。


「グールであれば手に余ります。あとは兵士に任せ、ここは・・・・・・」

「兵士!」


 カルバリスは声を荒げ、馬から降りた。


「兵士なんざ動きゃしねえ。それを親父のやつ、大勢の面倒みやがって」


 それはおそらく、王都への配慮だ。大勢抱えることによって王に忠誠を示している。


 そうか、街や自分の住まいに防備がないのも、そのためか。レヴェノアは王都アッシリアから離れている。徹底して警戒されないようにしているのか。


「意気地のねえ親父だ。都のやつにへいこらしがって」


 処世術に長けた領主のようだ。だが、それは息子には伝わらないか。


「ご子息、ここで村人を頼みます。我々は付近を見まわってきますので」


 なんとか置いていこうとした。しかし馬鹿息子たちは四人が残り、ほか五人はついてきた。


「おい、お前ら、俺から離れるなよ。グールが出るかもしれねえ」


 カルバリスは自分の仲間たちにそう声をかけた。


「ここで殺してもグールのせいにできるぞ」


 そう耳打ちしてきたのはヒューだ。冗談だと思いたい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る