第70話 地下坑道

 いまは使われていない坑道、いわゆる廃坑の入口まで来た。


 廃坑のなかでも一番大きな坑道の場所を聞いてきたが、岩山のふもとに来てすぐわかった。巨大洞窟のような口があいている。


 廃坑に入るのは、アト、グラヌス、ヒュー、イーリク、ドーリク、ボンフェラート、マルカ、そしておれラティオの八人。


 そこに、よせばいいのに領主の馬鹿息子カルバリスら五人が加わる。合わせて十三人か。


 村から松明たいまつとランタンは持てる限り持った。ただ、廃坑とはいえ、一年のうちに何回かは調査に入るらしい。そのため等間隔で壁にランタンがあると教えてもらった。


「一列で入ろう。グールが急に来たとき、人が横にいると剣がふれない」

「ならば、一番手はこのドーリクが」

「おれが先頭がよかったんだが」

ゆずれませんな」


 ドーリクは引かないだろう。おれはうなずき、ドーリクに道を空けた。グラヌスが心配そうにおれを見たが、実のところ、ドーリクは嫌いじゃない。


 仲間のために体を張る。それは言うのは簡単だが、なかなかできることじゃない。猛々たけだけしい気質も貴重で、それは味方の士気をあげる。


 案の定、ドーリクにくらべ、カルバリスら若者五人は口数がめっきり少なくなった。


 廃坑の入口に足を踏み入れる。


 入口からは、なだらかな斜面が下っていた。道は広い。馬車でも通れそうだ。


 地面は岩場を削ったもので土はなかった。足跡はつかない。グールがいるかどうか、ここではまだわからなかった。


 さきに進むと、言われた通り壁にランタンがあった。手にした松明から火を移す。


 しばらく歩くと、大きな空洞に出た。そこの壁にもランタンがあったので火を移す。


「風もないのに、寒くなってきたな」

「地下だからな」


 グラヌスと空間を見まわした。大部屋と呼べそうな空洞で、おれのヒックイトの家より広そうだ。


 壁も天井も、ごつごつとした岩がむきだしだった。そこに落盤を防ぐための木のはりがしてある。


「さて、どっちに進むか」


 広い道をくだり、広い空洞に来たわけだが、そこから三つの横穴が空いていた。横穴の大きさは三つともおなじ。


「通常の兵法なら兵は分散させるな、というところだが坑道だ」

「そうじゃの。おそらく穴は無数にある」


 ボンフェラートもおなじ考えのようだ。


「別れて進み、しばらくしたらこの部屋に引き返そう。それから一番奥に行けそうな道を選ぶ、ってのはどうだ?」


 みながうなずいた。


「五十歩ほど進んだら、またもどってきてくれ。壁のランタンを灯すのも忘れずに」


 適当に別れて進んだが、意外にも、おれの前を歩くのはドーリクだった。


「おい、ドーリク、幼なじみのイーリクと一緒じゃねえのか」


 大男の元歩兵は頭を打ちそうなのか、少しかがんで歩きながら答えた。


「あいつは心配がない。この隊で一番の心配はアト殿ですから」


 おれは、背後のアトをふり返った。アトが苦笑いする。


「うむ。それは間違いないな」


 最後尾にいるグラヌスの声が聞こえた。おい、これは戦力が偏りすぎだろ。


 精霊がまったく使えない四人で敵がでたらどうすんだ、そう思っていたら、道は五十歩もいかないうちに行き止まりになった。道を引き返す。


 ふいに男の悲鳴が聞こえた! グラヌスが駆けだす。


 岩の大部屋にもどると、むかいの穴から若者たちが走って出てきた。


「グールだ!」

「助けてくれえ!」


 剣をかまえた。五人のうしろから迫っているのは土竜もぐらのようなグールだ。


 踏みだそうとしたが、さきにグラヌスが動いた。剣を一閃。小さなグールの首が飛んだ。


 逃げてきた四人の若者は立ち止まらず、そのまま出口にむかって駆けて行った。


 領主の馬鹿息子はどうしたのかと思ったら、最後に出てくる。


「あいつら、俺を置いて行きやがって!」

「カルバリス殿、どうされた?」


 グラヌスが聞いた。


「この奥が、さらに二つに分かれている。その片方のさきを見に行ってたら、あいつら声をあげて逃げだしやがった」


 カルバリスは床に落ちているグールの死骸に気づいた。


「ぬおっ!」

「カルバリス殿、帰られたほうがいい」

「いや、俺は大丈夫だ」


 そう言いながら、グールの死骸を見る顔は引きつっている。


「どうされました!」


 イーリクの声だ。もうひとつの横穴から走ってきた。


大土竜タルパだ。一匹だけなので安心してくれ。そっちはどうだった」

「しばらく直線がつづき、さらに道は細くなります」


 それなら、カルバリスの行った道が当たりか。助けた老犬人の話では、奥にすすむには一番大きな道を選べと言われた。


 グールがいることは確定した。みな、剣をぬいて進む。アトだけいつもの鉄の弓だ。


 二つに分かれていた道のうち、ひとつはすぐに行き止まりだった。もうひとつの穴を下って行く。


 また道が分かれたので、おなじように二手に分かれた。


 今度は逆の偏りだった。ヒュー、ボンフェラート、イーリク、マルカだ。おれが先頭を歩く。


「ラティオ殿、私が先頭を行きますのに」


 イーリクはそう言うが、自分が行きたかった。


 この前の一件が、おれにはこたえた。無茶をするのはアトとグラヌスぐらいだと思っていたが、ヒュー、ボンフェラート、イーリクの三人が死にそうになった。


 グラヌスはあれから三日三晩、剣をふりつづけたが、実はおれも寝れなかった。


 この集団は、おれの指示を頼ってくれる。なのに、あのときは策を間違えた。ほかにどんな手があったのか。いまだ思いつかないが、三人が死にそうになったのだ。失敗にちがいない。


 敵が強かった、というのは言い訳にならない。弱い味方でも勝たせるのが兵法だ。ボンフェラートの家にあった書物には、そう記されていた。


 いや、そもそも、この集団は強い。アトですら、弓の腕はウブラ国の弓兵より上だろう。


 今回は逃げても大丈夫だ。うしろに家はない。赤子を探すという目的はあるが、危なくなったらすぐ逃げる。今回、躊躇ちゅうちょはしない。


 岩の壁に吊されたランタンがあった。それに火を移そうとして、手を止める。


「少し、待っててくれ」


 うしろにささやく。ゆっくりと進んだ。


 道のさきにあったのは、牢屋だ。岩に鉄の棒を埋めこんで作ってあった。悪さをした炭鉱夫を入れるのだと思う。


 扉はあいていて、そこに、大土竜タルパが数匹寝ていた。


 音を立てないように近づき、鉄柵の扉を閉めた。鉄のきしむ音がする。なるべくゆっくりと動かした。


 地面に落ちていた錠前を閉める。それから慎重に後退した。


 これは二手に分かれた偏りがあってよかった。もしグラヌスかドーリクがいたら、先頭を進み、大土竜タルパを見た瞬間に斬りかかっていただろう。


 運があるのかもしれない。


 おれは首につけた琥珀の玉をつなげたお守りをにぎった。ヒックイト族に伝わるお守りだ。


 運を頼るなど策士がすることではないが、グールが相手だ。運ぐらいは欲しい。


 思えば、仲間の運には恵まれている。猿人のおれが、犬人、鳥人、猫人、さらに人間と連れ立っているのだ。


 アトとアグン山にもどるとき、この仲間がどうなるのか予想ができない。グラヌスは一度来たが、あれは一日だ。さすがに犬人三人は連れて行けないだろう。


 いい案はないが、いまは大事な旅の仲間だ。みなの安全を考えないと。


 ああ、領主の馬鹿息子がいたか。まあ、あれは最悪、放って逃げよう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る