第68話 街道を南へ

 街道を南へ南へとひたすら馬を飛ばす。


 ソロア村を出て、まずは鉱山への街道に入った。レヴェノアの街から鉱山を結ぶ街道だ。


 街道といっても馬車のわだちが残っているだけだが、それでも地面がならされているので走りやすい。


 しばらく荒れ地がつづいたが、夕方ごろになると木々がちらほらと生える地域になった。


 道のさき、街道沿いに大きな常緑樹が一本ある。そのまわりに馬が数頭いるのが見えた。


「ラウリオンの村人だろうか?」

「聞いてみよう」


 グラヌスとふたりで先行して走る。徒歩の旅人ならまず問題はないが、馬に乗った集団だ。まれに盗賊の場合がある。


 近くになり顔が見えた。犬人の若い男ばかり。ざっと数えて十人ほどいる。野宿の準備をしているようだ。


「そのほうら、ラウリオンの者か」


 グラヌスが馬上から声をかけた。馬から降りずに声をかけたのは、若い男ばかりというのを警戒したのだろう。


 グラヌスは単純な男だが、歩兵の隊長を勤めたほどの男だ。状況を見る力は高い。


「おう、あんたらが旅の一座か」


 ひとりだけ樹の下で休んでいる男が言った。ほかの者は、たき火の準備や寝床の布を敷いている。この集団の頭目か。


 男は馬に近づいてきた。おれやグラヌスより少し若いか。剣は樹の下に置いたままだ。敵意はないと見える。


「カル、そいつらが珍しい異種族か」


 若者のひとりが、おれを見ている。


「いや、猿人は別に珍しくねえ」


 頭目らしき男は、街道のうしろを走ってくるアトたちの馬影に目を細めた。


「うしろから来るほうだろう。鳥人と人間がいるって話だ」


 この若者、だれから聞いたというのだ。


「俺はカルバリス。ペルメドスの息子だ」


 ペルメドス、あまりに雰囲気がちがうので瞬時にでてこなかった。あの領主の息子か!


 領主ペルメドスは、温和そうな年配の犬人だった。しかし、あなどれない雰囲気もあった。こいつはどうだ。こいつも仲間も、見るからに荒くれ者だ。


 ここで、うしろの六人が追いついてきた。カルバリスが六人を見て、大げさにおどろく。


「なんでえ、女がひとりいるのか。おお、しかも猫人族か!」


 ヒューの目がすうっと剣先のように細くなった。女はひとりではない。だが、無用な話はせず、気になることを聞こう。


「領主のご子息が、なぜここに?」


 カルバリスは得意げに笑った。


「盗賊を倒しに行くそうじゃねえか。旅の一座にゃ荷が重い。俺らが助けてやるよ」


 なるほど。温和で切れ者の領主も、子育ては苦手と見える。ここまでで充分すぎるほどわかった。馬鹿息子だ。


 しかし領主の息子というのがやっかいだ。無下にはできない。


「それは助かります。わたくしどもは、ひとつさきの樹の下で休ませてもらいますので」


 おれはそう言って、街道のさきにある樹を指差した。


「おう。こっちで一緒にいてもいいぞ」


 それは勘弁願いたい。こちらには女子もいる。ふたりも。そのうちひとりは、この連中と一緒にいたら血の雨を降らせそうだ。


 粗相のないふりをして、次の樹の下へと移動した。


「あれは、なにやらダリオンを思いだすな」


 グラヌスがつぶやいた。話に聞いた第一歩兵師団長の馬鹿息子か。


「親が馬鹿なら子も馬鹿。それはわかりやすいが、あれの親は賢そうなのにな」


 グラヌスはうなずき、たき火の用意をしているアトを見つめた。


「子育て次第か。自分もいつの日かわからぬが、気をつけねば」


 大真面目に言うのがおかしかった。たしかに、アトの父母は聡明だったのだろう。アトを見ればわかる。


「まあ、グラヌス。努力しても無駄かもしれんぜ。おれの両親は知ってるだろう。その子供がおれだ」


 グラヌスがなるほど、とうなった。おい、犬っころ、そこは否定するところだろうに。




 樹の下で一夜を明かし、出立の準備を整える。


 街道をふり返った。領主の息子、カルバリスたちが起きている気配はない。


「面倒くせえな」


 おれは馬に乗り、カルバリスたちが寝ている樹までもどった。


「ご子息さま!」


 機嫌を取っている自分が馬鹿らしく思えてくる。


「ご子息さま!」

「おう」


 昨晩、遅くまで騒いでいた音は聞こえた。どうせ酒盛りでもしてたんだろう。


「我ら一団はさきに行き、ようすを見て参ります」

「そうか。すぐに行く」


 そう言ってカルバリスは、また寝息を立て始めた。


 馬をひき返し、仲間のもとに帰る。


「ラティオ、むこうはだいじょうぶ?」

「あたしの癒やし、いるかな?」


 起きてないのを心配したのか、アトとマルカが歩み寄ってきた。


「お前ら、ふたりは立派だ!」


 それだけ言い、自分の荷物をとりに馬を降りた。妙にふたりを抱きしめたくなった。フーリアの森にいるオフスとオネの兄妹がここにいたら、そのふたりも抱きしめたくなっただろう。


 両親がいなくても、立派に育つやつもいる。グラヌスが、わかるぞと言いたげに大きくうなずくのが見えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る